SOARISTO工房 Logo

Yourou Keikoku

 小さい秋0xF9ECを見付けに、千葉県の「養老渓谷」に行ってきました。0xF9AD

#写真は、いずれもFOMA SO902i」で撮影。(なので、ちと画質が低い)

yourou01.jpg

 「弘文洞跡」。

yourou02.jpg

 川沿いのハイキングコースを散策。

 しか~し、ちょっとフライング過ぎたのか、ぜんぜん色付いてない。0xF9C7

yourou03.jpg

 「万寿の滝」。(「千寿の滝」だったかな?)

 滝つぼの間際で、シート広げて早めのランチ。そこかしこに、マイナスイオンいっぱい。0xF9CF

 流れ落ちる清水を眺めながら、つかの間、気を失いそうになる。0xF9C7

yourou04.jpg

 そしてここは、養老渓谷の中で最も有名な、「養老乃瀧」、ではなく、「粟叉の滝」。0xF9C7

 垂直に落ちる滝はよくあるが、このように斜めに落ちる滝は、珍しい。

 夏場では、おそらく「0xF9A4南アルプス~、天然水~」のように、水遊びが楽しめるであろう。

lexusls01.jpg

 つぎの目的地に向かう途中で、偶然にも、LEXUS LS460に遭遇。(おそらく納車したて)

 LEXUSブランドのフラッグシップカーとして、洗練されていて、なかなか良いデザイン。

 んが、しか~し、マフラーエンドのフィニッシュが、まるで「Mark X」のよう。0xF9C7

 ちなみに、BMWの「ヘッドアップ・ディスプレイ」では、車速の他に、ナビによる誘導時には、「つぎに曲がる交差点名、その曲がる方向(左折・右折の図形)、交差点までの距離」が表示されます。
(その他、各種警告メッセージも表示されます)

 「クライメイト・コンフォート・ガラス」とのセットオプションになりますが、23万円を出す価値は、十二分にあると思います。

kamogawa01.jpg

 「鴨川シーワールド」で、イルカとシャチのショーを観る。

 観客席に座る前、係員からは、「前から6番目の席までは、水しぶきが掛かります」ではなく、「まとまった水が飛んできます」との説明が。(なんとなく、いやな予感・・・)0xF9C8

 ショーが始まり、シャチがジャンプすると、たしかに“水しぶき”なんて生易しいものではなく、まさに“水柱”が真横に飛んでくる感じ。水槽の水は、まるで台風直下の岸壁のように波打っちゃってます。(ひょえ~)0xF9FC

 アナウンスによると、一番大きな「お父さんシャチ」は、体長6.5m、体重4トンもあるらしい。クルマで例えれば、ちょうど「MAYBACH 62」が、横ひねりを加えながらドカンと衝突するよりも大きな運動エネルギーが発生しているのだ。(どんな例えだ)0xF9C7

kamogawa02.jpg

 鴨シーのカモ。

 「イワナ」などが泳いでいる清流を模した水槽に、どこからともなく飛んできて、ちゃっかり棲んでいる。0xF9C7

 水面の下で、パタパタせわしなく動かしている脚が、いかにも可愛らしい。

 鴨の生活もいいカモ。0xF9F8

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/186

Comment(1)

こんにちは!
そういえば、先日友人が、屋外駐車場でLSがレンガに乗っかってホイール4本取られたことを発見したそうです。(数日前に納車されたばかりのようで)
あのホイールとタイヤサイズ調べたら売るに売れないと思うんですがね...
イタズラにも程があります。マックガードNewですかね!!
ブロガーとしては是非画像がほしいところでした(笑)

posted by  E90Life at 10:58:58 2006/10/30 | reply

Post Comment