SOARISTO工房 Logo

科学少年の思い出 ~電子ブロック~

2005/12/03

 クルマとは少し離れますが、どうしても書き留めておきたい「思い出の品」があります。いまではコテコテの技術屋となってしまった、当工房の職人を生みだした、原点ともいえる品です。0xF9C6

 その名も、「学研電子ブロック」。1~2年ほど前、物置を掃除していた時に“発掘”されました。

 それまでその存在は完全に“主記憶”から消え去られていましたが、この青いパッケージを見た瞬間、当時の思い出が走馬燈のように甦ってきました。0xF9C5

denshi01.jpg

 いつから“理系の道”を歩み出したのかは定かではありませんが、昔から「理科」と「図画工作」はよくできました。ただ、なぜだか「算数」は、いまひとつでした。逆に、本はよく読んだので、「国語」は良かったような。0xF9C6

 職人が小学生低~中学年だったころは、ガ○ダムをはじめとする、いわゆる「ロボットもの」の全盛期でした。クラスの中では、いつもその話題でもちきりです。

 しかし、そのような中にあっても、
   (宇宙空間をモ○ルスーツで自由移動するだって? そんなもん実現する訳ね~だろ! ケッ!)
とか心の中で思いつつ、
   「そ、そうだねぇ。格好いいねぇ」(へらへら、へら~)
とアダプティブに対応する、マセた子供でした。0xF9C8

#O型の天秤座のため、確たる自分は持っていても、あえてそれを主張したりとか、争い事は好まないのでした。

#子供ながらにも、
   「そもそも、あれだけ科学技術が発達した世の中にあって、いまだに生身の人間が命を賭けてドンパチやってるところが笑止千万。しかも、「ニュータ○プ」だかなんだか知らないが、けっきょくは人間の“勘”に頼ってるところが片腹痛し。本物の惑星間戦争であれば、もっと冷酷に、しかも一瞬にして片が付くはずだ」
 と思っていました。ほんとに、生意気な子供でした。0xF9C7

 プラモデルも、自分の気に入ったクルマは作ったことはありますが、それほどたくさん作った記憶はありません。なぜなら、どんなに精巧に作ったとしても、けっきょくは他と同じような形にしかできあがらないからです。

 どちらかというと、ホオ板を糸ノコで切り出して、タミヤの「楽しい工作シリーズ」にマブチモーターを組み合わせて、「タイレル6輪レーシングカー」や「2chリモコン戦車」などを作っていました。

#「ティレル」(TYRRELL)って、昔は「タイレル」って読んでたんですよね。懐かしい。

 話が横道に逸れましたので、元に戻します。

 小学生の当時、父親(母親?)が学研の「科学」と「学習」を取ってくれていて、毎月、学研のおばさんが届けに来てくれることを、いまかいまかとワクワクしながら待っていたものです。

 この「科学」と「学習」には、毎号、付録として「実験セット」なるものが付いていました。職人には、一つ年上の姉がいるのですが、この「プチ問題児」、自分の分に飽き足らず、すぐに姉の分まで作ってしまうため、いつも姉に怒られていました。0xF9C7

 その「科学」と「学習」のいちばん後ろのページには、トランシーバーや電子実験キットなどの広告が載っていて、毎月ボロボロになるまで見とれていました。

 ある時、その広告のページに、「電子ブロック」なるものを発見しました。しばらくすると、さらに「シンセサイザー」の文字が。

   「なんだろう? シンセサイザーって?」0xF9CB

 いまでいう、「ユビキタス」とか「レゾナント」とかいう言葉の部類になるかと思いますが、当時としては見慣れない言葉に、「プチ問題児」は興味津々となりました。

 ただ、この「電子ブロック」、実験できる回路数よってブロック数が変わり、それに応じて値段も高くなります。シンセサイザーの付いたモデル(EX-181)は、当時の最高峰モデルで、確か価格が2万円近くしたと思います。

 小学生なりに「ちょっとおねだり過ぎかなぁ」と思っていたのですが、意外とあっさり買ってもらえたように記憶しています。

 しっかし、昭和50年代前半の当時、小学生中学年に2万円近い「オモチャ」を買い与えるとは、うちの父親も太っ腹です。きっと職人の将来を見込んで、、、ではなく、いつも付録を横取りされていた姉を不憫に思ったのでしょう。0xF9C7

#ただ、物置の2Fにオシロスコープが転がっていたような家なので、そのあたりの理解もあったようです。

denshi02.jpg

 かなり年季が入っています。発泡スチロールの角が取れてしまっています。きっと、毎日毎日、飽きることなく実験を繰り返していたのだと思います。

 「お宝探偵団」に出しても何の値打ちもないと思いますが、職人にとっては、何物にも代え難い「思い出の逸品」です。0xF9C6

denshi03.jpg

 説明が遅くなりましたが、この「電子ブロック」、その名のとおり、透明な緑色のブロックの中に、トランジスタやコンデンサ、インダクタなどの電子部品が入っています。

 これらのブロックを、説明書にしたがって配置することにより、二石ラジオやウソ発見器、お風呂水位警報機など、実にさまざまな電子回路を構成することができます。

 先ごろ復刻された「EX-150」では、150種類の実験ができ、職人の持っている「EX-181」では、EX-150の実験に加え、31種類のシンセサイザの実験ができました。

#EX-181は、使用されていたアナログICと同じ特性のものが再現できなかったため、残念ながら復刻できなかったとのことです。

 「電子ブロック」の凄いところは、単に「二石ラジオができました~」ではなく、回路図と見比べることにより、トランジスタの増幅機能やコンデンサの蓄電機能がどのようなものであるか、具体的に理解できることです。

 この「電子ブロック」を考えた方は、まさに天才ですっ! さすが「技術立国にっぽん」!0xF9CF

 職人も、自分の父親がしてくれたように、息子ができたら、このような子供の将来に大いに役立つ「オモチャ」を買い与えてあげたいと思います。
(最近、電磁波を浴び過ぎているので、娘かも知れませんが)0xF9C7

〔関連リンク〕
   ・電子キットシリーズ--大人の科学
   ・「電子ブロック」復活の陰にインターネットあり!?

〔次回以降予定〕
   ・科学少年の思い出 ~TK-80~
   ・科学少年の思い出 ~Y.M.O.~

21 Related Entries
Next 

PIC事始め(1)

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/4

Comments(3)

ネットでは初めまして♪
学研の科学と学習懐かしいですねー。
どちらかというと科学が好きだったのに
文系で天秤座のO型な私。。
つい先日、本屋で手にとってみたら
どちらも千円以上するので驚きました。

posted by  よたりん at 22:17:05 2005/12/03 | reply

Post Comment