SOARISTO工房 Logo
2010年6月 Archive
 1  |  2  |  3 | Next 
2010/06/30

(この記事は、現地2010年6月22日のものです)

 まずは、「BMW Welt」への行き方について、紹介します。

 ルフトハンザでは、成田からミュンヘン行きの直行便が出ていますが、今回はパリにて観光をしたため、エールフランスを利用して、パリを経由してミュンヘンに入りました。

Munich

 「翼よ、あれがミュンヘンの地じゃ」0xF9F8

 シャルル・ド・ゴール国際空港(パリ)から、ミュンヘン国際空港までの所要時間は、正味1時間半ぐらいです。飛んだと思ったら、あっという間に着いてしまいます。

 フランスとドイツを跨るとはいえ、国内線並みの距離なので、エアバス社の近・中距離向けモデル、「A321-200型」の機体が使われていました。

Munich

 ミュンヘン国際空港に着きました。地上は曇りです。

 エールフランスの到着便は、ターミナル1のEエリアでした。

Munich

 シャルル・ド・ゴール国際空港と比べると、明るくて機能的、というか、メカニカルな感じがします。

 先入観なのかも知れませんが、「ドイツっぽい」感じです。0xF9C6

Munich

当然のことながら、こちらでは、タクシーもBMWやMercedesです。

Munich

 こんなタクシーも、いたりします。(乗せろ)0xF9C7
(しかも、サンルーフ付き)

Munich

 とりあえず、「Sバーン」という電車に乗るので、「S」というマークを目指して、ずんずん進みます。

Munich

 まずは、ミュンヘンの中心部、「ミュンヘン中央駅」(Hauptbahnhof、ハウプト・バーンホーフ)に向かいます。
(Hauptは「主要な」、Bahnhofは「鉄道の駅」の意)

 ドイツには、都市間を結ぶ「DB」(デーベー、ドイツ鉄道)と、都市部と近郊を結ぶ「Sバーン」、都市部の地下を走る「Uバーン」があります。
(Sバーンは、地下の区間もあります。反対に、Uバーンは、地上の区間もあります)

 空港からミュンヘン中央駅へは、Sバーンを使います。路線は、「S8」と「S1」とがあり、いずれもミュンヘン中央駅を通りますが、帰りのことを考えると、S8の方が便利だと思います。
(S1の復路は、車両が途中で切り離されて、空港に着かない場合があるそうなので)

 切符は、自動販売機で買ってもよいのですが、いきなりは難しいため(後述)、チケットカウンターで買いましょう。

 空港からミュンヘン中央駅へは、9.60ユーロですが、2人連れであれば、ペアチケット(18.80ユーロ/2名、内郭エリア1日周遊券付き)を買った方が、お得です。

 なお、ここで、ミュンヘン市内の「地下鉄マップ」を貰っておくと、後々便利です。

Munich

 ここが、Sバーンへの入口です。

 ドイツの鉄道には、改札口がありません。写真中央にある、小さな青い機械(刻印機)に切符を入れて、乗車時刻をパンチします。

Munich

 ここでいきなり、にわか鉄チャンに変身です。0xF9C7

 S8の「Herrsching」行きと書いてあるので、大丈夫そうですね。

Munich

 ドイツの電車は(フランスでもそうでしたが)、ドアは自動で開きません。

 日本でも、田舎の方はそうですが、乗り降りする時は、自分で操作してドアを開けます。最初は少し戸惑いますが、慣れると普通になります。

 新型車両は、LEDがチカチカしているところ(ドアの合わせ目あたり)をタッチすると、ドアが開きます。

 ちなみに、ドイツでは、発車のベルが鳴りません。定刻になると、音もなくドアが閉まります。(いちおう、挟み込み防止の警告音が鳴りますが)

 焦って電車に飛び乗るのは、日本人ぐらいなものでしょうか。0xF9D1

Munich

 0xF9A4「タラン、タンタ、タ~ララン、タ~ラ~ン」(「世界の車窓から」のテーマで)

