SOARISTO工房 Logo

有名高級セダン5車種のオーナー像イメージ調査

2006/11/02

 インターネット・リサーチのインフォプラントさんが、たいへん興味深い調査結果を公開されていますので、ご紹介します。

owner01.jpg
(画像は、インフォプラント様から転載(利用確認済み))

   メルセデス・ベンツE:  「リッチな暮らしとは、こういうことだね」
   BMW 5:  「独身貴族万歳、人生はアクティブに!」
   レクサスLS:  「トレンドには、いつも敏感でいたいな」
   トヨタ クラウン:  「人生浪花節、努力こそが実を結ぶ」
   日産 フーガ:  「自分に素直に、そして自由に生きたい」

有名高級セダン5車種のオーナー像イメージ調査 ~職業、身なり、趣味・志向、価値観などの項目でオーナー像イメージが鮮明に~
(2006年10月20日:インフォプラント)

 株式会社インフォプラントは、2006年9月、話題のレクサス LSが国内に市場導入されたのを機に、高級セダン5車種(メルセデス・ベンツE、BMW 5、レクサスLS、トヨタ クラウン、日産 フーガ)のオーナーに対するイメージ調査を全国20代から60代の男性インターネットユーザーに対して実施し、合計500人の回答結果を得ました。

 主な調査結果は下記の通りです。

【調査結果概要】

高級車オーナーの職業イメージは、ベンツE「不動産」、BMW 5「デザイナー」、レクサスLS「金融・保険系」、クラウン・フーガ「自営業」/p>

 5車種のオーナーに対する職業イメージを聞いたところ、メルセデス・ベンツEは「不動産(27.4%)」「金融・保険系(20.2%)」、BMW 5は「デザイナー(24.6%)」「外資系(21.6%)」、レクサスLSは「金融・保険系(16.0%)」「商社(13.8%)」、クラウンは「自営業(21.2%)」「金融・保険系(17.4%)」、フーガは「自営業(15.2%)」「メーカー(9.8%)」となっており、それぞれのオーナー像イメージに明確な違いが現れた。

仕事着も職業イメージに連動 レクサスLSとBMW 5「ビジネスカジュアル」、メルセデス・ベンツEとクラウン「ダブルのスーツ」、フーガ「私服」

 仕事着のイメージについては、メルセデス・ベンツEとクラウンは「ダブルのスーツ」(メルセデス・ベンツE:65.4%、クラウン:39.6%)、レクサスLSとBMW 5は「ビジネスカジュアル」がそれぞれ約3割となっており、フーガは「私服(32.4%)」「ビジネスカジュアル(29.2%)」の順で続いた。このように、仕事着も職業イメージに連動しているようだった。

料理、音楽、映画の志向イメージ、「和」のクラウンに対し「洋」のBMW 5

 それぞれのオーナーの「好きそうな映画、音楽、料理」について聞いたところ、クラウンは「時代劇(48.2%)」「演歌(55.0%)」「和食(72.2%)」と和のイメージを有しているのに対し、BMW 5は「アクション(23.2%)」「ジャズ(32.0%)」「イタリアン(35.6%)」と洋のイメージを抱かれている結果となった。

スポーツの趣味についても二分 メルセデス・ベンツE、クラウンは「ゴルフ」、BMW 5、レクサスLS、フーガは「テニス」「フットサル・サッカー」

 5車種のオーナーが「していそうなスポーツ」について聞いたところ、メルセデス・ベンツEとクラウンは「ゴルフ」が6割強となっており、他の車種に比べ多かった。BMW 5、レクサスLS、フーガでは「テニス」がそれぞれ15%以上を占めた。また、BMW 5とフーガで「フットサル」「スノボ」「サーフィン」などのアクティブ系スポーツが他3車種に比べ多かった。

「野球のポジション」に例えると、高級セダン最強布陣は?

 「野球のポジションに例えると」の問いに対しは、メルセデス・ベンツ Eが「監督(68.2%)」、BMW 5が「ピッチャー(54.8%)」、クラウンが「キャッチャー(28.4%)」、フーガが「外野手(38.0%)」という結果となった。

「戦国武将」に例えると? メルセデス・ベンツEとクラウン「家康」、BMW 5とレクサス LS「信長」、フーガ「上杉謙信」

 「戦国武将に例えると」の問いに対しては、メルセデス・ベンツとクラウンは「家康」(メルセデス・ベンツE:41.6%、クラウン:38.4%)、BMW 5とレクサスLSは「信長」(BMW 5:38.0%、レクサスLS:27.6%)、フーガは「上杉謙信(36.6%)」であった。

右脳派・左脳派? 天才肌・努力肌? 「左脳系(理論)」「努力肌」のクラウンに対し、BMW5は「右脳系(感覚)」「天才肌」

 5車種それぞれのオーナーイメージについて、「右脳系(感覚)」か「左脳系(理論)」か聞いたところ、メルセデス・ベンツEは「左脳系(理論):54.8%」だったのに対し、BMW 5 は「右脳系(感覚):58.4%」となっており、イメージの差がみられる結果となった。また、クラウンは「左脳系(理論)」で6割を超えており、同じ国産車であるフーガと比較しても高い数値となった。
 また、「天才肌」か「努力肌」かについても聞いたところ、BMW 5は「天才肌」が74.4%であったのに対し、クラウンは「努力肌」が86.0%となっており、他の車種に比べ多かった。

 これらを総合すると、BMW 5シリーズのオーナーは、
   「天才肌のデザイナーで、ONの時はビジネスカジュアルを着こなし、OFFの時はテニスを楽しむ、イタリアン好きのアクティブな独身貴族」
となりますが、皆さんは、いかがでしょうか?0xF9C7

#CROWNのオーナーが、「演歌好きの努力肌の自営業」というのも笑えます。
(となると、ARISTOがどう出るか、楽しみですね)0xF9D1

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/190

Post Comment