SOARISTO工房 Logo

991用フロントリップスポイラーの移植

2015/06/07

 そんな訳で、ドイツから部品が届いた訳ですが、

Porsche 997, Front Lip Spoiler, DIY

 Type 991用の「フロントリップスポイラー」(以下、スポイラー)です。

 しかも、通常のスポイラーではなく、純正オプションの「PASMスポーツシャシー」装着車用のもので、品番は「991.505.525.01.1E0」、価格は「132.67ユーロ」(約17,060円、輸送費除く)でした。

 当然ながら、Type 991とType 997とでは、“顎”の形状が異なるため、実車に仮組みして、アタリ具合を確かめます。

#“顎”というか“唇”というかは、好みの分かれるところですが、ここでは“顎”とします。
 (タイトルは“唇”と書いていますが)0xF9C7

Porsche 997, Front Lip Spoiler, DIY

 スポイラーには、ボディー側の固定穴に填め込むための嵌合が、全部で10ヶ所あります。

 一番外側(両端)の嵌合は、ボディーと干渉するため、根元から削り取ってしまいます。(水色の○の部分、左右計2ヶ所)

 それ以外の嵌合も、ボディーと干渉するだけでなく、ボディーに固定するための「基部」として活かすため(後述)、嵌合の“爪”の部分を削り取ってしまいます。(青色の○の部分、左右計8ヶ所)

Porsche 997, Front Lip Spoiler, DIY

 嵌合の“爪”の部分は、填め合わせのため、数mm程度、台形状に盛り上がっています。これを、周囲との段差が無くなるまで削り取ります。

 こんな時は、ミニルーターがあると、作業効率が大幅に向上します。

Porsche 997, Front Lip Spoiler, DIY

 電動工具は、削り過ぎる場合があるため、慎重に切削します。

 最後は、ハンドサンダーを使って、手作業で仕上げます。
(あらぬところを削らないよう、布粘着テープで養生しています)

Porsche 997, Front Lip Spoiler, DIY

 切削加工が終わったところ。

#最終的には見えなくなるところですが、見えなくなるところも手抜きしません。0xF9C5

Porsche 997, Front Lip Spoiler, DIY

 両端以外の嵌合には、スポイラーをボディーに固定するための「基部」とするため、φ5mmの穴を開けておきます。

 今回は、M5×12mmのタッピングビスを用います。(後述)

Porsche 997, Front Lip Spoiler, DIY

 スポイラー底面の一番外側の嵌合にも、φ5mmの穴を開けておきます。

Porsche 997, Front Lip Spoiler, DIY

 固定用の「基部」に生まれ変わった、「嵌合」だった部分。

Porsche 997, Front Lip Spoiler, DIY

 Type 997用に、加工が終わったところ。

 両面テープだけでは、高速走行時に吹っ飛んでいってしまわないかと不安が残りますが、タッピングビスを用いることにより、ボディーに確実に固定することができます。

Porsche 997, Front Lip Spoiler, DIY

 スポイラーをボディーに固定するための部材です。

 左側が、M5×12mmのタッピングビス。右側が、住友3Mさんの「車輌用両面テープ」です。
(M3 Coupeの「カーボンリヤスポイラー」を取り付けた時にも使ったものです)

Porsche 997, Front Lip Spoiler, DIY

 再度仮組みして、アタリ具合を確かめます。

#レジャーシートが見付からなかったので、急遽、新聞紙で代用。0xF9C7

Porsche 997, Front Lip Spoiler, DIY

 スポイラーを取り付ける前に、アタリ面をきっちり脱脂しておきます。
(画像は、ペイントシーラント用の前処理材(デュポン社製)です)

#ちなみに、うちの新聞は、アカ○ではありません。0xF9D1

Porsche 997, Front Lip Spoiler, DIY

 弱粘着テープ等を使って、位置決めをします。

 少しでもズレていると、この上なくみっともないので、完全にシンメトリーとなるよう、しっかりと位置決めをします。

 位置は、センターで合わせようとせず、両端の隙間の開き具合を見ながら、少しずつ合わせていきます。
(黄色いマスキングテープは、この後、何度かスポイラーを脱着するので、位置決めをした位置がズレないよう、マーキングしているものです)

 当然ながら、Type 991とType 997とでは、“顎”の形状が異なるため、普通には“ツラ”が合いません。

 Type 997は、センターから緩やかにラウンドしていますが、Type 991は、途中で(ちょうど画像の真ん中辺りで)、カクッと“く”の字に曲がっています。(大げさに言うと)

 しかし、心配は無用です。0xF9C6

 スポイラーは、PP(ポリプロピレン)樹脂という柔軟性の高い素材のため、グイッと押し込むことにより、ピタッとアールに合うようになります。
(画像では、押し込んでいないため、“ツラ”がズレているように見えますが)

