SOARISTO工房 Logo
2009年11月 Archive
2009/11/28

 今年もやって参りました、恒例の「伊藤家のつぼ」オフ。0xF9F0

Itoh-ke no Tsubo Off-Meeting

 タイショーに依りますと、「クルマ好き軍団」が占領するのは、今年で5回目だとか。
(ちなみに、昨年はこんな感じ)

Itoh-ke no Tsubo Off-Meeting
(プライバシー保護(?)のため、ボカシ処理)

 何やら今年は重大発表がっ!!0xF9FC

 いよいよ結婚かっ?ALPINAとっ!!(←ない)

Itoh-ke no Tsubo Off-Meeting
(プライバシー保護(?)のため、ボカシ処理)

 ご多用のところご参加いただきました皆々様、誠に有り難うございました。これからも、この「クルマ好きの会」を末永く続けていきたいと思っておりますので、引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。0xF995

 また、タイショーと女将サンさん、いつも美味しい料理を、本当に有り難うございます。0xF9C3

 JUNKOさん、またも二次会で押し掛けてしまいまして、申し訳ございませんでした。空中庭園の眺め、素晴らしかったです&チーちゃん、可愛かったです。0xF9CF
(その後のシャチョさんの足取りは、誰も知らず・・・)0xF9C7

 前回に引き続き、六本木ヒルズに行ってきました。

Roppongi Hills

Roppongi Hills

Roppongi Hills

2009/11/22

 今日は、「イイ夫婦の日」なんですね。

 さて、前回ホイールスペーサーを取り付けましたが、やはり、物足りなさを感じてしまいました。

 「お洒落は足下から」ということで、0xF8D5

Gold Caliper Paint
(クリックで詳細)

 こんな↑感じとか、

Gold Caliper Paint
(クリックで詳細)

 こんな↑感じに、してみたいじゃないですかっ!!0xF9CB

 しかも、チャラチャラしたファッション系ショップなんかに、無駄金払わずに。0xF9D1

 ということで、

Gold Caliper Paint

 キャリパー(&ハブ)塗装のための素材一式です。

 カーショップやホームセンターなどで売られているスプレーは、最近は、ほとんどが「アクリル系塗料」(注)となっています。

 アクリル系塗料は、塗りやすく、ツヤも出しやすいのですが、溶剤の揮発により塗料が乾燥するため、塗膜が薄く、時間の経過とともに痩せていき、ツヤも失われていきます。
(また、ガソリン等に溶けやすいため、キャリパーの場合、ブレーキクリーナー等を吹き掛けると、すぐに変色してしまいます)

 お手軽ペイントには良いのですが、職人的には、あまりお薦めしません。

 一方、「エナメル系塗料」というものもあります。

 エナメル系塗料は、溶剤の揮発だけではなく、空気中の酸素と化学反応を起こして硬化していくため、塗膜が厚く、痩せにくく、ツヤも長持ちします。
(また、完全に硬化すると、ある程度ガソリン等にも耐えます)

 ということで、前回・前々回同様、キャリパーの塗装には、エナメル系塗料を使うことにします。

 幼い頃に、プラモデルをよく作られた方なら、タミヤのモデルカラーなどで、「アクリル系塗料」と「エナメル系塗料」との仕上がりの違いは、よくお分かりになると思います。

(注) 厳密にいうと、「アクリル系塗料」といっても、非常にたくさんの種類があり、「アクリル"樹脂"塗料」の中にも、「アクリルエナメル塗料」があります。

 ここで「エナメル系塗料」といっているのは、「アルキド(フタル酸)樹脂塗料」の中の、「アルキド樹脂エナメル塗料」のことを指しています。
(まぁ、ペンキ屋になる訳じゃないので、あまり深くツッコんでも意味ないですが)

 カーショップにて、Holtsさん、SOFT99さんと探しましたが、いずれもアクリル系塗料でした。
(仕上げ用の「ウレタン樹脂塗料」もありましたが)

 また、ホームセンターにて、カンペ(関西ペイント)さん、ニッペ(日本ペイント)さんと探しましたが、やはり手に入りやすいスプレーは、いずれもアクリル系塗料でした。

 ニッペさんのHPにて、やっとこさエナメル系塗料を発見し、ネットで購入しました。

 写真左から1番目は、脱脂用の「ラッカーうすめ液」、2番目は「さび止めスプレー」(アルギド合成樹脂塗料)、3~5番目は「スプレーラッカー」(硝化綿ラッカーエナメル)で、それぞれ、中塗り用ホワイト、上塗り用ゴールド、仕上げ用クリアです。

 んが、こう外気温が低い日が続くと、なかなか塗装できるチャンスがありません。0xF997

2009/11/22

 いろいろありまして、ほぼ1ヶ月ぶりの更新です。

 前回は書きませんでしたが、セキュリティーのお話です。

 うちのマンションは、24時間監視&巡回なので、それほど気にはしていないのですが、"念には念を入れて"ということで。

Wheel Spacer for M3 Coupe

 ホイールスペーサーを入れて下駄を履かせた場合、ボルトも、ホイールスペーサーの厚さに合わせて、「ロングボルト」を使用する必要があります。

 写真左から1番目のボルトは、BMW純正のボルトで、首下が約27mmあります。

 これに、例えば15mmのホイールスペーサーを取り付けた場合、必要となるロングボルトの長さ(首下)は、27mm+15mm=42mmとなります。

 写真左から3番目のボルトは、ホイールスペーサーキットにセットされていた、首下42mmのロングボルトです。

 これにあわせて、首下42mm前後の「ロックボルト」があれば良いのですが・・・、ありましたありました、ちょうど良い長さが。0xF9A0

 写真左から4番目は、Mercedes-Benz用のロックボルトです。

 以前にも紹介しましたが、McGardさんの「ハイセキュリティ・ロックボルト」です。ボルト経、ピッチ、テーパー形状もまったく同じで、首下が約41mmあります。

 E60(530i)からキャリーオーバーして、E92(M3 Coupe)に装着しました。

 ちなみに、このロックボルトは、「スピンシュラウド」といって、カラー部(ボルト側面)がクルクル回り、ボルト側面にトルクを掛けられないようになっているため、セキュリティー性がさらに向上しています。

 なお、ホイールスペーサーの厚さに合わせて、ぴったりの首下のロックボルトが見つかればベストですが、ハブへのボルトの「噛み込み厚」が12~15mm程度取れていれば、それほどシビアに考える必要はありません。