SOARISTO工房 Logo

読みどおり!? (1)

2008/08/27

 いや~、まさに読みどおり。

 まるでどこからか情報を仕入れていたかのようなピッタリ度合い。0xF9F8

ブルーレイディスクのフォーマット音声を高音質で楽しめるマルチチャンネルインテグレートアンプ3機種を発売
(2008年8月27日:ソニーマーケティング)

TA-DA5400ES
(画像は、SONYさんから拝借)

 アナログマルチチャンネルインテグレートアンプ、「TA-DA5400ES」です。
(希望小売価格:262,500円、11月発売予定)

TA-DA5400ES
(画像は、SONYさんから拝借)

 TA-DA9100ES/TA-DA7000ESに採用されたS-Master PRO搭載のフルデジタルアンプではありませんが、TA-DA5300ESに採用されたアナログアンプをさらに進化させた、新開発“第3世代 広帯域パワーアンプ”が搭載されています。

 さらに、HDMI出力を2系統装備し、大型液晶テレビとフルHDビデオプロジェクターとを、ケーブルの抜き差しをせずに切り替えることができます。

 まさに望んでいたものにピッタリの機種。

SCD-XA5400ES
(画像は、SONYさんから拝借)

 ついでに、同時発表されたスーパーオーディオCD/CDプレーヤー、「TA-DA5400ES」です。
(希望小売価格:176,400円、10月発売予定)

SCD-XA5400ES
(画像は、SONYさんから拝借)

 SCD-XA9000ESの弟分ですが、HDMI出力端子を備えているので、TA-DA5400ESとHDMIケーブルで接続すると、SACDのDSD信号をそのまま伝送可能となります。

 これまでSACDをPS3で再生すると、冷却ファンの音がブンブンうるさかったのですが、TA-DA5400ESとSCD-XA5400ESとの組み合わせで、心置きなくSACDの高音質を楽しむことができます。

 願ったり叶ったり。

 しかも、ボディーカラーが、シルバー系からブラック系に戻ったので、「我が青春のESシリーズ」とも、うまく組み合わせることができます。

#ありがとう、SONYさん!!0xF9CB

 欲を言うならば、同日に、PioneerさんがBlu-ray Discプレーヤーのフラグシップ機を出しているので、SONYさんもDVP-NS9100ESの後継機を出してもらいたいものです。
(すでに開発も最終段階だと思いますが・・・)0xF9C7

〔関連情報〕
   ・ソニー、圧縮音源の音質を「向上」させるAVアンプ「TA-DA5400ES」
   (2008年8月27日: ITmedia +D LifeStyle)
   ・ソニー、HDMI出力×2や新ジッタ抑制回路搭載AVアンプ
   (2008年8月27日:Impress AV Watch)
   ・ソニー、HDMI搭載のSACDプレーヤー「SCD-XA5400ES」
   (2008年8月27日:Impress AV Watch)

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/426

Post Comment