SOARISTO工房 Logo

フルマップGPSレーダー探知機の取付 (2)

 だいぶ間が空いてしまいましたが、前回の続きです。

Full-Map GPS Radar Detector

 Aピラー上部の「AIR BAG」のプラスチックプレートを、マイナスドライバーで外します。

 プレートの裏に、T20Hのトルクスボルトが隠れているので、外します。

Full-Map GPS Radar Detector

 Aピラーのカバーを外します。
(青色の位置に嵌合(プラスチッククリップ)があります)

 フロントガラス中央から、フロントガラスの縁を沿わせて、配線を通します。

 配線は、エアバッグが展開した時にも邪魔にならないよう、純正の配線と一緒に、電気用のビニールテープで束ねておきます。

Full-Map GPS Radar Detector

 ダッシュボード側面のカバーを外します。
(青色の位置に嵌合があります)

 側面にできた穴を使って、配線をダッシュボード下部に落とします。

 配線は、そのままにしておくと「カタカタ音」の原因となるため、純正の配線と一緒に束ねておきます。

Full-Map GPS Radar Detector

 レザーブーツの縁をつまんで、上側に引き上げて外します。

 つづいて、M-DCTのシフトレバーを、上側に引き上げて外します。
(イルミネーションの配線が付いているため、あまり勢いよく引き上げないように)

Full-Map GPS Radar Detector

 センターコンソールのパネルを、後ろ側から、少しずつ引き上げていきます。

Full-Map GPS Radar Detector

 取り外せました。

 E60の時と比べると、あっけないほど簡単です。これもコストダウンのためでしょうか。

Full-Map GPS Radar Detector

 センターコンソールの部分を拡大したところです。

 本来であれば、青色の位置に、シガーライターソケットのコネクタがあり、ここからアクセサリー電源が取り出せたはずなのですが、「ノンスモーカー・パッケージ」の場合には、ご丁寧にも、配線すら省略されていました。

 かなり、コストダウンが図られているようです。多芯ケーブルを共通化するよりも、省略した方が安く付くということでしょうか。
(ちなみに、E60の場合は、こんな感じでした)

 目論見が外れたので、作戦変更です。

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/452

Post Comment