 0xF8D7「今日は、ドイツ鉄道、ミュンヘン郊外の車窓からお送りします」

 車内です。広くて、とても綺麗です。

 広軌(新幹線と同じレール幅)なので、車両自体の幅が広く、隣の座席との間隔に余裕があって、ゆったりしています。

 また、フランスの鉄道は、落書きだらけで、座るのも躊躇してしまうほどの汚ったない座席でしたが、ドイツの鉄道は、とても清潔な感じがします。

 空港の清潔さといい、駅ナカの清潔さといい、国民性が表れているといっていいでしょうか。これでまた、ドイツが好きになってしまいました。0xF9CB

 空港からミュンヘン中央駅までは、約40分です。

Munich

 ということで、ミュンヘン中央駅に到着です。
(Sバーンの到着は、地下ホームです)

 いや~、広いですね~。まさに、「ヨーロッパの駅」という感じです。0xF9CF

Munich

 ICE(Inter City Express、イー・ツェー・エー)も含め、新旧の車両が入り乱れています。

 ヨーロッパ鉄チャンには、たまらない光景かと。

 ここから、パリをはじめ、ヨーロッパ各国の都市に行くこともできます。

Munich

 駅前のロータリーです。

 ミュンヘンのタクシーは、クリーム色に統一されているようです。

Munich

 写真中央のレンガ色の建物が、今回泊まった「Europäischer Hof」(ユーロパイシャー・ホフ)というホテルです。

 ミュンヘン中央駅のすぐ側で、カールス広場やマリエン広場に近く、また現地ツアー会社のMy Bus社の集合場所(カールシュタット)にも近いことから、ここにしました。

Munich

 駅に近すぎるので、騒々しいかなと思っていたのですが、中庭に面した「Comfort Double Room facing Inner Courtyard」にしたので、 とても静かでした。
(ドイツがワールドカップで勝利した夜を除いて)0xF9C7

 コンフォートというだけあって、なかなかに広いです。

 インターネット環境も整備されており(有料)、2Fのバンケットルームには、自由に使えるPCが設置されています(無料)。

 3泊(朝食付き)で、601ユーロ(68,636円)でした。

Munich

 ちなみに、ドイツでは、ある一定以上のクラスのホテルに泊まらないと、「シャワーはあってもバスタブがない」ということがあるそうです。お湯に浸かりたい場合には、ホテルの予約時に、「バスタブ付きであるかどうか」、確認が必要かと。

 また、写真の左端にちょこっと写っていますが、ドイツの電源コンセントの形状は、「C」か「SE」です。デジカメやスマートフォンなどのディジタルガジェットを持って行かれる方は、変換アダプタをお忘れなく。
(電圧は230V、周波数は50Hz)

 ということで、

 0xF8D7「次回は、ミュンヘン中央駅からオリンピックセンター駅までを、お送りします」

 0xF9A4「タラン、タンタ、タ~ララン、タ~ラ~ン」

(つづく)

2010/06/28

(この記事は、現地2010年6月25日のものです)

 さて、現地のBMWディーラーを偵察してみることにします。

Munich Justizpalast

 ここは、カールス広場から少し歩いたところ。向こうに見えるのは、ミュンヘンの裁判所(Justizpalast)です。

 さしずめ、ミュンヘンの霞ヶ関といったところでしょうか。
(ワールドカップ期間中なので、ドイツ国旗を掲げたクルマが、たまに走っています)

