SOARISTO工房 Logo

D1イグナイターソケット

2008/10/10

 Bellofさんの「D1イグナイターソケット」が届きました。

Bellof D1 Adapter
(注:画像左側はD2Sバーナーを組み込んだところで、製品には含まれていません)

 こちらが、その「D1イグナイターソケット」(CZL002)です。
(定価:29,400円、購入価格:21,750円、割引率:26%)
(某「ファッション系チューニングショップ」での販売価格:29,400円+取付工賃)

 この製品、、2007年5月の「東京スペシャルインポートカーショー」で参考出品されていたもので、Bellofさんの公式HPでは、2008年10月1日に「新登場!」となっていますが、実は少し前から販売はされていました。

 BMWをはじめとする欧州車には、HIDのバーナーにD1規格を採用するクルマが数多くあります。

 これに呼応して、アフターパーツとして、各社から高ケルビン数のD1バーナーが、ちらほら発売されるようになりました。

 ただ、これらの製品、点灯直後は確かに青白いのですが、時間が経過し、バラストが定常状態に入ってくると、当初の青味が失われ、けっきょくは白っぽい感じに落ち着いてしまいます。

 一方、D2規格のバーナーは、すでに各社からさまざまなケルビン数のものが発売され、自分の好みの応じて選択できるほど、バリエーションが広がっています。

 この「D1イグナイターソケット」は、D2規格のバーナー(D2SまたはD2R)と組み合わせることにより、D1規格のバーナーとしてヘッドランプユニットに組み込むことができます。

 これにより、あたかもカラーコンタクトレンズを付け替えるかのように、いろいろなケルビン数のバーナーを楽しむことができるようになります。

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/446

Comments(2)

SOARISTOさん、こんばんは。

これ、わたくしも同じことを考えておりました!
D1になると、色温度も供給メーカーも限られてきてしまうことが残念でした。
おそらく中国製と思われますが、某オークションなどで同じ機能を持ったソケットが出品されておりますが、やはり品質を考えるとBellof製にしたほうが心配なさそうですね・・・0xF9C7

posted by  toy_X3 at 02:04:28 2008/10/12 | reply

Post Comment