SOARISTO工房 Logo
2009年4月 Archive
 1  |  2  |  3  |  4 | Next 

総務省、ソフトバンクモバイルに文書指導――4月19日の通信障害について
(2009年4月24日: ITmedia +D モバイル)

 総務省は、4月19日に発生した通信障害について、ソフトバンクモバイルに文書による指導を行ったと告知。同省は「設備管理の必要な措置がなされていなかった」「ユーザーに十分な説明が行われていなかった」と指摘した。

 総務省は4月24日、ソフトバンクモバイルに対し、4月19日に発生したパケット通信サービスの障害について、文書指導を行ったと発表した。

 4月19日9時9分から15時58分までの間、ネットワーク設備の不具合により、北海道、東北、関東、甲信越、東海、北陸、関西、中国、四国、九州、沖縄の一部のソフトバンクユーザー(最大約1576万契約)がパケット通信サービスを利用できない、または利用しにくい状況が発生した。ソフトバンクモバイルは影響範囲について、当初は北海道、東北、関東、甲信越、東海と告知したが、4月23日に北陸、関西、中国、四国、九州、沖縄を加え訂正した。

 総務省は4月19日にソフトバンクモバイルから通信障害についての報告を受け、「システムの信頼性向上対策や障害の極小化対策など、設備管理のために必要かつ適切な措置が十分になされていなかった」としている。また、通信障害のユーザーへの通知についても「十分な説明が行われていなかったことで利用者に不安を与えた」と指摘。

 同省は2008年5月14日にも、重大な事故の集中発生を受け、ソフトバンクモバイルに書面による行政指導を行ったが、その後も2008年10月15日、2009年1月20日と2月9日に3件の事故が発生した。

 総務省は同社に対して、「事故の再発防止策の検討」「設備の点検」「ホームページなどで利用者への事故情報周知方法の改善」を実施するとともに、5月25日までに上記3点の事項を取りまとめた報告をするよう文書で指導した。

 総務省は、電気通信サービスの安定した提供を確保するため、今後も必要な指導と監督に努めるとしている。

 「文書指導」とは、穏やかではないですが、これには長らくの伏線があります。

 2008年の4~5月に掛けて、立て続けに3件の大規模障害を発生させ、監督官庁から「行政指導」を食らっていますが、その後も、2008年10,2009年1月,2月に発生させ、そして今回です。

 さらには、最初は強気に出ておいて、後からしらっと訂正するという、いつものパターンも同じです。さすが、ここら辺りも徹底しています。0xF9D1

 全国規模で、1,576万契約に影響が出たということは、ソフトバンクモバイルの契約数が2,063万(2009年3月末)ですから、実に8割近い契約に障害が出たということになります。

#ちなみに、コンシューマ向けの携帯端末が大して売れていないにも関わらず、「23ヶ月連続純増No.1」とかほくそ笑んでるカラクリについては、別の機会に述べたいと思います。

 鳩さんは、放送行政でも、“例の事件”で苦々しい思いをされていますが、通信行政でも、同じような思いをされているようです。どうせなら、こちらも「最低の企業だっ!!」と言い捨てて欲しいですが。

〔関連情報〕
   ・電気通信設備の適切な管理の徹底等に関するソフトバンクモバイル株式会社に対する指導
   (2009年4月24日:総務省 総合通信基盤局)
   ・4月19日に発生したパケット通信サービス障害について
   (2009年4月23日:ソフトバンクモバイル)
      ttp://www.softbankmobile.co.jp/ja/news/press/2009/20090423_01/

2009/04/26

 いつもの風景ですが、

Shinagawa Canal Side
(クリックで拡大)

 Photoshopでフィルタを掛けると、

Shinagawa Canal Side
(クリックで拡大)

 ミニチュア風に。

Shinagawa Canal Side
(クリックで拡大)

 こちらも、

Shinagawa Canal Side
(クリックで拡大)

