SOARISTO工房 Logo

ベースボードの製作(1)

2013/06/30

 いきなり始まりましたこの企画

 「ホームシアターの構築」では、我が家に手作りでホームシアターを作ってしまいましたが、今度は家の中に“ゲームセンターを作ってしまおう”というものです。
(略して、「ホームゲーセンの構築」)

 どのようなホームゲーセンとなるか、乞うご期待っ!!0xF9CE

Base Frame

 ということで、まずはベースボードを製作します。

 いつものとおり、イメージを基に、ささっと図面を引いて、木材を加工してもらいました。NC加工により、寸分の狂いもなく仕上げられています。

 設置場所としては、直接目に触れるところではないので、シナ合板を組み合わせて使うことにしました。

Base Frame

 ベースボードの一部は、膝が当たっても痛くないよう、アールを付けて(角を落として)あります。

Base Frame

 確認のため、仮組みしたところです。

Base Frame

 第五世代のPS3(CEJH-10007、CECH-2500A)を仮設置したところです。

 放熱効果を高めるため、ベースボード上に直接設置するのではなく、15mmの“ゲタ”を履かせることにしました。

 ゲタの間隔は、PS3の底面にある4つのゴム足に、ぴったりはまる長さにしてあります。

 これにより、前後方向にはスライドさせることができますが、左右方向にはズレないようになっています。

Base Frame

 第一世代(初期型)のPS3(CECHA00)を仮設置したところです。

 こちらも、4つあるゴム足にぴったり合う間隔にしてあります。

 この“ゲタを履かせる”というアイデアは、ちょっとした思い付きからのものです。

 PS3の取扱説明書(クイックリファレンス)には、「壁などから10cm以上離して設置。密閉式のAVラックなど、熱のこもる場所に設置して使わないでください。」との記述があります。

 この注意書きに従えば、本体サイズにぴったり合うように設えたベースボード内に収容するのは、“もっての外”ということになります。

 実際、初期型のPS3は、高い確率で「YLOD」(Yellow Light of Death、基板のハンダ付けの熱劣化による起動不能障害)が発生しているようですが、これまでまったく不具合なく動いていた“貴重な”初期型のPS3が、ベースボード内に収容したばっかりに壊れてしまったのでは、元も子もありません。

 このYLODを防ぐためには(できるだけ起きないようにするためには)、「縦置きに設置する」というのが、有効な方法のひとつのようです。

 縦置きにすることによって、本体側面の廃熱効果(本体を横置きにして正面から見た時の、本体右側面の排気フロー)が改善されるようです。

 また、本体を裏返してみると、本体底面にも、吸気口として薄いスリットが開けられていることが分かります。
(初期型PS3の吸排気フローに関する詳しい解説は、こちらなどが参考となります)

 そこで、横置きの状態で、縦置きの吸排気フローを、「擬似的に模してみる」ことにしました。

 といっても、大して難しいことをしている訳ではなく、本体とベースボードとの間に枕木のような木材を敷いて、周囲の空気が無理なく吸排気されるような「空間」を稼いでいるだけです。

Base Frame

 とはいっても、間隔を開けただけでは心配なので、お得意の(?)、PCファンを使った強制空冷(廃熱)をすることにします。

 PCファンは、取付スペースの関係で、φ80mmのものを使います。

 このPCファンには、動作音の大きさによって(風量の大小によって)、究極静音タイプ/超静音タイプ/標準タイプ/高速タイプの4タイプがありますが、今回は最大の風量を得るために、高速タイプ(2,800rpm、41.15CFM、29.9dB(A))を選びました。

Base Frame

 このPCファンのフィンは、ゴルフボールのような「ディンプル」が、ランダムに刻まれています。

 これにより、風切り音の低減と風量の拡大を果たしている(そうです)。

#クルマのタイヤにおいても、トレッドパターンをランダムに配置することにより、走行ノイズの低減を果たしているものがあります。それと似たような感じですね。

Base Frame

 PCファンを取り付けたところです。

Base Frame

 第五世代のPS3の背後には1基、第一世代のPS3の背後には、発熱量を考慮して2基のPCファンを、排気方向に取り付けてあります。

Base Frame

 4基もの高速PCファンが同時に稼働すると、けっこうな“爆音”状態になりますが、背に腹は代えられません。
(これについては、別途、対策を採ることにします)

Base Frame

 “ゲタ”には、防振対策として、1mm厚のスポンジゴムを貼っておきます。
(安っすぃ~ゴムを使うと、経年変化で劣化して、本体のプラスチック部分と融着してしまうので注意)

 PS3の標準の状態では、10mm角のゴム足により、「点」で支えられていますが、帯状に切り出したスポンジゴムに替えることにより、「面」で支えるようにします。これにより、本体荷重を分散し、引いては不要振動を抑えることができます(たぶん)。

#西川のムアツ布団と同じような感じですね。(違うか)0xF9C7

Base Frame

 初期型のPS3とのクリアランスです。左右側面には、30mmほどマージンを取ってあります。

 本体右背面および本体右側面からの排気を、2基の高速PCファンで強制的に掃き出します。

#市販では、PS3本体にアタッチする(追加で取り付ける)タイプの冷却用ファンが出ていますが、このような結果が・・・。下手に本体に余計なモノを取り付けて、緻密に計算された吸排気フローを乱してしまうよりは、“素直な方法”の方が、効果が高いようです。0xF9CE

(つづく)

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/911

Post Comment