SOARISTO工房 Logo
2012年7月 Archive
 Previous |  1  |  2 
2012/07/13
[ Car, Police ]

リモコンで見えなくなるナンバープレート装着
(2012年7月13日:読売新聞)

 高知県警交通指導課は12日、ナンバープレートをリモコンで見え隠れさせる可動装置を取り付けるなど乗用車を不正に改造し、運転したとして、高知県香南市内の会社員の男(21)を道路運送車両法違反(不正改造、登録番号標表示義務違反)と道交法違反(整備不良車運転)の疑いで地検に書類送検した。

 発表では、男は車に可動装置や黒いフィルムを窓ガラスに装着するなどし、6月20日午前6時40分頃、高知市内の県道で運転した疑い。不正改造車の取り締まりをしていた同課と高知運輸支局が発見して取り調べた。

 同課によると、可動装置はインターネットで購入したもので、前のナンバープレートに装着。リモコンで操作すると、バンパーの下に潜り込むようになっていた。男は「(改造で)目立ちたかった」と話しているという。

 21歳にもなって、「改造で目立ちたかった」というもの幼い感じがしますが、どんなもんかと検索してみたところ、某オークションにもいくつか出品されていました。

#みんカラにも、装着して嬉しがってるヤ○キー車両がいるようですが。0xF9D1

 こういうことらしいです。

 洋の東西を問わず、考えることは同じなようで・・・。

#そりゃまぁ、物理的に隠蔽したら、捕まりますわな。物理的にやるから問題になる訳で、光学的にやれば(以下、280ps自主規制)。

 青色LEDの電飾てんこ盛りで、ち○どん屋みたいになっちゃってるBMWがいたりしますが、同じLEDを使うのでも、もちっと金とアタマの使いようがあろうものかと。0xF9D1

#まぁ、確たるポリシーも無く、ショップに言われるがままに金を払っていたら、そうなりますわな。ヒトはそれを、「オリジナリティー」とか言うらしいですが。

 前回の続きです。

 まずは、マイクロフォンアンプユニット(以下、MAU)を作製します。

mau01.jpg

 こちらが、今回のシステムのキモとなる、「マイクロフォンアンプIC」です。

 「オートレベルコントロール」機能を持っており、微小な音は伸張して、過大な音は圧縮して出力してくれます。エンジンやマフラーの音を拾うには、まさに打って付けのICです。

mau02.jpg

 こちらは、今回のもう一つのキモとなる、「エレクトリックコンデンサーマイク」(以下、ECM)です。

 なんといっても、「音の入口」ですから、このECMの特性が、音のリアリティーを左右するといっても過言ではないでしょう。

mau03.jpg

 周波数特性を示すグラフです。

 一般的に入手しやすいHoshiden製のECMは、10kHzを過ぎた辺りから感度がガタ落ちになりますが、このPanasonic製のECMは、20Hz~16kHzまで、ほぼフラットな特性を持っています。

kn_filter06.jpg

 「吸気音の比較」の時に使ったSony製の小型ステレオマイク(ECM-MSD1)も、高域側は16kHzまでの特性を持っていました。

mau04.jpg

 せっかくなので、電子部品にも拘ってみました。価格は倍ぐらいになりますが、オーディオ用の低ノイズ/高精度なものを選びました。
(倍といっても、通常20円ぐらいのものが、40円ぐらいになるとかいうレベルですが)

#秋葉原をあちこち探したら、Philips製の抵抗(30円)なんかが置いてあって、密かに感動。

mau05.jpg

 ユニバーサル基板は、ノイズ対策のために、シールドパターン付きのものにしました。

 表面(部品側)が、すべてシールドパターンで覆われています。

mau06.jpg

 プラスチックボックス(以下、プラボックス)は、エンジンルーム内に設置することを考えて、耐熱性のあるものにしました。

 大きさは、55mm(縦)×40mm(横)×20mm(厚)と、かなり小型のものです。

mau07.jpg

 ケーブルも、エンジン(またはマフラー)から車内に引き込む距離のことを考えて、シールド線にしました。

 柔軟かつ耐熱性のあるものです。

 さて、順番が逆になりましたが、今回、なぜMAUを作ることにしたか(マイクロフォンアンプICを使うことにしたか)、簡単に説明します。

 当初は、ECM(マイクロフォン)を4ヶ所に設置し、そこからケーブルを引き込んで、センターコンソール内に設置するSMU(Sound Mixing Unit)で混合・増幅して、オーディオシステムから再生するように考えていました。その方が、回路的に簡単になるためです。

