SOARISTO工房 Logo
2006年7月 Archive
 1  |  2 | Next 

 この7月に、サウンドサイエンスさんの「Sound Shakit」が、マイナーチェンジしました。

 ということで、さっそくWeb限定販売モデルの「PA504-R2」(55,000円)を注文してみました。0xF9CF

 このモデルは、通常モデルの「PA504-G2」をベースに、フロント/リヤ独立のRCA入力が付け加えられています。

#「Walkman Connect」(iPodではない!)を、FM飛ばしなどではなく、ピンケーブルで直接接続することができます。(by ソニラー)0xF9C7

sound_shakit01.jpg

 マイナーチェンジ前のモデル「PA504-R」からの改良点は、こちらおよびこちらをご覧ください。

 簡単にいうと、Sound Shakitの心臓部が、アナログフィルタ(スピートンフィルタ)から、専用設計のDSPを用いたディジタルフィルタ(DRD-7Fs)に変更されています。これにより、S/N比が、74dB(PA504-R)から92dB(PA504-R2)に大幅に向上しています。

sound_shakit02.jpg

 ただし、サウンドサイエンスさんのHPでは、E60への取り付けについては、「電装系のセキュリティに支障を来す恐れがあり、取り付け可否の判断ができません。」となっています。

 しかしながら、この問題は、とある「おまじない」を施すことにより、容易に回避することができます。

 まずは、E60のオーディオ関係の信号を、WDS(電子配線図集)で解析してみます。

 にしても、前車のARISTOでは、Sound Shakitの取り付けにより、純正オーディオの音質が飛躍的に向上したので、BMWでもどうなるか、とても楽しみです。0xF9CF

#んでも、E60は、もともと純正オーディオのクオリティーが高いので、あまり変わらないというハナシも・・・。0xF9C7

〔関連情報〕
   ・サウンドシャキットの取付
   ・Sound Shakit (サウンドサイエンス)

 待望の「Active Shifter」が到着しました。0xF9CB

Active Shifter

 取り付けには、E60のステップトロニックの制御信号を、WDS(電子配線図集)で解析する必要があるので、少し時間が掛かりそうです。

 ちなみに、このハーネスですが、耐熱コードが使われています(見てすぐ分かりました)。車載用として、十分な耐久性を持って作られていることが、うかがい知れます。

 にしても、楽しみです。0xF9CF

〔関連情報〕
   ・【ご連絡】「アクティブ・シフター」のご希望受付方法について

2006/07/22

 久しぶりのDIYです。0xF9C6

 以前にご紹介した、M5用「キドニー・グリル」を、取り付けてみました。

m5_parts01.jpg

M5_grill01.jpg

 何も言われなければ、「どこが変わったの?」という感じですが、M5用のキドニー・グリルは、縦フィンがメッキ処理されています。
(530i M-Sportの標準の状態では、ブラックアウトされています)

M5_grill02.jpg

M5_grill03.jpg

 写真では分かりづらいですが、メッキ処理されたキドニー・グリルに交換したことにより、少しだけ豪華な感じがするようになりました。

 とは言っても、ほとんど自己満足の世界ですが。0xF9C7

2006/07/20

 「SOARISTO 住まい工房」、第三弾。0xF9CE

 我が家はまだ建設中で、高層階に位置するため、オプションの申し込みはまだまだ先かと思っていたのですが、いつの間にか締め切りが迫ってきてしまいました。

 ご存知の方はご存知かと思いますが、マンションにも、オーナーの好みに合わせた様々なオプションを付加することができます。また、オプションには、「工事中オプション」というものと、「インテリアオプション」というものがあります。

 前者は、マンションの引き渡し(竣工)までに施工するもので、比較的大掛かりな工事が必要なオプション、後者は、引き渡し後、入居までに施工する、照明やカーテンなどのオプションのことを指します。

 さしずめ、クルマでいうところの、「メーカーオプション」と「ディーラーオプション」といったところでしょうか。

ssr01.jpg

#写真は、高層階からのCGパース。斜め前方にレインボーブリッジを望みます。
 (ということで、夏には「東京湾大華火祭」をベランダから観ることができます)0xF9CF

 で、以前より、「ホームシアター計画」を練っている訳ですが、AV機器は、すでにSONYさんの製品で統一すると決めているのですが、ライティングについては、まだまだ考えあぐねているところです。

