SOARISTO工房 Logo

プロジェクターの取付(3)

2012/08/26

 またも、だいぶ間が空いてしまいましたが、前回の続きです。

 大人の夏休みも終盤を迎え、そろそろ本気で“夏休みの工作”に取り組まなければなりません。

#まぁ、プロジェクターを購入してから、4年近くも放ったらかしなので、いまさら焦る必要もないのですが。

 天井裏や壁の中にケーブルを通すには、「シアターパネルの製作」の時にも使いましたが、

theater01.jpg

 このような「通線機」を使います。

#一般のご家庭には、あまりないツールだと思いますが。0xF9C7

sxrd02.jpg

 第一段階として、プロジェクターの吊り下げ位置から、側面の壁にある中間地点まで、HDMIケーブルとVVFケーブル(電源ケーブル)を通します。

 VVFケーブルは、プロジェクター(VPL-VW60)がアースを必要とするため、3芯のものを使いました。

sxrd03.jpg

 第二段階は、ちょうど良いところに、24時間換気のためのダクトがあったため、それを丸ごと外して作業口として使い、中間地点からケーブルを通しました。

sxrd04.jpg

 中間地点となる作業用の穴は、壁掛け時計があったところです。

 壁に開けた穴は、クロス屋さんから教えてもらった「重ね切り」の技を駆使して、跡形もなく元に戻す訳ですが、“できるだけ目立たない位置に”ということで、壁掛け時計の裏にしました。

sxrd05.jpg

 壁に開けた穴の内面は、顔が入らないので(当たり前ですが)、デジカメで撮影して状況を確認しながら、作業を進めます。

sxrd01.jpg

 HDMIケーブルは、AVアンプ(TA-DA5400ES)の裏側にちょうど来る高さにコンセントホールを作り、そこから通しました。(撮影用に、カバーは外してあります)

 VVFケーブルは、もともとあったコンセントから、電源(およびアース)を取りました。

 ということで、今回の最大の関門であった、HDMIケーブルとVVFケーブルの通線が終わりました。

#ちなみに、電源ケーブルの敷設やコンセントの増設など、自家用電気工作物の工事をするためには、電気工事士の資格がないと法令違反となってしまいますので、ご注意ください。

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/844

Post Comment