Munich Justizpalast

 こんなクルマも、ふつーに走ってたりします。(こわっ)0xF9C7

BMW Dealer in Munich

 こちらが、Uバーンのカールスプラッツ駅を出たところにある、BMWのディーラーさん。

BMW Dealer in Munich

 外では、New 5 Series(F10/F11)の試乗会をしています。

 お客さんが乗り込んで、つぎつぎに出て行きます。

BMW Dealer in Munich

 別の方向から。

BMW Dealer in Munich

 店内です。とても広く、開放的です。

BMW Dealer in Munich

 カフェもあります。

BMW Dealer in Munich

 地下まであります。

BMW Dealer in Munich

 この日は、LEGO社(デンマーク)との協同イベントをやっていたようで、お子チャマが大量にいます。

 ひととおり店内を見終わって、外に出たところ、ヤバいものを発見してしまいました。0xF8F2

BMW Dealer in Munich

 テントの中に、M3 Coupeが設置してあるのですが、なんだかブンブンいってます。ボディーがガクガク揺れてます。0xF9AD

 こっ、これはっ!! もしかして。

BMW Dealer in Munich

 テントの周りをうろうろしていたところ、BMWなお姉さん(写真左端のブルネットの方)から、

  • お姉さん: 「体験してみませんか?」
  • 職人:   「えええっ、いいんですか???」
  • お姉さん: 「どうぞ、どうぞ」

 ってことで、ドイツの地に来て、M3 Coupeに乗ることになりました。0xF9CF
(といっても、シミュレーターですが)

 ゲストカードに、ひととおりの情報を書き込み終えたころ、

  • お姉さん: 「ドライバーズライセンスを見せていただけますか?」
  • 職人:   「えっ? あのっ、日本の免許証しか持ってないんですけど」(と、免許証を見せる)
  • お姉さん: 「あら、そうでしたか。わかりました。では、あなたが日本の良いドライバーであることを信用しましょう」

(あっ、すみません。決して“良い”ドライバーではないんですけど・・・。ま、いっか)0xF9C7

 ってことで、さっそくチャレンジ。

BMW Dealer in Munich

 係りのお兄さんが、ひととおりの操作方法を教えてくれます。

  • お兄さん: 「ブレーキとクラッチを踏み込んで、シートポジションを調節してください」
  • 職人:   「はい」
  • お兄さん: 「ピットロードからスタートして、コースを1周して、チェッカーフラグを受けてください」
  • 職人:   「はい」
  • お兄さん: 「操作方法は、普通のクルマと変わりません」
  • 職人:   「はい」
  • 職人:   「日本でM3 Coupeに乗っているので、大丈夫だと思います」
  • お兄さん: 「オォ~ォ、それではぜんぜん問題ないですね」

(いやいや、これがぜんぜん問題あったのでした・・・)0xF9C7

BMW Dealer in Munich

 フロントウィンド全面にスクリーンが貼ってあり、そこにコースの情景が映し出されています。

 アクセルやブレーキの感じは、実車とまったく同じです。(当たり前ですが)

 ハンドルを切ると、実際にステアリングが動き、さらに、ボディーの下にアクチュエーターが設置してあり、ステアリングの動きやコースの状態に合わせて、ボディー全体がガクガク動きます。

 これはかなり凝ったシミュレーターです。

 んが、しか~しっ!! これは6速マニュアルなのでした。

 6速マニュアルは、試乗会の時にしか乗ったことがなく、さらに周りには、すでに多くの人集りができ始めています。皆さん、モニターや車内に見入っています。

 いくらPS3で練習しているとはいえ、極限の緊張状態の中で、華麗なドライビングをきめられる筈もなく・・・。0xF9FC
(クラッチ、重いよ~)

 と、とりあえず完走。(脱力)

(お兄さ~ん!! 今度は、M-DCTの、持ってきといて~!!)0xF9C7

BMW Dealer in Munich

 記念に、BMWなお姉さん達を、パシャ。0xF8E2
(写真慣れしているというか、決めポーズをしてくれました)

 いや~、それにしても、ヨーロッパのお姉さま方、皆さんとてもお綺麗です。

  • お姉さん: 「どちらからいらしたのですか?」
  • 職人:   「日本です」
  • お姉さん: 「それはそれは、遠くから」
  • お姉さん: 「日本では、なにに乗られているのですか?」
  • 職人:   「M3 Coupeです」(と、Xperiaに映した写真を見せる)
  • お姉さん: 「オォ~ォ、それはすごいですね。日本では、とても高いのではないですか?」
  • お姉さん: 「日本にはLEXUSがあると思いますが、なぜLEXUSに乗らないのですか?」
  • 職人:   「えっ、あっ、あの、BMWのクルマが一番だからです」
  • お姉さん: 「オォ~ォ、それはありがとうございます~!!」(ハグハグ)0xF9CB

