SOARISTO工房 Logo

nVIDIA Jetson TK1 - CUDAのインストール

 前回の続きです。

nVIDIA Jetson TK1 CUDA smoke

〔CUDA Toolkitのインストール〕

 Jetson TK1上に作業用ディレクトリ(/cuda)を作成。

$ mkdir ./cuda
$ cd cuda/

 「Jetson TK1 support」より、最新のツールキットをダウンロードし、/cudaに保存。
(現時点では、CUDA 6.0 Toolkit for L4T Rel -19.2)

 ツールキットをインストール。

$ sudo dpkg -i cuda-repo-l4t-r19.2_6.0-42_armhf.deb
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install cuda-toolkit-6-0

 ユーザ(ubuntu)をvideoグループに追加。

$ sudo usermod -a -G video $USER

 .bashrcの末尾にcuda-6.0のPATHを記述。

$ vim ~/.bashrc
# add CUDA bin & library paths.
export PATH=/usr/local/cuda-6.0/bin:$PATH
export LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/cuda-6.0/lib:$LD_LIBRARY_PATH

 PATHを反映させ、PATHが通っているかを確認。

$ source ~/.bashrc
$ nvcc -V
nvcc: NVIDIA (R) Cuda compiler driver
Copyright (c) 2005-2013 NVIDIA Corporation
Built on Sat_Mar_15_02:05:29_PDT_2014
Cuda compilation tools, release 6.0, V6.0.1

 カレントディレクトリに、サンプルプログラム(のソース)をインストール。

$ cuda-install-samples-6.0.sh .

 サンプルプログラムをmakeし、実行ファイルを生成。

$ cd NVIDIA_CUDA-6.0_Samples/
$ make

 正常に生成されていれば、各ディレクトリの下に実行ファイルが保存され、以下のサンプルプログラムなどが実行可能。

$ 1_Utilities/deviceQuery/deviceQuery

〔CUDA Demo Samplesのインストール〕

 「Jetson TK1 support」より、サンプルプログラムをダウンロードし、/cudaに保存。

$ cd cuda/
$ wget http://developer.download.nvidia.com/embedded/jetson/TK1/2014-03-24/CUDA_SDK_Samples.tgz

 サンプルプログラムを展開。

$ tar xvf CUDA_SDK_Samples.tgz

 正常に展開されていれば、CUDA_SDK_Samples/の下に実行ファイルが保存され、以下のサンプルプログラムなどが実行可能。

$ cd CUDA_SDK_Samples/
$ ./smokeParticles

 CUDAによる煙のシミュレーション。


(BGMは「BGM」から)

 煙は65,536個の粒子から成り、工房の環境では、全画面表示(1920×1080)で35fps前後で実行される。

 ということで、CUDAのインストールができました。0xF9C6

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/984

Post Comment