SOARISTO工房 Logo

耕運機サウンドの追求(2) - 耐熱塗装っ!!

 またも、だいぶ間が開いてしまいましたが、前回の続きです。

 PCから購入すると、部品代だけで約43.0万円、個人輸入しても、約31.6万円(輸送費除く)もする「Porsche Sport Exhaust System」(以下、PSE)ですが、

Porsche 911 Type 997, PSE DIY, Porsche Sport Exhaust System

 某オークションにて、新品を14.1万円で入手することができました。

 落札価格は、20.1万円だったのですが、送られてきた商品を確認したところ、なんと、「デュアルテールパイプ」にキズが入っていることが判明。0xF9FC

Porsche 911 Type 997, PSE DIY, Porsche Sport Exhaust System

 装着すれば見えなくなるところであれば、まだなんとか我慢もできますが、さすがにPSEの“キモ”ともいうべき部品にキズがあるとなると・・・。

Porsche 911 Type 997, PSE DIY, Porsche Sport Exhaust System

 大きな荷物が自宅に届き、部屋に上げた時にイヤな予感がしたのですが、箱を動かすと、その動きに伴って、なにやらコトコトと音がします。

 「もしや?」と思ったのですが、時すでに遅し・・・。0xF999

 出品者が「デュアルテールパイプ」を小箱に入れた際、まったく養生していなかったため、輸送中に箱の中で踊り、内壁と擦れ合って、塗装が剥がれてしまったようです。

#ちなみに、「Porsche Japan」の検印があったので、ドイツから日本国内に輸入された際には、さすがにキズは無かったものと思われます。

 この「デュアルテールパイプ」、単品で購入すると、片側だけで492.52ユーロ(約63,320円、輸送費除く)もします。

 左右両方ともキズが入っていたので、「2個分減額してください!」ということもできたのですが、さすがにそれは気が引けたので、約1個分(6万円)減額して、14.1万円としていただきました。0xF9F8

#その他の部品も、入念に調べましたが、特に問題はありませんでした。

 ということで、PSEを破格の値段で入手できたものの、すでに“キズもののカラダ”になってしまいました。0xF9D3

 んがしかし、転んでもタダでは起きません。

Porsche 911 Type 997, PSE DIY, Porsche Sport Exhaust System

 「デュアルテールパイプ」は、外側のパイプ(以下、アウターパイプ)と、内側のパイプ(以下、インナーパイプ)との、2つの部品で構成されています。

 アウターパイプとインナーパイプとは、M8のステンキャップボルトで固定されているので、これを外すことにより、分解することができます。
(ステンキャップボルトは、とんでもないトルクで締まっているので、緩めるのに一苦労しますが)

 この2つの部品を、耐熱塗料で塗装することにします。

 んがしかし、ただ単純に復元したのでは面白くないので、いつものとおり、ちょっと工夫してみることにします。0xF9C6

Porsche 911 Type 997, PSE DIY, Porsche Sport Exhaust System

 こちらは、Type 997の最終モデル、Carrera GTSの「デュアルテールパイプ」。

 アウターパイプがブラックで、インナーパイプがシルバー(メッキ)になっており、標準のPSEとは、カラーリングが逆になっています。

 この組み合わせも、インナーパイプが強調されて、なかなかイイ感じです。

Porsche 911 Type 997, PSE DIY, Porsche Sport Exhaust System

 一方、こちらは、皆さんご存知、“青焼き”加工されたチタンマフラーのテールエンド。

 “次なる構想”に向けて、大阪府は堺市にある、「とあるマフラー屋さん」(謎)とご相談させていただく中で、このようなテールエンド(品名:「エキゾーストフィニッシャー」)があることを教えていただきました。

 PSEのインナーパイプの外径がφ70mmで、このテールエンドの内径がφ71mmなので、インナーパイプにすっぽり被せることができます。デュアル×左右で、計4本を組み合わせれば、お手軽に「なんちゃってチタンマフラー仕様」に変身させることができます。0xF9F8

 しかしながら、新保安基準の「トンガリ規制」に対応するため、テールエンドの縁にR2.5の丸みを持たせてあることから、PSEのアウターパイプと干渉してしまい、うまく取り付けることができません。

 また、「CIMA複眼移植」の時のハウジングと同様、インナーパイプそのものをチタンメッキして、“青焼き”加工してもらう方法も考えてみました。

 しかし、この方法は、メッキ処理や焼き入れ処理する際に「治具」が必要となり、この「治具」の作製に相当なコストが掛かることから、「現実的な値段にならない」とのことで、諦めました。

 ということで、ここは奇をてらわずに、純正の状態をうまくアレンジすることとしました。

Porsche 911 Type 997, PSE DIY, Porsche Sport Exhaust System

 まずは、塗装する前の準備です。

 ホームゲーセンの「ベースボード」を作った時などに出た木片を組み合わせて、塗装用の治具を作りました。

#こちらの治具は、現実的な値段、というか、ほぼタダ。0xF9F7

 治具を使うことにより、あらゆる角度から、ムラなく塗装することができます。

 ちなみに、アウターパイプは、オーストリア製でした。

Porsche 911 Type 997, PSE DIY, Porsche Sport Exhaust System

 いよいよ塗装です。

 左側の2本は、脱脂用。右側の2本は、耐熱塗料です。

 耐熱塗料は、Soft99さんの「耐熱ペイント」で、アウターパイプ用に「チタンカラー」、インナーパイプ用に「ブラック」を選びました。

#アウターパイプ用には、オーソドックスな「シルバー」もありましたが、リベンジ(?)ということで、あえて「チタンカラー」にしてみました。0xF9CE

Porsche 911 Type 997, PSE DIY, Porsche Sport Exhaust System

 しかして、その「チタンカラー」の色味ですが・・・。

 う~ん、なんと表現したら良いのでしょう。渋~いシルバーです。純正の状態のシルバーとは明らかに異なる、ダークな色味で、イイ感じです。

 選んで良かったっ!!0xF9CF

#耐熱塗料のためか、一般の塗料より少し乾きが遅いようです。塗装にあたっては、十分な間隔をおいて、薄く薄く、何回かに分けて重ね塗りします。

 この状態で、数日間、天日干しして、完全に乾燥させます。

 さらに、「デュアルテールパイプ」が加熱され、“焼き”が入ると(150℃で1時間以上)、色味が変わるようなので、これまた楽しみです。

Porsche 911 Type 997, PSE DIY, Porsche Sport Exhaust System

 インナーパイプも、「ブラック」に塗装します。

 純正の状態では、2つのパイプを繋ぐ金属と、これを“ろう付け”した部分が未塗装となっています。また、塗装色自体も、ボワ~っとした黒になっています。

 耐熱塗料で塗装し直すことにより、シャキッとした黒になりました。

Porsche 911 Type 997, PSE DIY, Porsche Sport Exhaust System

 アウターパイプとインナーパイプを組み付け直して、復元完了っ!!

 純正の状態とは明らかに異なる、渋~い感じの、「デュアルテールパイプ」となりました。

 このテールエンドから轟く水平対向エンジンの咆哮を聞ける日が、いまから待ち遠しいです。0xF9C6

(つづく)

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/1030

Post Comment