SOARISTO工房 Logo

SONY SRS-ZP1000D

2013/09/15

 これまで、PC用のスピーカーは、BOSEの「Companion2 Series II」を使っていたのですが、どうも“厚化粧”の低音が好きになれず、

SONY SRS-ZP1000D

 けっきょく、SONYのスピーカーに戻すことにしました。

 アクティブスピーカーシステム、「SRS-ZP1000D」(発売日:2004年10月21日、希望小売価格:24,150円)です。

 10年近く前の代物ですが、2万円台のスピーカーとしては、かなりイイ音を出します。

 また、当時SONYで流行っていた「フローティングデザイン」を採用しているので、かなりお気に入りです。
(うちのBRAVIAと、お揃いのデザイン)

SONY SRS-ZP1000D

 設置場所の関係で、トリプルモニターの裏に隠れてしまいますが、総合出力50Wもあるので、十分な音量を持っています。
(というか、PC用には、ボディーもパワーも、ちとデカ過ぎかと)0xF9C7

 しかも、光デジタル入力(96kHz/24bit対応)を持っているので、PCやPS3の近くなど、ノイズの影響を受けやすい環境にも、打って付けです。

#最近のPC用スピーカーは、光デジタル入力を持っているモデルが少なくなってしまった(SONYは無くなってしまった)ので、寂しい限りです。

 左側のユニットに、D/A変換とアンプが内蔵されており、PCからの光デジタル出力を、ダイレクトに受けることができます。

SONY SRS-ZP1000D

 ちょっとオーバースペックかも知れませんが、この際なので、スピーカーケーブルも太いモノに換えてみました。

 audio-technicaのOFCスピーカーケーブル、「AT6159」(希望小売価格:840円/m)です。

SONY SRS-ZP1000D

 撚り線がバラけないよう、平行ケーブルの先端に、ハンダを盛ってあります。

#被覆を剥いてからハンダ付けしようとすると、撚り線がバラけてしまうので、ケーブルをカットして導体のアタマが見えている状態でハンダ付けし、その後、被覆をカットするようにします。

SONY SRS-ZP1000D

 こんな感じ。

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/929

Post Comment