(あっ、すみません、創作がありました。ハグはしてません)0xF9C7

 ということで、またも、思い出に残る一日となりました。

〔おまけ〕

 わずか数分間の体験だったとはいえ、職人的には、Le Mans 24時間耐久レースにでも出たような疲労感です。

BMW Dealer in Munich

 ということで、すぐ近くのカフェに入って、

BMW Dealer in Munich

 地ビールを。

 ぷひゃ~!! 昼からビール、まいう~!!0xF9CF

 本日の戦利品です。ノベルティーのグミ(みたいなもん)と、シミュレーター体験の時に腕に付けてくれたハンドタグです。

 ハンドタグには、「Freude ist BMW」と書いてあります。直訳すると、「歓び、それはBMW」となるでしょうか。

 本当に、楽しい体験でした。0xF995

2010/06/27

(この記事は、現地2010年6月23日のものです)

 さて、今日は、いよいよ「BMW Welt」に行く日。0xF9F8

 まずは、ミュンヘン中央駅(Hauptbahnhof)からスタートです。

Munich Hauptbahnhof

 駅前の広場です。トラム(路面電車)の乗降場にもなっています。

 この下に、Uバーン(地下鉄)の駅があります。

 と、その時です。

BMW Spy Shot

 向こうから、怪しいクルマが近付いてきます。

 こっ、これはっ!!

BMW Spy Shot

 BMWのテスト車両ではないですかっ!!0xF8F2

 擬装されてはいますが、New 5 Series(F10)のようです。すでに発売開始されていますので、これは改良に向けたテスト中のものでしょうか。
(後から気付いたのですが、ドライバーがこちら側に乗っているということは、このクルマは右ハンドル仕様ですね)

 あまりのことに呆気に取られて、すぐ前のVWが歩行者待ちで停まっていてくれなかったら、危うく撮り逃すところでした。

 まじまじ眺めていたら、ドライバーのお兄さんと目が合ってしまいました(サングラスを掛けていましたが)。きっと、「なんじゃ、この東洋人は?」と思ったことでしょう。

 いや~、それにしても、こんなことがあるのですね。BMW Weltに向けて、幸先の良いスタートがきれました。0xF9CF

〔おまけ1〕

 別の日の夕刻、マリエン広場に向かっていたところ、まったく同じ場所で、


BMW Polizei

 なにやら騒々しいことになっています。

 E91のパトカーと、E39のパトカーです。当然のことながら、こちらでは、パトカーもBMWやMercedesです。

 この場所は、職人にとって、ラッキーポイントのようです。

Green City

 向こうから、楽しそうな音楽が流れてきます。

 どうやら、パレードが通るようです。

Green City

 木の精と、花の精でしょうか。

 お姉さんが渡してくれたビラに、Green Cityと書いてあったので、緑化運動のパレードのようです。

 その傍らで、

BMW Polizei

 容赦ないです、婦人警官さん。この後、すぐ後のPeugeotもエジキに。0xF9C7
(制服がちょっと違うので、交通取り締まり員のお姉さんかも?)

 ドイツでも、都市部では、駐車場事情がよくないそうです。大きな通りでも、路駐の嵐です。

 その一方で、取り締まりは厳しいようです。どこの国でも、同じですね。

〔おまけ2〕

 ちなみに、「POLIZEI」(ポリツァイ)のデカールは、BMWの純正部品で取れます。


BMW Polizei

 警察仕様にしたい方は、どうぞ。0xF9F8
(部品コードは、コメント欄にてお問い合わせください)

2010/06/24

 どこぞによくあるポスターから、パチってきた訳ではありません。モノホンです。

Scholoss Neuschwanstein
(クリックで拡大)

 ノイシュヴァンシュタイン城。まるでおとぎ話から抜け出てきたようなお城ですが、それもそのはず、ディズニーの「シンデレラ城」のモデルともなったお城です。

(以下、帰国後編集)

2010/06/23

 10,000kmの距離を越えて。つ、ついに・・・、

BMW Welt

 Bimmerの聖地、BMW Welt(BMW World)でありますっ!!

(以下、帰国後編集)

 1  |  2  |  3 | Next