SOARISTO工房 Logo

nVIDIA Jetson TK1 - クリーンインストール

 前回の続きです。

nVIDIA Jetson TK1

〔ファイルシステムの準備〕

 ホストマシン(Ubuntu 14.04 LTS)上に作業用ディレクトリを作成し、「Linux For Tegra R19」より、最新のファイルシステムとドライバをダウンロード。
(現時点では、R19.3.0)

$ mkdir ~/Jetson
$ cd Jetson/
$ wget https://developer.nvidia.com/sites/default/files/akamai/mobile/files/L4T/Tegra_Linux_Sample-Root-Filesystem_R19.3.0_armhf.tbz2
$ wget https://developer.nvidia.com/sites/default/files/akamai/mobile/files/L4T/Tegra124_Linux_R19.3.0_armhf.tbz2

 ファイルシステムとドライバを展開。

$ sudo tar xpf Tegra124_Linux_R19.3.0_armhf.tbz2
$ cd Linux_for_Tegra/rootfs/
$ sudo tar xpf ../../Tegra_Linux_Sample-Root-Filesystem_R19.3.0_armhf.tbz2

 書き込み用ファイルを生成。

$ cd ../
$ sudo ./apply_binaries.sh

〔ファイルシステムの書き込み〕

 ホストマシンにJetson TK1をUSBケーブルで接続し、リカバリモードで起動。
(Force Recoveryボタンを押下しながら電源を入れ、Resetボタンを押下)

 Jetson TK1が認識されているか確認。

$ lsusb | grep -i nvidia
Bus 001 Device 002: ID 0955:7140 NVidia Corp.

 Jetson TK1の内蔵メモリ(eMMC)へ、確保可能な最大容量のパーティション(約14GB)で書き込み。
(内蔵メモリ(16GB)に対し、標準では8GBのパーティションが切られている)

$ sudo ./flash.sh -S 14580MiB jetson-tk1 mmcblk0p1

 書き込みが完了すると(約30分)、Jetson TK1が再起動する。

〔Jetson TK1の設定〕

 libglx.soをバックアップ。
(Xserverのアップデート時にlibxglx.soが上書きされても、元に戻せるようにするため)

$ cd /usr/lib/xorg/modules/extensions/
$ sudo cp -p libglx.so _libglx.so.org

 タイムゾーンを設定。(Asia→Tokyo)

$ sudo dpkg-reconfigure tzdata

 universeリポジトリを追加し、アップデート。

$ sudo apt-add-repository universe
$ sudo apt-get update

 bashの補完機能を追加。
(コマンドが見つからなかった場合、インストールすべきパッケージを表示する)

$ sudo apt-get install bash-completion command-not-found

〔SSDの設定〕

 「Ubuntuソフトウェアセンター」から、GPartedをインストール。

 GPartedを使って、SSDをGPTでフォーマットし、データ領域としてext4のパーティション(ラベル名:ssd)と、スワップ領域としてlinux-swapのパーティション(ラベル名:ssd-swap、容量:4GB)を作成。

nVIDIA Jetson TK1
(画像は、マウント後のもの)

 ルートディレクトリに/ssdを作成し、マウント。

$ sudo mkdir /ssd
$ sudo mount /dev/sda1 /ssd

 /ssdに、/var, /usr, /opt, /homeをコピー。

$ cd /
$ sudo cp --archive ./var ./usr ./opt ./home /ssd/

 エディタで/etc/fstabを編集。

$ sudo vim /etc/fstab
# UNCONFIGURED FSTAB FOR BASE SYSTEM
tmpfs /tmp tmpfs defaults 0 0
/dev/sda1 /ssd ext4 defaults 0 0
/ssd/var /var bind bind 0 0
/ssd/usr /usr bind bind 0 0
/ssd/opt /opt bind bind 0 0
/ssd/home /home bind bind 0 0
/dev/sda2 swap swap defaults 0 0

 再起動し、データ領域とスワップ領域がマウントされていることを確認。

$ mount | grep -i /ssd
/dev/sda1 on /ssd type ext4 (rw)
/ssd/var on /var type none (rw,bind)
/ssd/usr on /usr type none (rw,bind)
/ssd/opt on /opt type none (rw,bind)
/ssd/home on /home type none (rw,bind)
$ cat /proc/swaps | grep -i /sda2
/dev/sda2 partition 4194300 0 -1

 とりあえず、これでクリーンインストールができました。0xF9C6

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/982

Post Comment