SOARISTO工房 Logo

Nicole Circuit Day 2012 (2)

2012/11/10

 前回の続き、「Nicole Circuit Day」の模様です。

Nicole Circuit Day

 ALPINA軍団です。

 Nicoleさんのメンテナンスゾーンで見掛けた「ALPINA B3 GT3 Limited 99」も、かなりの台数来ています。

 「レーシン・ラン」に参加するようです。

Nicole Circuit Day

 ワイドトレッド化がなされ、保安基準に適合させるため、フェンダーの縁に“フィン”のようなものが付いています。

Nicole Circuit Day

 リアにも付いています。

 それにしても、軽そうなホイールです。

Nicole Circuit Day

 さて、そろそろピットビルの2Fに移動することにします。

 コース上を走行するための、「ドライバーズ・ミーティング」を受講するためです。

Nicole Circuit Day

 FISCOのスタッフの方から、コース上を走行するためのルール等について説明を受けます。

#内容的にはそれほど難しいことはなく、「B級ライセンス」の教本に載っているような、基本的な事項です。

Nicole Circuit Day

 いよいよコース上に出るため、ピットロードに整列します。ポジションは、135iに続き、2ndグリッドでした。

#ロケットスタートでは、車重の軽い135iに負けちゃうかな。0xF9C7

Nicole Circuit Day

 ペースカーが入ってきました。

Nicole Circuit Day

 「ALPINA B3 GT3 Limited 99」の、累計生産3号車目。

#「Limited 99」は、ゼッケンの番号から生産された順番が分かります。

 なんというゼイタク珈琲。0xF9CF

Nicole Circuit Day

 高まる緊張。0xF9C5

Nicole Circuit Day

 っと、その緊張を、ビバンダム君が和らげてくれました。0xF9C7

Nicole Circuit Day

 ということで、playstation3で練習した成果を元に・・・、

 第1コーナーを抜け、第2コーナーを立ち上がって、コカコーラ・コーナーへ向かうストレート。

Nicole Circuit Day

 シケイン状の、ダンロップ・コーナー。

 スピードコントロールとライン取りが、かなり難しいです。

Nicole Circuit Day

 第13コーナーからプリウス・コーナーへ。

 見掛け以上にバンクしていて、最終コーナーに向けて緩やかに上っています。

 ということで、ペースカーが入っているため、全開にはできなかったものの、“非・日常”を存分に楽しむことができました。

Nicole Circuit Day

 話は戻って、

 ペースカーだったこの「Limited 99」ですが、著名な自動車評論家であり、Nicoleさんの各種イベントでもお馴染みの、「こもだきよし」さんがドライブなさっていたのでした。

Nicole Circuit Day

 午後のランへの合間に、「ALPINA B6 GT3 Racing」のピットを覗いてみました。

Nicole Circuit Day

 ものすごい迫力です。

Nicole Circuit Day

 ALPINAがチューンする究極のエンジン。

Nicole Circuit Day

 ハンドルを握られているいるのは、現在のALPINAの礎を作られた、社長の「ブルカルト・ボーフェンジーペン」氏。

Nicole Circuit Day

 Snap-onのツールボックスまでも、ALPINAグリーンでした。0xF995

Nicole Circuit Day

 ピットビル2Fのクリスタルルームで食事をしていたところ、ピットロードに「ALPINA B3 GT3 Limited 99」が集まり始めています。

 これから、「ALPINA B6 GT3 Racing」とのデモランが始まるようです。

Nicole Circuit Day

 ものすごい光景です。

 世界限定99台のうち、何台が日本に輸入されているのか分かりませんが、これだけの数の「Limited 99」が一堂に会するのは、滅多に無いことでしょう。

Nicole Circuit Day

 ペースカーは、B6とB3のALPINA兄弟。

Nicole Circuit Day

Nicole Circuit Day

 本コース上に整列しての、記念撮影です。壮観です。

Nicole Circuit Day

Nicole Circuit Day

 会場で一緒になった、「ファイヤー・オレンジ」のM3 Coupe。

Nicole Circuit Day

 ということで、“Nicole”な“ALPINA”の一日が終わりました。

 楽しいことは、あっという間に終わってしまいますが、普段は絶対に味わうことのできない“非・日常”を、思う存分楽しむことができました。

 また、前回もそうでしたが、イベント全体のマネジメントがしっかりなされていて、「さすがはNicoleさん」と思わせるものでした。おそらく、事前に入念な検討がなされていたものだと思います。

 Nicoleのスタッフの皆さま、本当にお疲れさまでした。

〔関連情報〕
   ・11/9「NICOLE Circuit Day」レポート
   (2012年11月10日:BMWおたっきーず!Blog)

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/867

Post Comment