SOARISTO工房 Logo

BMW Welt -- How to Go (2) --

2010/07/03

(この記事は、現地2010年6月23日のものです)

 さて、こんなハプニングもありましたが、仕切り直して、ミュンヘン中央駅(Hauptbahnhof、ハウプト・バーンホーフ)からスタートです。
(テスト車両と遭遇したのは、このすぐ先の交差点です)

Munich U-Bahn

 ここが、Uバーン(地下鉄)の入口です。
(もっと大きな入口がありますが、この入口がホテルに一番近かったので)

 「BMWワールド」(BMW Welt、べーエムヴェー・ヴェルト)があるのは、「オリンピックセンター駅」(Olympiazentrum、オリンピア・ツェントゥルム)というところです。

 ミュンヘン中央駅からオリンピックセンター駅へは、「U4」(または「U5」)で「オデオンプラッツ駅」(Odeonsplatz)まで行き、「U3」に乗り換えます。

Munich U-Bahn

 とりあえず、U4(またはU5)目指して進みます。

Munich U-Bahn

 U4(およびU5)の入口です。

Munich U-Bahn

 これが、切符の自動販売機です。

 左側がドイツ語専用、右側が各国語対応になっています。

Munich U-Bahn

 まずはじめに、田舎モンのようにモタモタしないように、小銭かカードかを用意します。小銭は、フランスのように、「お釣りが出てこない」、ということはないので、安心してください。カード決済もできますが、たしか、MasterCardしかダメだったような。

 つぎに、各国の国旗が書いてある、真ん中のボタンを押します。液晶ディスプレイの表示言語が、ドイツ語→英語→フランス語→イタリア語という風に、変わっていきます。

 切符は、「どの駅からどの駅まで」という買い方ではなく、「どのゾーンからどのゾーンまで」という買い方になります。

 ミュンヘンの鉄道は、4つのゾーンに分かれていて、ミュンヘン中央駅とオリンピックセンター駅とは、いずれも内郭エリア(Innenraum、写真の地下鉄マップの白色のエリア)に含まれているので、「1 Zone」ということになります。
(ゾーン分けについての詳細は、こちら

 「1 Zone」の値段は、2.40ユーロ(片道)となりますが、ミュンヘン市内であちこち乗り降りすることを考えると、2人連れであれば、ペアチケット(9.40ユーロ/2名、内郭エリア1日周遊券付き)を買った方が、お得です。

 ということで、「Partner-Tageskarte(Innenraum)」というところのボタンを押します。

Munich U-Bahn

 前述のとおり、ドイツの鉄道には、改札口がありません。写真中央にある、小さな青い機械(刻印機)に切符を入れて、乗車時刻をパンチします。

 ということは、簡単に無賃乗車ができちゃう訳ですが、覆面の検札員が、屈強なお兄さんとともに、駅構内や車内を見回りしているそうです。もし無賃乗車がバレると、高額な罰金(40ユーロ)を取られるだけでなく、尋問のために鉄道詰め所に連行されるそうなので、くれぐれもしないように。0xF9C5
(外国人といえども、容赦ないそうです)

 フランスの地下鉄には、入口にも出口にも、堅牢な改札口があり、無賃乗車ができないようになっていましたが(それでも共連れで突破していくヤカラがいましたが)、ドイツの皆さんは、誠実というか、規律を守るというか、倫理観が高いことが伺えます。ヨーロッパの国々の中でも、日本人に気質が近いといわれる所以も、ここら辺にあるのでしょうか。
(日本人の中にも、倫理観の低いヤカラはいますが)0xF9D1

Munich U-Bahn

 とりあえず、U4(またはU5)に乗って、2つ先の「オデオンプラッツ駅」まで行きます。

Munich U-Bahn

 ミュンヘン中央駅の地下ホームです。

Munich U-Bahn

 日本の地下鉄のように、駅名の左右に、「あっちはナニ駅」、「こっちはナニ駅」とは書いてありません。

Munich U-Bahn

 と思ったら、ここに書いてありました、次の駅名が。

 架線がないと思ったら、ミュンヘンの地下鉄は、第三軌条方式なんですね。
(おっと、あまり難しい言葉を使うと、もと鉄チャンだったこと(小学生のころ)がバレてしまう)0xF9C7

Munich U-Bahn

 「出発時間」ではなくて、「到着まであと何分か」が表示されています。こんな違いも、面白いですね。

 2番ホーム(Gleis 2)からの電車に乗れば、U4であってもU5であっても、「オデオンプラッツ駅」に着きます。

Munich U-Bahn

 電車が滑り込んできました。

 当然ながら、ドイツは右側通行なので、日本とは逆方向から電車がやってきます。

Munich U-Bahn

 前述のとおり、ドイツでは、ドアは自動で開きません。

 この電車は旧型車両のため、ドアの合わせ目あたりのレバーを右(または左)に動かすと、ドアが開きます。

Munich U-Bahn

 0xF9A4「タラン、タンタ、タ~ララン、タ~ラ~ン」(「世界の車窓から」のテーマで)

 0xF8D7「今日は、ミュンヘンの地下鉄の車窓からお送りします」

 パリの地下鉄の、落書きだらけで汚ったない車内とは大きく違って、ミュンヘンの地下鉄は、とても綺麗です。乗っている人の身なりも、きちんとしています。

Munich U-Bahn

 ということで、「オデオンプラッツ駅」に着きました。

 つづいて、「U3」目指して進みます。

Munich U-Bahn

 U3への連絡通路です。U4(またはU5)の進行方向、前方にあります。

Munich U-Bahn

 オデオンプラッツ駅の「U3」のホームです。

 1番ホーム(Gleis 1)から、「オリンピア・ショッピングセンター駅」(Olympia-Einkaufszentrum、オリンピア・アインカウフツェントラム)行きの電車に乗ります。

 今度は、新型車両のようです。

Munich U-Bahn

 新型車両は、LEDがチカチカしているところ(ドアの合わせ目あたり)をタッチすると、ドアが開きます。

Munich U-Bahn

 0xF9A4「タラン、タンタ、タ~ララン、タ~ラ~ン」(しつこい?)0xF9C7

 新型車両の車内です。もの凄くハイセンスなデザインです。

 座席自体のフォルムもそうですが、座席全体が、車両中央に向かって三日月状に緩やかにラウンドしています。まるで、Bang&Olufsenのデザインのようです。0xF9CF

Munich U-Bahn

 ということで、感心しているうちに着きました、「オリンピックセンター駅」(Olympiazentrum、オリンピア・ツェントゥルム)に。
(同じ「Olympiaなんとか駅」ですが、終点の「Olympia-Einkaufszentrum駅」とは違いますので、乗り過ごさないように)

 表示板に、BMWワールドは、「←あっち」って書いてあります。

 いや~、ワクワクしますねぇ。一体、どんなところなんでしょう。0xF9CF

(つづく)←と、もったいぶる。0xF9F8

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/646

Post Comment