SOARISTO工房 Logo

IHクッキングヒーターの設置

2007/10/14

 いや~、まさか自分でIHを設置しちゃうヒトは、あまりいないと思いますが・・・。0xF9C7

 物好きな方のご参考になればと。

National KZ-VSW33D

 標準の、東京ガスさんのガスコンロです。

National KZ-VSW33D

 ごたくを並べる、いや、ごとくを外します。

National KZ-VSW33D

 片っ端から、取れるもんは、すべて外します。

National KZ-VSW33D

 うちのマンションでは、ガスコンロの後ろ側に、IH用の予備コンセントが来ています。

National KZ-VSW33D

 ガスコンロの下側に接続されているガス管を取り外します。これで、ガスコンロ本体がフリーになります。

#施工には、ガス工事士の免許が必要となります。

National KZ-VSW33D

 ガスコンロ本体を取り外します。

National KZ-VSW33D

 IH本体を据え付けます。かなり重いです。(腰を痛めないように)

National KZ-VSW33D

 グリルカバーや、化粧パネルを取り付けます。

 今回取り付けたのは、この9月1日に発売となったばかりの某P社のIHクッキングヒーター「KZ-VSW33D」です。

 3口すべてがIHで、かつ手前2口がオールメタル対応という、某P社のIHクッキングヒーターの最高峰モデルです。価格も堂々の、希望小売価格409,500円(税込、工事費別)の横綱級。

 実は、工事中オプションで、「KZ-ES32B」(希望小売価格225,750円(税込、工事費別))もあったのですが、3口のうち2口がIH(残り1口はラジエント)で、かつオールメタル対応ではない廉価版モデル(しかも、2世代前)だったため、元より検討対象外でした。

 さて、横綱級の価格の「KZ-VSW33D」ですが、これを“とあるルート”から購入すると、ぬぅわんとっ!驚きの194,000円(税込、工事費別)となりました。(もちろん新品)

 いや~、定価の半額以下で買えちゃうなんて、すごいです。というか、これだけ安くなってしまうと、そもそもの価格設定自体が疑わしくなってきてしまいます。
(まぁ、見掛けの定価を高めに設定して、あたかも値引いたような取付工事費込み価格を出させることで、街の電気屋さんを儲けさせてあげようという、某P社の作戦なのだと思いますが)

 ちなみに、この「KZ-ES32B」を、某「デベロッパーお抱えのインテリア会社」で見積もってもらったところ、362,000円(税込、工事費込)と出ました。

 上記価格には、100V→200V交換の取付工事費が入っているとはいえ、ここでも、
   ♪「右から来たものを~、左に受け流す~」
だけで、16万円以上もピンハネしてるんですね。
(まったく、“高付加価値な”ご商売です。開いた口が塞がりません)

 ということで、またもや某P社の製品が増えてしまいました。0xF9C7

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/325

Post Comment