SOARISTO工房 Logo

BBS鍛造ホイール(その2)

2006/05/29

 前回の記事の続きです。

 BMW Japan、日本BBS、およびタイヤメーカー各社の「カスタマーセンター」に電話を掛けまくり、重量を確認しました。我ながら、かなりマニアックな領域に突入してきました。0xF9C7

#BMW Japanのお客様対応は、「素晴らしい」の一言に尽きました。

 まずはじめに、M5ホイール(Radial Spoke - Style 166M)の重量は、
   Front: size 8.5J x 19inch, offset +12mm, weight 13.3kg
   Rear:  size 9.5J x 19inch, offset +28mm, weight 13.2kg
とのこと。

 リヤは、リム幅が1インチ広いにも関わらずフロントとほぼ同じ重さになっています。なぜかと不思議に思ったのですが、これは逆に、フロントのオフセットが16mmほど浅いので、その分の重量増加(センター部分の)だと考えられます。
(「リヤが軽い」というよりは、「フロントがいくぶん重くなっている」という感じ)

 参考までに、M-Sport Packageのホイール(Double Spoke - Style 135M)の重量は、
   Front/Rear: size 8.0J x 18inch, offset +20mm, weight 11.2kg
とのこと。

 つづいて、BBSのアルミ鍛造ホイール「RE」の重量は、
   Front: type RE011, size 8.5 x 19inch, offset +15mm, weight 9.7kg
   Rear:  type RE012, size 9.5 x 19inch, offset +25mm, weight 10.8kg
とのこと。

 さすがにアルミ鍛造だけあって、外径が1インチアップし、リム幅も広がっているにも関わらず、「Style 135M」より軽くなっています。

 なお、「RE」には、スポークがリムに向かってラウンドしているものと、フラットになっているものとがありますが、E60用の「RE」は、いずれも「フラット・スポーク」とのこと。
(良かった良かった)0xF9C6

bbs-re01.jpg
(写真は、「ラウンド・スポーク」)

 さてさて、気になるタイヤの重量です。

 まずは、Bridgestoneの「REGNO GR-8000」(以下、REGNO)の重量は、
   Front: 245/35R19 89W, wide 245mm, diameter 655mm, weight 11.4kg
   Rear:  275/30R19 92W, wide 268mm, diameter 645mm, weight 12.2kg
とのこと。
(リヤの外径が、フロントに対して10mmも小さくなるのが、ちょっと気になります)

 つづいて、Michelinの「Pilot Sport PS2」(以下、PS2)の重量は、
   Front: 245/35 ZR19 (93Y)XL, wide 248mm, diameter 655mm, weight 10.3kg
   Rear:  275/30 ZR19 (96Y)XL , wide 278mm, diameter 649mm, weight 11.2kg
とのこと。

 よって、PS2は、REGNOに対して、同一サイズで1.0kgほど軽いことになります。

 参考までに、M-Sport Packageのタイヤ(Dunlopの「SP Sport」(RFT)が装着されていた)の重量は、
   Front/Rear: 245/40ZR18 93Y, wide 242mm, diameter 652mm, weight 11.7kg
とのこと。

 これにより、M-Sport Packageのタイヤ&ホイールの重量は、
   Front/Rear: weight 22.9kg (Dunlop RFTの場合)
となります。

 あとは、タイヤとホイールの組み合わせになります。

 まずは、仮に「M5ホイール」に、REGNOまたはPS2を組み合わせた場合、
   Front: REGNO 24.7kg, PS2 23.6kg
   Rear:  REGNO 25.4kg, PS2 24.4kg
となり、「BBS REホイール」に、REGNOまたはPS2を組み合わせた場合、
   Front: REGNO 21.1kg, PS2 20.0kg
   Rear:  REGNO 23.0kg, PS2 22.0kg
となります。

 これにより、当初予定していた「M5ホイール+REGNO」の組み合わせでは、M-Sport標準に対して、4輪で+8.6kgの重量増となります。これに対し、「BBS REホイール+PS2」の組み合わせでは、逆に4輪で-7.6kgの重量減となります。

 バネ下重量1kgの軽量化は、ボディー重量10~15kgの軽量化に匹敵すると言われています。仮に軽量効果が10kgだとしても、「M5ホイール+REGNO」の組み合わせでは、86kgの重量増、「BBS REホイール+PS2」の組み合わせでは、76kgの重量減となります。ほぼ、男性一人分の減量(または増量)にあたります。

 GTカー選手権などでは、前回の勝者にウェイトハンデが課せられたりしていますが、あれだけのパワーを誇るGTカーでさえ、50~100kgのウェイトを背負わされると、コーナリング時の安定性や立ち上がりの速さに、如実に現れてきたりしています。ましてや、258psの530iでは、ことさら大きな違いとして現れてくることでしょう。

 どこぞのホイールメーカーの謳い文句ではありませんが、「5kgの荷物を持って走ることはできても、5kgの鉄ゲタを履いて走ることはできません」というところでしょうか。

 何事も、下調べが必要ですね。ノーマルのE60にM5ホイールは、「荷が重すぎる」ということがよく分かりました。カッコだけを追ってデグレードせずに良かった~と、つくづく思います。0xF9C5

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/92

Post Comment