SOARISTO工房 Logo

Tokyo Auto Salon 2012

2012/01/13
[ Car, Event ]

 たまには気分転換ということで、平日に休みを取って、久しぶりに「東京オートサロン」に行ってきました。

auto-salon01.jpg

 会場は、例年のとおり、幕張メッセ。

 昨年末の「東京モーターショー」は、東京ビッグサイトで行われたことを考えると、少し複雑な気持ちになります。

auto-salon02.jpg

 今回も、juinさんのお取り計らいにより、特別招待日に入ることができました。

 特別招待日(初日午前中)は、“サイレントタイム”となっており、ズンドコ耳障りな大音響はありません。また、基本的にプレスや業界関係者が中心に招かれているため、比較的ヒトが少なく、ゆっくり見て回ることができます。

 このイベント、以前にも書きましたが、しばらく前からヤ○キー仕様(あるいはチ○ピラ仕様)の祭典となっているため、見るべきモノはありません(キッパリ)。また、次なる創作に向けてインスパイアされそうな、“新たな発見”などの期待もまったくしていないので、お目当てのモノだけチェックして、早々に撤収することにします。0xF9D1

 ということで、見たいとこだけ・気になったとこだけ、ダイジェスト。

bbs02.jpg

 まずは「日本BBS」さんのブース。

bbs01.jpg

 M3 Coupeが履いているこのホイール。これが見たかったのです、これが。

bbs03.jpg

 日本BBSさんの新作、「RI-D」。

 市販車用としては、世界初の航空機用ジュラルミン(A-7000系)を使用した、超超ジュラルミン鍛造1ピースホイールです。

bbs05.jpg

 「LM-R」と同様、スポークの内側が肉抜きされて(刳り抜かれて)います。

 試しにスポークの部分を指で触ってみると、「これで(強度的に)大丈夫か?」と思うくらい薄く細くなっています。高強度の超超ジュラルミンだからこそできる、薄さとデザインですね。

bbs04.jpg

 こちらは、LEXUS IS-F用。

 外径は同じ19インチですが、M3 Coupe用の方が、スポークが奥行き方向にラウンドしており、ホイールが深く見えます。

 BMW系とTOYOTA系とでは、オフセットが異なっていることから、見え方も違って見えるのでしょう。

bbs06.jpg

 同じく「RI-D」。19×9.0Jで、7.4kgです。

 BBSの他のシリーズで、10.0~11.0kg台、マグネシウム鍛造ホイール(RE-Mg)でも9.0kg台なので、7.4kgというのは驚異的な軽さです。0xF9CF

bbs07.jpg

 こちらは、超超ジュラルミンを使った別のデザイン(参考出品)。

 10本スポークの繊細なデザインで、ハイパフォーマンスセダンに似合いそうです。

 以下、参考出品されていたホイールです。

bbs08.jpg

 BBSでは珍しい、スター型のデザインの、「FR」(仮称)。

 スポークがリムに交わる部分が、非常に複雑な造形をしています。加工が難しそうです。

bbs09.jpg

 センターキャップを採用した、「J548」(仮称)。

 8本スポークの2ピース(あるいは3ピース)ホイールなので、「RS-GT」のセンターキャップ版という感じです。その昔のBBSホイールをご存知の方は、懐かしく感じられるのではないでしょうか。

bbs10.jpg

 10本スポークの繊細なデザイン、「J547」(仮称)。

 センターキャップに近い、スポークがクロスしてメッシュのようになっている部分が特徴的です。

bbs11.jpg

 Porsche用。

 こちらも、スポークの部分が刳り抜かれています。

bbs12.jpg

 ベントレーやアストンマーチンをはじめ、世界の名だたるハイパフォーマンスカー達が履く、BBSのOEMホイール。

bbs13.jpg

 tom_ariさんとjuinさんにくっついて、商談ルームでちょっと休憩。0xF8D1

 ○○さんや○○さんなどの、貴重なお話をお伺いすることができました。

gt01.jpg

 つづいて、「Gran Turismo」のブース。

gt02.jpg

 「Gran Turismo Red Bull X2010」。

 現行のF1のレギュレーションをすべて無視して、とにかく速いクルマを作ろうとすると、このようなデザインになるそうです。

 最初はゲーム用の架空のクルマでしたが、その後、実車化されました。

gt03.jpg

 お約束のプレイコーナー。

mmm01.jpg

 こちらは、「ALPINA風デコライン」の時にお世話になった、「住友3M」さんのブース。

mmm02.jpg

 「カーラッピングサービス」の紹介で、住友3Mさんのスタッフが直営で、自宅をはじめ指定の場所まで来てくれて、施工してくれるのだとか。

#職人の場合には、すでに530i M-Sportで、いち早くカーボン調ルーフを試してますが。(2005年)

mmm03.jpg

 柔軟性の高いシートで、アールのきつい曲面にも、しっかりフィットしています。

#凹のきつい部分は、さすがに分割して貼り込んでいますが。(勉強になります)

isme01.jpg

 シートの張り替えで有名な、「iS.ME」さんのブース。

 こちらのM3 Coupeは、メタリック調のシートでフルラッピングされています。

isme02.jpg

 写真では分かりにくいのですが、ヘアライン入りのステンレスっぽい感じのシートです。

isme03.jpg

 内装は、レザーおよびアルカンターラでフルカバーされています。

 以上、下品なヤ○キーカーやチ○ピラカーは一切サプレスして、会場からお伝えしました。0xF8D7

〔関連情報〕
   ・富山巡礼の旅 ~日本BBS訪問~

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/792

Post Comment