SOARISTO工房 Logo

テンピュール コンビマットレス

2008/05/03

 前回はネックピローでしたが、今度はマットレスです。

tempur01.jpg

 デカいです。大人二人掛かりで搬入です。

 「コンビマットレス」の厚さ20cmタイプ(定価:156,660円×2セット)。

tempur02.jpg

 テンピュール純正のベッドフレームも用意されていますが、あまり良いデザインがなかったため、リビング・ダイニングと合わせて、karimokuにしました。

 カスタムオーダーベッド「NU6501HD-G」(定価:194,480円×2台)、ナイトテーブル「AU8020HD」(定価:42,840円)。

 テンピュールは、マットレスとベッドフレームとの接触面に、通気のための隙間が必要となるため、“すのこ状”のフレームが推奨されています。
(最長15年間の保証期間が設定されていますが、通気不完全による不具合は、保証対象外とされます)

tempur03.jpg

 このベッドフレームは、「オールフレックスベース」というハイグレードタイプで、ドイツのヒュルスター社製です。

tempur04.jpg

 “すのこ状”に見える板(スラット)は、1本1本が独立しており、自由度を持たせるために、フレームにラバージョイントで固定されています。

 荷重を掛けることでスラットがしなり、フレーム全体に、板バネのようなしなやかな弾性が生まれます。

 さらに、ちょうど腰にくる位置にアジャスターがあり、このアジャスターを左右に移動させることにより、スラットの堅さを調節することができます。

 正面から見ると、まるで脊椎のようにも見えます。人工の脊椎の上で寝る訳です。

tempur05.jpg

 厚さ20cmのタイプは、3層構造になっており、ベースが高密度ウレタンフォーム(11cm)で、その上にテンピュール素材(7cm)と、柔らかめのテンピュール素材(2cm)が重ねられています。
(厚さ15cmのタイプは、2層構造)

 これで、最高の環境で、最高の眠りが得られることでしょう。0xF9CF

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/390

Comments(2)

ワイフが横寝が多いから左肩が痛いと訴えているので、このブログを思い出し、昨日銀座ショールームにワイフと一緒に相談に行ってきました。色々試して、「シンフォニーピロー」と「オーバーレイマットレス7cm」そして「リネンピローケース」「リネンマットレスシーツ」をワイフ用に購入しました。
10年前にテンピュール「オリジナルネックピロー」を通販で購入し、使用したのですが、サイズが大きすぎたようで納戸へ。
今回はセミダブルのスプリングマットレスまで買い換える勇気はなく、ワイフの調子を見て、二人のマットレスも検討しようと思っています。
ところで来客者は全てカップルでしたねぇ。きっと工房長も寝心地を口実に...

posted by  juin at 11:05:27 2009/10/19 | reply

Post Comment