 こんな風に。

 カメラにお詳しい方ならご存知かと思いますが、ミニチュア風(ジオラマ風)に撮るためには、「Tilt-Shift Lens」という、特殊なレンズが必要となります。

 Photoshopの「レンズフィルタ」を掛けることにより、擬似的に同じような効果を得ることができます。

 青空に浮かぶ雲が、絵に描いたような雲になり、新緑の木々が、ライケンで作ったような木々になります。
(彩度を極端に上げ、プラスチック素材のように見せるのがポイント)

 いつもの見慣れた風景が、なんだか愛おしく見えてきます。0xF9CF

 デカイです。α350のDT18mmレンズでも、ファインダーに収めるのがやっとです。0xF9CF

Mid Sky Tower

 地上59階、地下3階。地上高は、首都圏での最高峰、203.5mmを誇ります。
(注:完成時における首都圏の超高層マンションにおいて)

 着工2005年11月、竣工2009年4月。この4月下旬より、入居が始まりました。

 さすがに三井物件だけあって、造りがしっかりしていて、デザインも洗煉されたものがあります。この未曾有のマンション不況下においても、資産価値を確実に保ち続けることでしょう。

 また遊びに行こっと、今度は晴れた日に。(よろ)0xF9F8

 「BMW Performance Strips」が完成したところで、近所の撮影ポイントへ。

 ここは、トレンディードラマ(古)の撮影などで、よく使われるポイントです。

BMW Performance Strips

 BPSは、シルバー系の濃淡2色で構成されており、BMWのボディーカラーでいうと、「チタン・シルバー」と「スペース・グレー」に近い色です。

BMW Performance Strips

 一方、M3 Coupeは、Mモデルの専用色である、「シルバーストーンII」です。

 曇天の下で見ると、普通のシルバーのように見えますが、実際には、少し青み掛かったシルバーです。

BMW Performance Strips

 シルバー系の3色がうまくマッチした、トリコロールカラーとなっています。

 M3 Coupeのうねるようなボディラインが、うまく強調されています。0xF9C6

〔注 意〕
 ここで紹介する情報に基づいて改造を行った結果、万が一何らかの事故や損害等が発生した場合でも、当方は一切の責任を負いません。改造を行う場合には、全てご自分の責任で行ってください。


 前回の続きです。

 いよいよ大詰めです。

Performance Steering Wheel

 コイルスプリングカートリッジの右下の、赤いストッパーを取り外します。(パキッと折り取る感じ)

Performance Steering Wheel

 黄/灰コネクタ(エアバッグ信号)と黒コネクタ(マルチファンクションスイッチ信号)とを、差し込みます。

 ステアリングホイールの緑コネクタを、コイルスプリングカートリッジからの黒コネクタ(ディスプレイ信号)に、差し込みます。

 M16のレンチで、ステアリングホイール中心のボルトを、がっちり締め込みます。

Performance Steering Wheel

 エアバッグユニットに緑/黒コネクタと黒コネクタとを差し込み、エアバッグユニットを慎重に戻します。(ガコッと、ツメが引っ掛かるまで)

Performance Steering Wheel

 とりあえず、PSWの取り付け完了。

 ただし、まだ最後の関門が残っています。

Performance Steering Wheel

 PSWの電源を取るため、マニュアルでは、PSW付属のハーネス(A1とA2の付いたケーブル)を、OBD2ポート(X19527コネクタ)に接続することになっています。

 が、M3 CoupeのOBD2ポートには、1番ピン(イグニッション電源)が来ていません。
(4番ピン(グランド)は来ています)

#「グランド」と呼ぶか「アース」と呼ぶかで、ディジタルな人かアナログな人かが分かりますが。0xF9CE

 仕方がないので、レーダー探知機の電源とドライブレコーダーの電源とを取り出す時に作った「専用ハーネス」から、改めて取り出すことにしました。

 PSWのA1コード(緑/茶)をイグニッション電源に、A2コード(茶)をグランドに、それぞれ接続します。

 これにて、すべての信号線の接続が完了です。

 運転席側のコンソールのアンダーカバーを、元に戻します。また、バッテリーのマイナス側のターミナルを、接続します。

Performance Steering Wheel

 1  |  2  |  3  |  4 | Next