SOARISTO工房 Logo

競合車(1) ポルシェ 911 カレラ

2008/04/06

(編集中)

 スポーツ・カーの定番。非常にスポーティなシャシーを持っていますが、0-100km/hの加速性能5.0秒は、ニューBMW M3クーペの4.8秒に劣ります。また、ニューBMW M3クーペとは異なり、装備レベルが低いうえ、トランク・ルームとリヤ・シートが狭い事実上の2シーター・クーペです。明らかに日常ユースには向きません。

Porsche 911 Carrera
(画像は、本国Porscheさんから拝借)

 ポルシェ911カレラはスポーツ・カーの象徴的存在です。長年に亘り開発と熟成が重ねられ、今でも非常に高い名声を持っています。ポルシェのシャシー、ドライブ・トレーン、そしてハンドリングは、とてもダイレクトでスポーティです。エンジンやステアリングは迅速かつ性格に反応します。ポルシェのエンジニアはこれらの強みに磨きをかけながら、一方でスポーツ・クロノ・パッケージやポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメント・システム(PASM)のような、より多くの電子制御ダイナミック・サポート・システムを選択できるようにするなど、一般的流行にも追従しています。

Porsche 911 Carrera
(画像は、本国Porscheさんから拝借)

 PASMではドライバーはボタン操作で2種類のサスペンション設定を選ぶことができます:スポーティながらも快適な設定と、サーキット用の非常にスポーティな設定があります。PASMはカレラSに標準装備されており、カレラでは27万円(税込)のオプションとなります。オプションのスポーツ・クロノ・パッケージは、加速特性やPSM(ポルシェ・スタビリティ・マネージメント・システム:BMWのDSCと同様のもの)の介入閾値、PASM設定、それにティプトロニックSトランスミッションのシフト・ポイントを調節することができます。これは13.5万円(税込)のオプションです。

Porsche 911 Carrera
(画像は、本国Porscheさんから拝借)

 ポルシェはライバルよりも軽量なことで、パワーが239kW/325psしかないにもかかわらず、自らの地位を保つことができています。その敏捷性はスポーティなエンジン設計(ショート・ストローク、バリオカム・プラス:吸気側の可変バルブ・リフト)によってもたらされています。しかし、日常での使いやすさという点においてニューBMW M3クーペとは比べ物になりません。もともと2+2シーターとして設計されていますが、リヤの小さなシートは大人用とは言えません。トランク容量が135リッターしかないのも、ニューBMW M3クーペ(430リッター)と比べると使いやすさを制限しています。

〔関連情報〕
   ・Bitter BMW
   (2007年7月16日:Fast Lane Daily)

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/374

Comments(2)

soaさん、こんにちは。 ご無沙汰です。

 何やら近いうちに”変化”がある予感・・・。

 候補は既に決まっているようですね。

 楽しみにしてます (^^)

posted by  よしき at 13:56:05 2008/04/06 | reply

Post Comment