 しかしながら、ECMからの出力は、数mV程度(マイクロフォンレベル)しかなく、ただでさえノイズの多い環境の中をセンターコンソールまで引き回しているうちに、信号なんだか雑音なんだか、分からなくなってしまうことが容易に予想されます。

 そこで、回路としては多少複雑になりますが、ECM近傍で信号をラインレベル(数100mV~1V程度)まで増幅してから、センターコンソールまで持ってきて、そこで混合するような構成にしました。

 また、使用するパーツも、一般制御用のものではなく、できるだけオーディオ用(またはノイズ対策が取れるもの)を使うようにしました。その結果が、前述のようになります。

mau08.jpg

 ついでに、ハンダもオーディオ用のものにしました。

#ここまでくると、ほとんど宗教みたいなもんです。効果のほどは、分かりません。0xF9C7

mau09.jpg

 なお、オーディオ用の部品はここ、東京ラジオデパート内の「海神無線」さんで、だいたい手に入ります。
(まぁ、秋月でも千石でも大丈夫ですが)

 実は、前々からアイデアとしては持っていたものなのですが・・・。

f10m5-01.jpg

 New M5(F10)に搭載された数々の新機軸の一つに、

f10m5-02.jpg

 「アクティブ・サウンド・デザイン・システム」(以下、ASDシステム)というものがあります。

 これは、New M5のV8ツインターボの音を、エンジン回転数、スロットル負荷、車速といったデータから音量や周波数を変化させ、車内のオーディオシステムから再生する、というものです。

 とても面白い機構ですが、よくよく考えると、ドライバーやパッセンジャーは、コンピュータによって“味付けされた”エンジン音を聞かされている、というようにも取れます。

f10m5-03.jpg

 こちらは、トランクルーム内に設置されたASDシステムのコントロールユニットです。

 海の向こうのBIMMERの間では、このASDシステムについて多くの物議を醸しており、特にM5POST.comでは、日々、熱い議論が交わされています。

 極め付けは、こちらの映像。フューズボックス内のフューズを抜いて、ASDシステムのONとOFFとで、エンジン音の聞き比べをしています。

 皆さんは、どちらの音が好みでしょうか。

#いずれにしても、ONとOFFに関わらず、かなり「サイボーグ」な音ですね。

realsound01.jpg

 で、ですね、このASDシステムの賛否はともかく、

 以前に「吸気音の比較」をした時から、「このエンジン音を、車内で聴けたら面白いんじゃないかな」というアイデアは持っていたのですが、例のごとく、忙しさにかまけて放ったらかしにしていました。

 New M5用のASDシステムを、M3 Coupeに移植してしまう、という究極の方法もありますが(実際、WDS(Wiring Diagram System)を解析すれば、CAN信号をASDシステムのコントロールユニットに入力して、出力をオーディオアンプに接続すれば、割と簡単にできてしまうように思います)、New M5の疑似音をM3 Coupeで聴くというのも、何とも情けない話なので、ここでは「リアル」にこだわることにします。

 上記の図をご覧いただくと、職人が何をしようとしているのか、だいたいご推察いただけるものと思います。0xF9F8

 ということで、久しぶりのクルマのDIYとなりますが、実験(検証)、開始っ!!

〔関連情報〕
   ・【ビデオ】"偽のエンジン音"を車内に響かせる「M5」の装置はホントに魅力!?
   (2012年4月28日:Autoblog Japan)
   ・F10 M5 Active Sound Disabled (DIY and Audio Clips)
   (2012年4月22日:M5POST.com)

 Previous |  1  |  2