SOARISTO工房 Logo

ソニービルに行ってきましたっ!

2006/03/05

 先輩の女の子(?)の結婚式の二次会が、日本橋でありました。帰りがけ、少し時間があったので、久しぶりに銀座ソニービルに行ってきました。0xF9C6

#いや~。ま~人生いろいろですな。これまでに失った多くのものたちの大きさと重さに、打ちひしがれつつ・・・。0xF9FC

 で、ハナシを元に戻してと。

 そのソニービルですが、先週に行っておけば、SO902iのイベントをやっていたのですが、残念。0xF997

 ご存知のとおり、2Fには、BMW Japanのショールームが入っています。SONYさんとBMWさんの組み合わせ、ソニラーでありビーマーでもある職人にとっては、とても嬉しい組み合わせだったりします。0xF9CF

sony_buld01.jpg

 BMW Pulseには、「X3 3.0i M-Sport Package」が展示されていました。

#写真は、「premini-II」(1.3メガピクセル)で撮ったので、画質悪いです。来週変わります。0xF9CE

sony_buld02.jpg

 ソニーなお姉さんの笑顔0xF992
を横目で見ながら、階段を上がっていきます。

 新居用にと狙っている、BRAVIA 「KDL-46X1000」です。展示用に「ダイナミックモード」になっているのだとは思いますが、それにしてもウワサにたがわぬ鮮やかさです。0xF8F2

sony_buld03.jpg

 この角度になっても、明るさはほとんど失われません。

sony_buld04.jpg

 上の階に行くと、いまは亡き(苦笑)QUALIAシリーズのハイビジョン液晶テレビ、QUALIA 005 「KDX-46Q005」(1,102,500円)と「KDX-40Q005」(840,000円)が展示されていました。

sony_buld05.jpg

 さらに上に行くと、QUALIAの大ボス、70インチのSXRDプロジェクションテレビ、QUALIA 006 「KDS-70Q006」(1,680,000円)が鎮座していました。

#国内では、リヤプロというと「貧者のワイドテレビ」みたいなイメージがありますが、北米など、大きなリビングのある国々では、かなりの大きなマーケットがあるのです。
(しかも、QUALIAですから、ものすごい光量が)

 いや~、大迫力っ!0xF9CF

sony_buld06.jpg

 なお、ひそかに、ソニーさんの最新・最高級デジタルオーディオシステムである、デジタル・リファレンスアンプ「TA-DR1a」(1,260,000円)、スーパーオーディオCD/CDトランスポート・プレーヤー「SCD-DR1」(1,260,000円)が展示してあったりします。

 ちなみに、スピーカーシステムは、スーパーオーディオCDシステム、QUALIA 007用の「Q007-SSS」(735,000円)です。

#この一角だけで、ゆうに300万円オーバー。0xF9C7

sony_buld07.jpg

 一番上の階には、ミニシアターとミニスタジオみたいなのがあったのですが、現在改装中でした、残念。0xF997

 本当は、S-Master PROが32ビット化されたというマルチチャンネルインテグレートアンプ、「TA-DA9100ES」(682,500円)の音をじっくり聴いてみたかったのですが、これはまたの機会にということで。0xF9EB

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/29

Comments(2)

銀座ソニービルがリニューアルオープンされました。

http://www.phileweb.com/news/d-av/200606/02/15690.html

もう SOA さんは行かれたかもしれませんね。

posted by  hrk at 15:22:16 2006/06/04 | reply

Post Comment