SOARISTO工房 Logo

Matsumoto(2) - Suzuki Method -

2012/09/07

 松本を散策していたところ、奥さんが、「松本観光マップ」の中に、ヴァイオリンの絵が描かれている建物を見つけました。

   妻:「『鈴木鎮一記念館』って・・・」

   妻:「え~っ!! もしかして、『スズキ・メソード』の鈴木さんかも?」

 ということで、急遽予定変更です。0xF8BF0xF9AD

matsumoto01.jpg

 こちらが、その「鈴木鎮一記念館」です。

matsumoto02.jpg

 鈴木鎮一氏のご自宅を、記念館として開放されています。

 「スズキ・メソード」とは、音楽を通じて心豊かな人間を育てることを目的とする教育法で、その名のとおり、鈴木鎮一氏(1898-1998年)によって考案されたものです。

 その一つが、児童に向けてのヴァイオリン奏法の教育です。

matsumoto03.jpg
(館内は、許可を得て撮影しています)

 鈴木鎮一氏とヴァルトラウト夫人。

 氏の教育法は、才能教育研究会よって広められ、その教育理論は、日本よりも欧米で、とりわけ米国で高い評価を得ています。(Wikipediaより要約)

matsumoto04.jpg
(館内は、許可を得て撮影しています)

 広間です。数々の偉業や功績を称える品々が展示されています。

 ここで生徒さん達を集めて、ミニコンサートも開かれていたとか。

matsumoto05.jpg
(館内は、許可を得て撮影しています)

 氏が使われていたヴァイオリン(のケース)。

matsumoto06.jpg
(館内は、許可を得て撮影しています)

 ぬぬっ。こっ、これはっ!!

 井深 大氏ではないですか。なぜにSonyの創業者と!?
(そっちに驚くか?)0xF9C7

matsumoto07.jpg
(館内は、許可を得て撮影しています)

 生前、氏が使われていた書斎。

matsumoto08.jpg
(館内は、許可を得て撮影しています)

 ぬぬっ。こっ、これはっ!!

 Sonyの古~いラジカセではないですか。うちにも同じようなのがありました。懐かしい。

matsumoto09.jpg
(館内は、許可を得て撮影しています)

 ご自宅の一番奥にある居間です。

 左手には、天井までガラスに覆われたアナトリウムがあります。松本の厳しい冬の時期には、暖かそうです。

 っと、そのアナトリウムの中に・・・、

matsumoto10.jpg
(館内は、許可を得て撮影しています)

 ぬぬっ。こっ、これはっ!!

 Sonyのプロジェクションテレビではないですか。どひゃ~っ!!

matsumoto11.jpg
(館内は、許可を得て撮影しています)

 「VIDEO PROJECTION SYSTEM KP-5010」とあります。

 1978年に発売された「KP-5000」の後継機(1979年発売)で、50インチの映像を映し出します。いまでいう、「BRAVIAリアプロジェクションテレビ」のルーツともいうべき製品です。

 当時の値段は分かりませんが、おそらく小型車が買えるほどの値段だったのではないかと。0xF9C7

matsumoto12.jpg
(館内は、許可を得て撮影しています)

 視聴する時には、このようにトップボードを開き、レンズからの光を鏡に反射させて、凸面状のスクリーンに結像させます。

 色の3原色に対し、レンズは2つです。赤と青のレンズを共用しています。ソニーミュージアムに収蔵されていてもおかしくないぐらいの、価値のある、貴重な逸品です。

 それにしても、なぜにこのような代物が、ここにあるのでしょうか。

matsumoto13.jpg
(館内は、許可を得て撮影しています)

 そういえば、広間の暖炉のところにも。

 もしかして、鈴木鎮一氏も、“ソニラー”だったとか!?

#写真は、1986年発売の「TA-F333ESX」。ちなみに、職人の「TA-F555ESG」は、1989年発売。

matsumoto14.jpg
(館内は、許可を得て撮影しています)

 その答えは、館長さん(結城賢二郎氏)が教えてくださいました。

(以下、編集中)

#ちなみに、鈴木鎮一氏の功績よりも、井深 大氏との関わりのことばかり聞いていたので、館長さんには、「変わったヒトだなぁ」と思われたかも知れません。0xF9C7

〔おまけ〕

matsumoto15.jpg

 こちらは、職人が“ご幼少のみぎり”(笑)に練習していたヴァイオリンです。(実家の倉庫にて発掘されたもの)

 子供用の小型のヴァイオリンのため(分数ヴァイオリン)、弦と弦との間が数mmしかなく、もはや大人の指では弦を(1本だけ)押さえることができません。

 いま思い起こすと、練習に使っていた楽譜が、うすい緑色をしていたように記憶していますが、それが「スズキ・メソード」の教本だったようです。
(広間のピアノの横に置いてあった教本と同じでした)

 ちょっとした偶然から、鈴木鎮一氏の記念館を訪れることになった訳ですが、今回の松本訪問の目的である“今夜の最大のイベント”に向けて、幸先の良いスタートを切ることができました。0xF9C6

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/848

Post Comment