SOARISTO工房 Logo

ポルシェと会話してみた

 タイトルからすると、「とうとう職人も、逝ってしまったかぁ」という感じですが・・・。0xF9C7

 ちょっとした“アクシデント”がありまして、Carrera Sと直接対話する必要が出てきてしまいました。

CAN Scanner for Porsche

 こちらは、だいぶ以前に作った「CAN Scanner」です。

#まさか、これが再び活躍する日が来ようとは・・・。

 右側がPICを使ったCANインターフェース部分で、左側がUSBのシリアルインターフェース部分です。

CAN Scanner for Porsche

 配線量はこれくらいなので、ハンダ付けに慣れたヒトであれば、サクッと作れると思います。

CAN Scanner for Porsche

 リンクが正常に確立されると、このようにインジケーターがチコチコと点滅します。

CAN Scanner for Porsche

 Type 997 Phase 2のOBD-IIコネクタは、右ハンドル車の場合、助手席の足下にあります。

CAN Scanner for Porsche

 ピンアサインは、こんな感じ。

 常時電源もアクセサリー電源もここから取れるので、けっこう便利です。

CAN Scanner for Porsche

 VAIO Zと接続します。

#このVAIO Z(PCG-Z1X/P)、すでに10年選手ですが、いまだに大活躍です。

 まずは、ハイパーターミナルを使って、コマンドラインで話し掛けてみます。

CAN Scanner for Porsche

 「キミはだれ?」と聞いてみたところ、「ワタシは997」って言ってきました。

CAN Scanner for Porsche

 「キミはいつ生まれたの?」と聞いたら、「2009年2月生まれ」だそうです。

   ・
   ・
   ・

 という冗談はさておき。0xF9C7

CAN Scanner for Porsche

 ScanToolは、ドイツ語版を使います。

#大学時代に第二外国語としてドイツ語を選択して、独和辞典を買ったのですが、あれ、どこに行っちゃったんだろう? まったく分からん。0xF9D0

CAN Scanner for Porsche

 1ページ目。

CAN Scanner for Porsche

 2ページ目。

CAN Scanner for Porsche

 3ページ目。

CAN Scanner for Porsche

 4ページ目。

CAN Scanner for Porsche

 5ページ目。

CAN Scanner for Porsche

 6ページ目。

CAN Scanner for Porsche

 7ページ目。

CAN Scanner for Porsche

 8ページ目。

#やっぱりドイツ語が分からないので、英語版に変更。0xF9C7

CAN Scanner for Porsche

 ということで、一通りデータが読み出せるのを確認したところで。

(以下、編集中)

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/938

Post Comment