SOARISTO工房 Logo

プレミアムGPSレーダー探知機の取付(2)

 前回の続きです。

 いよいよレーダー探知機を取り付けます。

Premium GPS Radar Detector

 レーダー探知機やケーブルなどを固定するための、両面テープです。

 付属の両面テープは、微妙にサイズが小さかったりするため、できるだけ多くの接着面を稼ぎ確実に固定できるよう、現物合わせで切り出します。
(住友3Mの両面テープは、付属の両面テープと同じものです)

Premium GPS Radar Detector

 ケーブルを押さえ、ビビリ音を出さないようにするための、クッションテープ(クロロプレン発泡ゴム)です。

 使い方は後ほど。

Premium GPS Radar Detector

 右側のカバーを外します。

Premium GPS Radar Detector

 作業がしやすいよう、フューズボックスのカバーも取り外してしまいます。

Premium GPS Radar Detector

 まずは、GPS/レーダーアンテナを固定します。

 できるだけ車両中央に近いところに寄せるとともに、レーダーアンテナが正確に車両正面を向くよう、センタースピーカーのメッシュを目印として三角定規を使って位置決めしました。

 また、あまりフロントガラスに近づけてしまうと、ガラスが拭きにくくなってしまうので、適度な間を開けるようにします。

Premium GPS Radar Detector

 レーダーアンテナのケーブルの処理です。

 ケーブルは、フロントガラスとダッシュボードとの隙間に這わせることになりますが、ここは両面テープなどで固定できないため、少し工夫することにします。

 厚さ5mmと2mmのクッションテープを貼り合わせたもの(幅15mm)を、長さ600mmに切り出し、フロントガラスとダッシュボードとの隙間に、直線定規を使って押し込んでいきます。
(奥までしっかり押し込むと、外からはまったく見えなくなります)

 クッションテープでケーブルを押さえ込むことにより、ビビリ音を出さないようにします。

Premium GPS Radar Detector

 ケーブルは、Aピラーの付け根から車両内部に落とします。

 こちらも、ビビリ音を出さないために、アセテート布粘着テープで固定しておきます。

Premium GPS Radar Detector

 つづいて、レーダー探知機本体の取付ステーを固定します。

 何度か仮組みをして、着座した時に本体が正面を向くよう、微妙に位置合わせをしておきます。

Premium GPS Radar Detector

 本体のケーブルの処理です。

 両面テープを長細く切り出して、ダッシュボードの段差の谷間に貼り込みます。

Premium GPS Radar Detector

 本体を固定します。

 画面が水平となるよう、微妙に調整します。

 ケーブルは、ダッシュボードの段差に沿わせて引き回し、両面テープで固定します。

Premium GPS Radar Detector

 レーダーアンテナと本体のケーブルとは、アセテート布粘着テープでスパイラル状に結束します。

 その後、車両内部に引き込んで、他のケーブルとともに共締めします。

Premium GPS Radar Detector

 OBD-IIポートの延長ハーネスと、OBDⅡアダプターとを、接続します。

 コネクタの接続部は、内装の裏側などに触れたとしてもカタカタ音がしないように、アセテート布粘着テープで保護しておきます。

Premium GPS Radar Detector

 とりあえず、仮組み状態で動作チェック。

 あわせて、しばらく走行してみて、ビビリ音がしていないかどうか、チェックします。

Premium GPS Radar Detector

 Aピラーを元に戻して、完成。

 いつもながらに、すっきりまとまりました。0xF9C6

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/948

Post Comment