SOARISTO工房 Logo

『洲の崎にて』

#タイトルは、志賀直哉の小説のパクリです。

 自称「先っちょマニア」の職人。前回の「観音崎」に続き、今回は東京湾をぐる~っと一周して、千葉県は館山市の「洲崎」(すのさき)に0xF9ADになります。

sunosaki01.jpg

 バス停「洲の崎灯台前」です。バスはほんとに1時間に1本しかないです。

sunosaki02.jpg

 灯台は、小高い丘の上にあります。新緑が目に眩しいです。

sunosaki03.jpg

 灯台のある高台から、東京方向を望みます。

sunosaki04.jpg

 岬の先端に出てみました。360度のうち、300度ぐらい海です。

 前回来た時は、晴天の強風だったのですが、今回は曇天の凪(なぎ)でした。横須賀方向を見ているはずなのですが、半島が空に溶け込んで、山水画みたいになってます。

sunosaki05.jpg

 沖合を、大型船がゆっくり進みます。0xF8C2

 ぼけ~~~っと。0xF9C6

      ・

      ・

      ・

 ん?

 春なのでしょうか、やたらとハチが飛んでいます。それも、お尻がまるまると大きいクマンバチが、あちこちでホバリングしてます。0xF999

 志賀直哉は、1匹のハチの死骸を見て生と死の狭間を感じたようですが、職人は、単純に身の危険を感じました。0xF9C7

 ってことで、「君子危うきに近寄らず」、「三十六計逃げるに如かず」で、ダ~ッシュ!0xF9D8

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/69

Post Comment