SOARISTO工房 Logo

続・耕運機サウンドの追求(1) - 購入&塗装っ!!

2015/09/19

 「排気系」が完成したところで、続いて「吸気系」に取り掛かります。

 なにやら、また海外から届いちゃいました。0xF9F8

Porsche 911 Type 997, DIY, IPD Plenum, K&N Air Filter

 IPD(Innovative Pro Design)社の「IPD Plenum」(997.2 DFI Carrera S 3.8L)です。

 価格は、995ドル(約118,400円、輸送費除く)でした。

Porsche 911 Type 997, DIY, IPD Plenum, K&N Air Filter

 ついでにということで、K&N社の純正交換タイプエアフィルター(E-1999)も購入しました。

 価格は、19,160円でした。

Porsche 911 Type 997, DIY, IPD Plenum, K&N Air Filter

 Plenumの本体。

 純正の「ディストリビューターチューブ」に替えて、取り付けます。

Porsche 911 Type 997, DIY, IPD Plenum, K&N Air Filter

 エアクリーナー(スロットル)からのインレット側です。

Porsche 911 Type 997, DIY, IPD Plenum, K&N Air Filter

 エンジンへのアウトレット側です。

 内壁一面に、ゴルフボールの「ディンプル」のような加工が施されています。

Porsche 911 Type 997, DIY, IPD Plenum, K&N Air Filter

 純正の「ディストリビューターチューブ」(Carrera S / Carrera 4S用)です。

Porsche 911 Type 997, DIY, IPD Plenum, K&N Air Filter

 Carrera S / Carrera 4S用の「DFI 3.8Lエンジン」のディストリビューターチューブには、画像のように、「バタフライバルブ」が内蔵されています。

#Carrera / Carrera 4用の「DFI 3.6Lエンジン」には、ありません。

 このバタフライバルブは、PSEのメインサイレンサーのアウトレット側にある“バタフライバルブ”と同様、小型のアクチュエーターによって開閉されます。

 そのアクチュエーターは、DME(Digital Motor Electronics)からの信号に基づき、ソレノイドバルブからの負圧によって制御されています。

Porsche 911 Type 997, DIY, IPD Plenum, K&N Air Filter

 Plenum本体中央部にある、アクチュエーターの取付位置です。

 レバーを上下に動かすことにより、バタフライバルブが開閉されます。

Porsche 911 Type 997, DIY, IPD Plenum, K&N Air Filter

 で、このまま取り付けても面白くないので、例によって、少し工夫してみます。

 ホイールスペーサーの時と同様、Porsche伝統の「ガーズレッド」(の近似色である「スーパーレッドII」)に塗装してみました。

Porsche 911 Type 997, DIY, IPD Plenum, K&N Air Filter

 このような感じで、内部およびパイプ接合部は、しっかりマスキングしています。

(つづく)

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/1044

Post Comment