SOARISTO工房 Logo

Yokohama Minato-Mirai

2006/10/08

 秋晴れ0xF9D8

yokohama01.jpg

 横浜そごうから、赤レンガ倉庫まで、シーバスで移動。

 みなとみらい21地区は、いままさに、第二次のマンション建設ラッシュだ。坂本龍一氏がイメージキャラクターとなっていたLOHASなマンションも、ここにある。
(ご本人は、ニューヨーク在住だが)0xF9AC

 立地条件は最高のようにみえるが、急激に人口が拡大したため、朝のみなとみらい線(+東横線)の混雑ぶりは、想像を絶する。
(マンション購入検討時に、実地同時刻確認済み)

 写真右側の変ちくりんな鉄塔は、某通信キャリアのアンテナ設備だ。建物のデザインは、携帯電話の形(古い世代の)を模している。
(夜になると、アンテナ本体と数字ボタンの部分とが、ライトアップされる)

yokohama02.jpg

 シーバスに乗ると、普段クルマでは見ることのできない景色を見ることができる。

 それにしても、空の蒼さが冴え渡る。0xF99F

 高層タワー群が林立する近未来都市。しかし、わずか30年ほど前は、ここは薄寂れた埠頭と国鉄の貨物線の操作場だったのだ。

 地元横浜出身、小田和正氏の「My Home Town」という詩に、つぎのような一節がある。
(たしか、FM Yokohama(84.7MHz)の開局記念テーマだったと思う)

      僕らの好きだった あの店も もう無い
      あの頃の横浜は遠く 面かげ 残すだけ
      my home town my home town
      どんなに変わっても 僕の生まれた街
      どんなに変わっていても

J-TAKTへの利用申請中(非営利HP)

 30年前、ここにこのような近未来都市が出現しようとは、誰が予想し得たことか。0xF9C5

 話変わって、

pudding01.jpg

 横浜そごうで、南葉山「MARLOWE」の“まったり美味しいプリン”を購入。0xF9F8

 左は、「カスタードプリン」。プリンの王道だ。右は、「紅茶のプリン」。紅茶の茶葉が、ちょびっと浮いている。

 こいつらは、プリンのくせに、一つ700~900円もする。しかし、その“まったり度”は、他の追従を許さない。まさに、プリン界のBMWだ。

 アールグレイなど、アタックのきつい紅茶と一緒に食すと、天にも昇る美味しさだ。0xF9F7

 「Pastel」の“まったりプリン”(正式名称:なめらかプリン)も美味しいが、「MARLOWE」のプリンは、プリン評論家である職人が、自信を持ってお勧めできる一品である。

 プリンのカップは、料理用のメジャービーカーになっている。洗ってお店に持っていくと、200円で引き取ってくれる。

purse01.jpg

 ついでに、「BURBERRY」のpurse caseを新調。

 職人は、かなり物持ちが良い方であるが、数年前に買ったものがクタクタになってしまったので、後継モデルにスイッチ。「BURBERRY」のpurse caseは、これで三世代目ぐらいだ。

 良いものは長く保つ。良いものを長く保たせるのが、賢い大人だ。

 いろいろな想い出も、purse caseと一緒にスイッチ。0xF9C5

 支払いの際、「MARLOWE」の袋を持っていたら、店員さんに、「プリンをお買い上げですか?」と微笑まれる。

 かなり恥ずかしい・・・。0xF9FC
(とっさのギャグ返しができなかった)

〔つづき〕

#hrkさんばりの文体は難しいので、いつものとおりの“ですます調”に復帰。

 「My Home Town」のすべての詩(小田和正:作曲)は、つぎのとおりです。

      こゝで夢を見てた この道を通った
      できたばかりの根岸線で 君に出会った

      まだ人の少ない 朝の駅のホームで
      待ち合わせた短い時 次の電車が来るまで

      my home town my home town
      海に囲まれて こゝで生まれた

      僕らの好きだった あの店も もう無い
      あの頃の横浜は遠く 面かげ 残すだけ

      my home town my home town

      どんなに変わっても 僕の生まれた街
      どんなに変わっていても

      あの頃 こゝは僕らの 特別な場所だった
      いまでもこゝに来れば 丘の上 僕らが そこにいる

      my home town my home town
      海に囲まれて こゝで生まれた

      my home town my home town
      どんなに離れていても またいつか来るから

J-TAKTへの利用申請中(非営利HP)

 コンサートツアーの「ご当地紀行」での辛口コメントが知られる小田さんとしては、「ここは僕らの特別な場所だった」=「猫も杓子も、横浜、ヨコハマって。田舎モンが集まって来るんじぇねぇ」みたいなアイロニーが、ひしひしと伝わってきます。0xF9D1

 実際、何年か前のクリスマスの夜に放送されたライブで、荒井由美さんの歌をカバーした際、荒井由美さんが20数年前に横浜を歌った曲(『海を見ていた午後』)を捕まえて、
   「やられた、地元を荒らされたと思ったよ」
   「だって、あのヒト、八王子かどっかのヒトでしょ?」
とかいうご発言をされ、会場は爆笑の渦に・・・。0xF9AB

 いや、別に他県民をバカにしている訳ではなく、小田さんなりのブラックユーモアだと思いますが。0xF9C7

#ちなみに、小田さんは根岸線で山手の丘ですが、職人は京浜急行線で打越の丘です。(謎)

17 Related Entries
Next 

Yokohama Minato-Mirai

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/171

Comments(6)

こんばんは!
なるほど...京急でしたか!
私はJRで打越へ...(笑)

posted by  E90Life at 20:47:23 2006/10/08 | reply

> #hrkさんばりの文体は難しいので、いつものとおりの“ですます調”に復帰。

な、なんたること。恥ずかしいなぁ・・・ :-)

今月は休みゼロですが、来月は必ず休みを取って参加しますので、そのときはどうぞよろしく。

posted by  hrk at 21:53:39 2006/10/09 | reply

> 支払いの際、「MARLOWE」の袋を持っていたら、店員さんに、「プリンをお買い上げですか?」と微笑まれる。
> かなり恥ずかしい・・・。
> (とっさのギャグ返しができなかった)

う〜ん、soaさんはこうやってお友達になるのか〜(笑)

あやかって「MARLOWE」のカスタードをメールオーダーしました、楽しみ〜♪

posted by  juin at 13:28:32 2006/10/11 | reply

Post Comment