SOARISTO工房 Logo

RAIDカードの水冷化(2)

2014/08/30

 前回の続きです。

 現物合わせで引いた設計図を、日本プレート精工(NPS)さんに送り、ステンレス板をレーザー加工してもらいました。

#このNPSさん、個人からの依頼でも、1点モノから加工してくれます。(しかも、見積は無料です)

Water Cooling for RAID Card

 できあがった「水冷ブロック取付プレート」です。(予備も含めて、計2個作ってもらいました)

 素材は、1.5mm厚のステンレス板(SUS304)です。図面のとおり、寸分の狂いもなく、精密に加工されています。

 水冷ブロックの四隅のアールも、怖いくらいぴったりです。すばらしい!0xF9CF

Water Cooling for RAID Card

 水冷ブロック~取付プレート、取付プレート~RAIDカードとも、M3のボルトで固定します。

 タップを使って、M3用のネジ山を切ります。

Water Cooling for RAID Card

 このような感じで、取付プレートに水冷ブロックを取り付けます。

 固定には、M3×8mmのチタンボルト(トルクス)を使いました。

#チタンを使ったのは、軽量化のため・・・、ではなく、特に意味はありません。気持ちの問題ということで。0xF9C7

Water Cooling for RAID Card

 取付プレートをRAIDカードに固定するためのパーツです。

 6mmのスペーサーに、平ワッシャー、スプリングワッシャー、ファイバーワッシャーを組み合わせ、0.1mm単位で高さを合わせます。

Water Cooling for RAID Card

 プロセッサの表面には、ヘラを使って、サーマルコンパウンド(熱伝導グリス)を、適量、塗布しておきます。

Water Cooling for RAID Card

 このような感じで、がっちり・ぴったり固定できました。

Water Cooling for RAID Card

 RAIDカードの裏面です。

 ファイバーワッシャーを使って、絶縁してあります。

Water Cooling for RAID Card

 フィッティングを取り付けたところです。

 漏水防止のことを考えれば、コンプレッションタイプを使いたいところですが、前述のとおり「高さ制限」があるため、バーブタイプのものを使いました。

Water Cooling for RAID Card

 仮組みしたところです。

 下方のVGAカードとのクリアランスは、1~2mm程度しかありません。ギリギリです。

Water Cooling for RAID Card

 水冷ブロックに組み込む、φ3mmのLEDです。今回も、日亜化学の緑色LED(「NSPG300A」、250円/個、指向角:15°、光度:6,800mcd)を使いました。

#中国製だか台湾製だかの「パチモン」LEDは、輝度はおろか、色相もバラつきが大きいため、絶対に使いません。0xF9D1

 以前にも書いたとおり、2つのLEDを組み合わせてハンダ付けし、端子部を熱収縮チューブで絶縁しておきます。

Water Cooling for RAID Card

 LEDを仮点灯。

Water Cooling for RAID Card

 バーブフィッティングに、チューブを取り付けます。

 チューブはクランプで締め付けますが、通常の方向に取り付けるとクランプの“角(つの)”が当たってしまうため、逆向きにしてあります。

Water Cooling for RAID Card

 マザーボード上に取り付けたところです。

 チューブのアールがきついところは、折れ防止のため、コイルを通しておきます。

Water Cooling for RAID Card

 LEDを点灯させると、このような感じ。

Water Cooling for RAID Card

 まるでSF映画のワンシーンのような。0xF9C7

Water Cooling for RAID Card

 システムが正常に起動できることを確認した後、「MegaRAID Storage Manager」にて効果のほどを確認。

 これまでは80℃以上の温度を示していましたが、装着後は、どれだけディスクをぐりぐり回しても、43℃を超えることはありません。(室温28℃)

 素晴らしい! 苦労した甲斐がありました。0xF9CF

Water Cooling for RAID Card

 ということで、nVIDIAグリーンに統一した「Ultimate Tera Storage Machine」、

Water Cooling for RAID Card

 堂々、完成です。0xF9F8

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/979

Post Comment