SOARISTO工房 Logo

Yes, We CAN!?

 これに触発されて、以前から気になっていたCAN(Controller Area Network)の勉強を始めました。

CAN Interface

 市販のツールやソフトを組み合わせて、「表示できた~っ!!」とか喜んでいてもレベルが低いので0xF9D1、以前から構想していた計画を実行に移すことにします。

CAN Interface

 最終的な目標は、NISSAN GT-Rのマルチファンクションメーターのように、各種情報を、M3 Coupeのセンターディスプレイに、ビジュアルに映し出すことです。
(完成は、いつになることやら・・・)0xF9C7

 この本を読んだ時点では、CANインタフェースを内蔵しているMicrochip Technology社の「PIC18F2480」を使おうと思っていたのですが、この本に依ると、Renesas Technology社のM16C/Tinyシリーズ(M16C/29)やSuperHファミリ(SH7147)の方が、評価用ボードがいくつか出ていて、取り組みやすそうです。

 にしても、久しぶりに難解な本を読みました。んがしかし、サンプルソースも公開されていて、CANインタフェースをトライ&エラーでねじ伏せるには、なかなか良さそうです。
(本業とは、ぜんぜん関係ないのですが・・・)0xF9C7

 とりあえず、CANバス上に垂れ流されているデータを、OBD-IIポートから吸い出して、ノートPCでロギングするところまではできそうです。

 縦G/横Gの情報は、iPhone本体の“いい加減な”加速度センサのデータではなく、車両側の「加速度センサモジュール」のデータを抜き出すことができます。
(PIDが分かれば、の話ですが)

 できなければ、新たに「2軸加速度センサ」を取り付けて、縦G/横Gの情報を数値化したいと思います。

 その他、「ヨーレートセンサモジュール」などのデータが抜き出せれば、もっと面白いことができるかも知れません。

 いずれにしても、どうせ苦労して作るなら、市販のツールやソフトには無い機能を実現しようと思います。
(blogに書いちゃったんで、後には引けない・・・)0xF9C7

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/589

Post Comment