 前々回に、P社さんの「LEDシーリングライト」をご紹介しましたが、やはりソニラーにとっては、コンペティターの製品を購入する訳にはいきません。0xF9C8

 ということで、リビングには、華美なシーリングライトを取り付けるのではなく、空間をすっきり広く見せるため、工事中オプションの一つである「ダウンライト」(天井埋め込みライト)にすることにしました。

 で、この「ダウンライト」ですが、リビング拡大プランを選択しているため、設置ライト数が増えて138,400円(施工費、消費税込)もします。さらに、「調光スイッチ」にすると、追加で25,000円もします。

 また、内玄関に設置し、人が近づくと自動的にスイッチが入る「人感スイッチ」が用意されていますが、これも30,000円もします。

 後付けが困難な「ダウンライト」については、致し方ないと思いますが、スイッチ類については、なんとなく高いような気がしたので、さっそく調べてみました。

 ありました、ありました、しかもたくさん。いま住んでいる部屋は、スライド式の調光スイッチが付いていますが、いまではこんなにたくさんのラインナップがあるのですね。

WTK1811W.jpg

 まずは「人感スイッチ」(商品名:「勝手にスイッチ」、小売価格:10,144円)です↑。人間の体温に感応する熱線センサが付いており、両手がふさがっていても自動でパッと点きます。

#ちなみに、建設中のマンションは、玄関ドアが非接触のICカード式で、さらにプッシュプルドア(ノブをポンッと押すだけで開く)になっているので、両手がふさがっていても簡単に部屋に入ることができます。0xF9F8

 その他、廊下バージョン(足下灯)や、トイレバージョン(照明+換気)などがあります。

WT57615WK.jpg

 つづいて、「調光スイッチ」(小売価格:6,532円)です↑。白熱灯照明の明るさを、100%~0%の間で無段階に調節できます。

WTC5661W.jpg

 さらに便利なモノを発見しましたっ! 調光スイッチとリモコンの合体バージョン(商品名:「とったらリモコン」、小売価格:9,881円)です↑。

 すでに、後付けのシーリングライトにも、リモコン付きのものがたくさん出ていますが、リビングには、多数のAV機器が設置される予定(?)なので、これ以上リモコンが増えるとたいへんなことになってしまいます。0xF9C7

 この「とったらリモコン」は、“取ったらリモコン”というよりは、“壁にリモコンが埋め込める”といったらいいでしょうか。映画鑑賞中には、リビングのソファーの近くに置いて、ダウンライトの調光などをしつつ、使わなくなったら壁のベースユニットの部分に戻して、すっきりさっぱりすることができます。

 で、すでにお気付きかと思いますが、スイッチ本体の定価が1万円もしないにも関わらず、施工費込みのオプションは、3倍以上もします。こんな簡単な電気配線に、2万円以上も施工費が掛かるのでしょうか。
(やはり、引き渡し前の独占的立場を利用して、ゼネコン一派にぼったくられているような気が・・・)

 ということで、いずれの製品も、秋葉原で調達可能であることが分かったので、工事中オプションとしては申し込まず、引き渡し後にDIYしたいと思います。0xF9C6

#ただし、施工には、電気工事士の免許が要ります(表向き)。

 まぁ、何千万円もする買い物をしているのに、たかだか数万円のオプションに「何をか況んや」と仰る方もいると思いますが、まずは「小さなことから、コツコツとっ!」です。

#ちなみに、売買契約書に貼る収入印紙が45,000円もしたので(想定外!)、これにてイーブン・パー?0xF8B5

〔関連情報〕
   ・住まいのあかりと電気設備のEbox (松下電工)
   ・つけててよかった!配線計画 (松下電工)

 こんばんは、SOARISTOです。

 過日告知させていただきました「アクティブ・シフター」の需要調査につきまして、たくさんのご希望を頂戴いたしまして、誠にありがとうございました。

BMW M5 Paddle Shift

 この「アクティブ・シフター」(正式名「Active Shifter」。以下、AS)ですが、正確に申しますと、当工房の作品ではございません。

 このASは、同じくBMWにお乗りの「ひーくん」さんの開発・製作されたもので、本来は、E46に、M3用のパドルシフト等を具備した車体に対して装着し、純正ATのステップトロニックを、より積極的に、便利に、使い易くするためのものです。

