SOARISTO工房 Logo

オーディオラックの設置

2013/01/12

 なにやら、またお届け物が届きました。

AV Rack & TV Board

 ハヤミ工産さんのHAMILeXブランド、NAシリーズ(インテリアファニチャー)の「NA-751」(希望小売価格:39,900円、購入価格:18,600円)と「NA-712」(希望小売価格:29,400円、購入価格:13,900円)です。

 「NA-751」は縦型のAVラック、「NA-712」は横型のTVボードで、設置場所に合わせて、縦型と横型を購入しました。

AV Rack & TV Board

 NAシリーズは、キャスターを取り付けるか否かを選択できるようになっていますが、フローリングの上で重量物を収容したAVラックを動かすと、床面が傷だらけになってしまうため、キャスターは取り付けないことにします。

 組み立てキットには、床面保護用のフェルトシートが付属していますが、安っちぃ~モノしか付いていないため、市販の厚手のフェルトシートを購入しました。フェルトシートには、「滑り止め」のタイプと「滑る」タイプの2種類があります。

 縦型のラックには、AVアンプ(TA-DA5400ES)を収容し、ケーブル類の挿抜にラックを前後させる必要があるため、「滑る」タイプを貼り付けます。横型のラックには、「滑り止め」のタイプを貼り付けます。

AV Rack & TV Board

 このように、フェルトシートをラックの底面に貼り付けます。

 フェルトシートは、できるだけ面積が広くなるよう切り出し、ラックの重量が分散するように(単位面積あたりの重量が軽くなるように)します。

#付属のフェルトシートは4枚しかなく、かつ1枚あたりの面積が狭いため、重量物を収容して長期間経過すると、フェルトシートの形にフローリングが凹んでしまいます。

AV Rack

 こちらは、これまで使用していたDENONさんのAVラック、「ARC-3501」(希望小売価格:44,100円)です。(けっきょく、仮設置したまま現在に至る)0xF9C7

#同じシリーズで、横型のモデル、「ARC-3502」(希望小売価格:50,400円)も出ていたのですが、いつの間にかディスコンになってしまっていたため、仕方なく今回のAVラックとTVボードとの組み合わせとなりました。

AV Rack & TV Board

 設置したところです。

 「Karimoku」の家具とも、色的に統一されました。

AV Rack & TV Board

 AVラック上段は、5400ES兄弟を収容しています。

 マルチチャンネルインテグレートアンプ、「TA-DA5400ES」(希望小売価格:262,500円)と、スーパーオーディオCDプレーヤー、「SCD-XA5400ES」(希望小売価格:176,400円)です。

 下段は、「我が青春のESシリーズ」にて紹介したコンポーネントを収容しています。(現在は使用していません)

 メインスピーカー用のプリメインアンプ、「TA-F555ESG」(1989年発売、定価:128,000円)と、サラウンドスピーカー用のパワーアンプ、「TA-N330ES」(1989年発売、定価:44,800円)です。

AV Rack & TV Board

 TVボード右側は、、BSチューナー、「SAT-333ESG」(1990年発売、定価:79,800円)と、CDプレーヤー、「CDP-X55ES」(1989年発売、定価:89,800円)です。

 左側は、FM/AMチューナー、「ST-S333ESG」(1989年発売、定価:49,800円)と、カセットデッキ、「TC-K555ESG」(1989年発売、定価:99,800円)です。

AV Rack & TV Board

 こちらのクマさんは、一昨年に訪れた「BMW Welt」から連れてきたものです。“可愛い”というよりは、“賢そう”な顔をしています。

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/879

Post Comment