SOARISTO工房 Logo

試乗してきました(新型M4 Coupe)

2014/08/03

 セールスさんからご連絡をいただきまして、

Test Driving BMW M4 Coupe

 行ってきました、いつもニコニコNicoleさん。0xF995

Test Driving BMW M4 Coupe

 いや~、それにしても目立ちます、この色。

 「サキール・オレンジ」だとか。

 Mモデルには、世界各地のサーキットの名を冠したボディーカラーが与えられていますが、この“サキール”とは、バーレーンのF1サーキットのある地名。

Test Driving BMW M4 Coupe

 カタログで見るより、かなり複雑な形状をしています。

Test Driving BMW M4 Coupe

 迫力のリヤビュー。

 Carrera Sが柔とすれば、M4 Coupeは、まさに剛かと。

Test Driving BMW M4 Coupe

 オプションの19インチホイール、「M ライト・アロイ・ホイール・ダブルスポーク・スタイリング437M(ブラック)」(+308,000円)。

 メタリックブルーにペイントされたキャリパーは、標準仕様の4ポット。オプションで、6ポットの「M カーボン・セラミック・ブレーキ・システム」(+1,100,000円)も選べます。

Test Driving BMW M4 Coupe

 リヤにも、当然のようにドリルド・ローター。

Test Driving BMW M4 Coupe

 さっそく、乗り込んでみましょう。

Test Driving BMW M4 Coupe

 「M4」の文字が、そそります。0xF9CF

 BMWの最新モデルだけあって、クロノグラフのようなメーターリングの外側は、そのほとんどがディスプレイ(車両状態などの表示領域)になっています。

Test Driving BMW M4 Coupe

 エンジンスタート。

   「ブボ~ン!」

 ほほ~ぉ。0xF9CF

 アイドリング中は、割と大人しい音です。M3 Coupe(E92)のV8エンジンのように、ドロドロした感じはまったくありません。(直6なので、当たり前ですが)

Test Driving BMW M4 Coupe
(M3 Coupe(E92)について、詳しくはこちらなど)

 M3 Coupe(E92)は、9,000回転までタコが刻まれていましたが、M4 Coupeは、8,500回転までとなっています。

 また、M3 Coupe(E92)には、面白いギミックが仕込まれていて、(編集中)。

 と、能書きはさておき、そろそろ走り出してみましょう。

Test Driving BMW M4 Coupe

 いつものとおり、多摩川の土手沿いのコースへ。

#ミラーに映るのは、某・世界的に有名な精密光学機器メーカーのビル。

Test Driving BMW M4 Coupe

 途中、ナルシストなシチュエーションに。

#つい、うっとり。0xF9CB

 と、ひとしきりグルグル走ってきて、帰投。

Test Driving BMW M4 Coupe

 標準の、「M スポーツ・シート」。

 ヘッドレスト一体型の、バケットスタイルのシートになっています。

 なお、M3 Coupe(E92)にはあったヘッドレストの「///M」のエンボス加工は、M4 Coupeでは無くなってしまっています。

Test Driving BMW M4 Coupe

 リヤシートを使うシチュエーションは、ほとんど無いと思いますが、なかなかの広さです。思っていたより広く、必要十分な感じです。

#もしかすると、650i Coupeよりも広いかも。

 ただ、少し残念なところを発見。

 フロントシートを倒す際、シートのショルダー部にあるリリースレバーを引くのですが、このレバーの剛性感が、M3 Coupe(E92)と比べると、大きく落ちているように感じました。かなり心許ない感じです。

Test Driving BMW M4 Coupe
(画像は、435i Coupe)

 さらに残念なところを発見してしまいました。

 M3 Coupe(E92)には、「電動シートベルト・ハンドオーバー」機能というものがあり、乗り込む際にとても重宝していたのですが、M4 Coupeにはありません。
(「電動シートベルト・ハンドオーバー」機能について、こちらなど)

 しかも、435i Coupeには付いているのに、M4 Coupeには付いていません。

#2014年モデルには付いていなくても、2015年モデルから復活してくれると嬉しいのですが。

Nicole BMW 435i Coupe

 こちらが、その435i Coupe。

 などと、走りにはまったく関係のないところでゴチャゴチャ言ってますが・・・。0xF9C7

〔おまけ〕

 暑いので、ショールームの中で涼んでいると、エントランス前がなにやら慌ただしい感じに。

Nicole ALPINA

 おぉ、これは!

Nicole ALPINA

 「B3 Bi-Turbo Limousine」やら「D3 Bi-Turbo Touring」やら「B6 Bi-Turbo Coupe」やらが、つぎつぎにトランスポンダーに積み込まれていきます。

 さすがは、Nicoleさん。0xF9CF

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/974

Post Comment