 今回、E90にお乗りの方をとおして「ひーくん」さんの作品を知り得た訳ですが、ご連絡を差し上げた時点では、すでに生産を終了しており、かつ今後は一切生産するおつもりは無いとのことでした。

 その理由は、同じくDIYを趣味とし、新しいものを創り出すことを歓びとする者にとっては、第三者による、非常に残念な、心寂しい理由(仕打ち)があったためです。

 その詳しい事由については、この場でお話しすることは控えさせていただきますが、当工房で受託生産をお受けしていないことと、まったく同じ事由でした。

 当工房でも、当初は、受託生産を行っていました。

 これは、私が片手間に創り出した作品をとおして、同じ「クルマいじり」という趣味を持った方々と交友を深められるとともに、その方に歓んでいただけることが、私にとっての楽しみであり、歓びであったためです。

 しかしながら、高級車にお乗りの方の中には、
   「カネさえ出せば、何でも解決できる(何でも手に入れることができる)」
あるいは、
   「カネを出したんだから、オレの言うとおりに動いて当然だ」
というお考えをお持ちの、とても人間的に心寂しい方が、相対的に多いように思われます。

 不幸にも、まったく予期せず、そのようなお考えの方の手に、私の丹誠込めた作品が渡ってしまうことになりました。
(その後、どのようなことがあったかについては、皆さまのご想像にお任せいたします)

 また、デコラインを作製した際には、「是非とも私のクルマにも」とのご要望が多かったため、できるだけ多くの方にと思い、ディーラー装着のオプションとして扱っていただけるよう苦心し、実現したのですが、

 結果として、某巨大低俗裏掲示板には、「ディーラーと組んでカネ儲けに走りやがって」というような、穿った、心寂しい「ご意見」をいただくに至りました。
(価格から施工に掛かるタイムコストを逆算すれば、マージンなどほとんどないことが容易に推測できるはずですが、歪んだお考えをお持ちの方には、そもそも、そのような能力さえ持ち得ないのでしょう)

 いずれにしても、そのような、私の「思い」を踏みにじられるようなことがあって以来、受託生産は一切しないことといたしました。
(唯一、オフミ等で実際にお会いし、その方の為人(ひととなり)を知り、かつ私の判断基準をクリアした方のみ、限定的に生産することとしました)

 「ひーくん」さんも、私とまったく同じ辛い思いをなさったのかと思うと、とても再生産をお願い(ご本人からすれば、無理強い)することはできませんでした。

 しかしながら、それを推してもなお、「ひーくん」さんの開発されたASは、非常に魅力的であり、是非とも装着してみたい、まさに「宝物」のような作品に思えました。

 不躾にも、何度かお願いをさせていただいた結果、なんとか、ある条件をクリアした場合のみ、再生産をしていただけるよう、ご了解をいただくことができました。

 その条件とは、以下のとおりです。

   (0) 〔前提条件〕最小生産数(10ロット)以上の希望者がいること
   (1) みんカラで、「ひーくん」さんとお友達登録されている方
   (2) BMWおたっきーず!で、会員登録されている方
   (3) オフ会等で、「ひーくん」さんと実際にお会いした方
   (4) ASの現ユーザーが、責任を持ってご紹介してくださる方

 また、今回の再生産にあたり、事前の予約は受け付けないこととし、かつ先着10名となった時点で申込みを打ち切り(キャンセル待ちの受け付けは実施)となります。

 当工房を経由してご希望をいただいた方には、(3)と(4)はありませんので、(1)または(2)の条件を満たすよう、当該のHP等に登録されていない方につきましては、事前の準備をしていただけますよう、お願いいたします。
(過日、当工房にて希望数を調査させていただいたのは、(0)を把握するためであり、その時点では、あえて「ひーくん」さんのお名前は伏せさせていただきました)

 なお、個人情報を含む連絡先の登録をお願いするのは、配布時(授受時)の連絡を確実に実施できることを担保するとともに、配布後のアフターサポートや、バージョンアップ等をきちんと行うためという、「ひーくん」さんのご意向に依るものです。
(これは、前述のような、人間性の低いカネ持ち連中を排除するためのものであり、私も賛同いたします。了承いただけない場合には、エントリーしないでください)

 具体的な配布希望の受付方法は、連休明け半ばに、「ひーくん」さんのblogにて、告知される予定です。

〔「ひーくん」さんのblog〕
   ・ActiveShifter配布申込み開始します

 1  |  2 | Next