SOARISTO工房 Logo

Cooling Master? -- Improve the Pump(4) --

2010/12/25

 前回の続きです。

Improve the Pump

 本日の「お献立」ですが・・・、

 パネル後面に、「パネルマウントノズル」を取り付けたいのですが、以前に書いたとおり、各種パーツがインチ系列で作られているため、ナットの径が、25/32インチ(約20mm)とかいう、とんでもなく中途半端なサイズになっています。

 19mmや21mmのレンチは持っているのですが、20mmとかいうサイズは持っていません。

 また、パネル後面にノズルを取り付ける際、ナットで直接締め付けるのではなく、途中にワッシャーをかましたいのですが、このワッシャーの経も、17mmとかいう、普通には無いサイズになっています。

 いずれも、近所のホームセンターを、2~3軒ハシゴしたのですが、見つかりませんでした。
(部品代より、ガソリン代の方が多く掛かっとるやないかいっ!!)

 ワッシャーは、TOTOの水道用のものが使えるかと思いましたが、経が16mmなので、ダメでした。

 ほとほと困り果てていたところ、ワッシャーについては、ある時、「ピカ~ン!!」と閃きました。

 「そうだ、オイルパンの下にある、ドレンボルトのパッキンが使えるのではないか。たしか、車種別にいろいろな経があったし。しかも、ゴムでなく、堅いパッキンがあったな」、と。

 ということで、瞬速で、近くの東雲の"超自動車裏方"へ。

 結果は、「ビンゴ~!!」でした。ダイハツ車用のパッキン(ガスケット)が、ちょうど17mmで、バッチリ合いました。
(写真では、ゴム製のように見えますが、硬質の紙系のガスケットです。がっちり締め付けるには、ベストな素材です)

Improve the Pump

 つづいて、20mmのレンチですが、

 東急ハンズを何気なくフラフラするのが趣味でして、渋谷店や横浜店に、よく出没するのですが、久しぶりに新宿店を物色していたところ、

 なんとっ!! 「棚卸し処分品」ということで、インチ経のメガネレンチが、200円で出ていました。
(KTCの「3/4 - 25/32」のメガネレンチで、普通に買うと、おそらく2~3,000円ぐらいはすると思います)

 いやぁ、掘り出しモノを見つけました。
(といっても、インチ系列のレンチなど、他に使い道が無さそうなので、この後どうしようかと悩みますが・・・)

Improve the Pump

 ということで、無事、組み付け完了です。

Improve the Pump

 DCポンプのIN側です。

 最終的には見えなくなるところですが、KOOLANCE製のちゃんとしたクランプを使っています。

Improve the Pump

 DCポンプのOUT側です。

 以前に書いたとおり、45°のフィッティングを使って、緩やかに繋げようと思っていたのですが、バーブノズル間の距離が予想以上に短く、途中でチューブが"折れて"しまうため、けっきょく、OUT側を20mmのフィッティングで延長して、L字型のエルボーで繋ぐことにしました。

Improve the Pump

 チューブは、保管時や輸送時にトグロを巻かせるので、"クセ"が付いてしまっています。

 このクセを取るためには、まず人肌より少し温かいお湯に付けて、全体を柔らかくしてから(お風呂に入ったついでに、湯船に浸ける)、平らなところに軟着テープで固定して、徐々に冷やします(フローリングと壁の巾木との間に追い込んで固定する)。

 つぎに、チューブを接続した後に、ヒートガン(ドライヤーで代用可)で暖めて、徐々に冷やし、また"暖めては冷やし"を繰り返し、その場の状況に慣れさせる(接続点の位置関係に合わせて変形させる)ようにします。

 ということで、これにて、ほぼ「Aquagate Max」の改造が終わりました。

 1日も早く、強化したDCポンプを稼働させて、蛍光グリーンの液体を、ドクドク流させるのが、楽しみです。

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/695

Post Comment