 なお、今回は、日中の暖かい時間帯に取り付けを行ったため、PPが柔らかくなっており、作業性が良かったのですが、冬期など、気温の低い時に取り付けを行う場合には、ヒートガン(無ければ、ドライヤー)で暖めてから作業すると良いでしょう。

Porsche 997, Front Lip Spoiler, DIY

 両面テープを、スポイラーのエッジのギリギリ内側を狙って貼り込みます。

 1本ですべてのエッジに貼り込むのではなく、センターで2分割しています。

Porsche 997, Front Lip Spoiler, DIY

 スポイラーの端部は、形状が完全には一致しないため、プレスラインの凹凸を目印にして、途中でカットしています。

Porsche 997, Front Lip Spoiler, DIY

 最終的な位置決めをし、タッピングビスの穴開け位置を、マジックペンなどでマーキングします。
(画像では、スポイラーを押し込んでいないため、“ツラ”がズレているように見えますが)

Porsche 997, Front Lip Spoiler, DIY

 ピンバイス(ハンドドリル)を使って、タッピングビス用の穴(φ3.5mm)を開けます。

#込み込みで10数万円はするであろうフロントバンパーに、穴を開けちゃいました。ここまで来たら、もう後戻りはできません。完遂あるのみです!0xF9C5

Porsche 997, Front Lip Spoiler, DIY

 いよいよ最終段階。

Porsche 997, Front Lip Spoiler, DIY

 タッピングビスを仮留めし、少し隙間が開いた状態で、“ツラ”をしっかりと合わせます。

 この状態で、両面テープの保護フィルムを、(45°に折り返して)面に対して「直角」になるよう、ゆっくりと慎重に剥がしていきます。
(「剥がす」というよりは、「引き抜く」感じ)

 その後、スポイラーをボディーに圧着します。

Porsche 997, Front Lip Spoiler, DIY

 センターに向けても、隙間の開いた状態で保護フィルムを剥がし、“ツラ”を合わせて圧着します。

 間を開けず、タッピングビスをねじ込み、スポイラーをボディーに完全に固定します。
(タッピングビスは、ねじ込み過ぎると、ボディー側のネジ山がバカになってしまうので、加減に気を付けます)

Porsche 997, Front Lip Spoiler, DIY

 取り付け、完了っ!!

Porsche 997, Front Lip Spoiler, DIY

 スポイラーの端部です。

 微妙にアールが合っていないようにも見えますが、それでも、あたかもType 997用に設えたかのようなぴったり感です。0xF9CF

 左右とも、これくらいのチリの開き具合で収まっています。Type 997用に設計されたものではないことを考えると、驚異的なことです。

Porsche 997, Front Lip Spoiler, DIY

 装着前。

 これはこれで、シンプルでイイ感じではあります。

 余談ですが、ご存知のとおり、Type 997のPhase 1(便宜的に「前期型」)と、Phase 2(便宜的に「後期型」)とでは、フロントバンパーのデザインが大きく変更されています。

 具体的には、左右のエアインテークの形状が、Type 997 Turboっぽくなったのですが、この点が、Phase 2(後期型)を気に入っているポイントの一つだったりします。

 一般的に、マイナーチェンジを行うと、オリジナルのデザインの完成度を壊してしまう「改悪」のパターンが多いのですが、このPhase 2(後期型)の場合は、まさしく「改良」となっていると思います。

Porsche 997, Front Lip Spoiler, DIY

 装着後。

 “顎”(というか“唇”?)が下に伸びて、どっしり感が増しました。これだけ高さがあると、空力的にも効果があるのではないでしょうか。(もっとも、超高速域でのハナシでしょうけど)0xF9C7

 また、スポイラー左右のキックバックの位置も、エアインテーク内側の立ち上がり位置と微妙にマッチしていて、“吸い込み”が強調されたデザインになりました。

Porsche 997, Front Lip Spoiler, DIY

 かなり手間ひま掛かりましたが、その分、満足できる完成度となりました。

Porsche 997, Front Lip Spoiler, DIY

 後付けのスポイラーですが、まるで「純正」のようです。

#って、「純正」ですけど。0xF9F8

1 Related Entries

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/1028

Comments(4)

乙かれ様です。
朝飯前の作業のようですね。
ナンバー、もはやマスキングする必要がないのではww
リップスポイラー、車体色と合わせるのもいいかもしれませんね。

posted by  りゃお at 22:36:12 2015/06/07 | reply

いつもながらクオリティの高いDIYです。

写真も綺麗で分かり易く
ポルシェは近くで見たことはありませんが
その場で見ているような感じがして楽しいです。

マフラーその後がどうなったのか気になります...w

posted by  こまっちゃん、改めSPIN at 13:17:56 2015/06/09 | reply

Post Comment