SOARISTO工房 Logo

デュアルドライブレコーダー&バックカメラ(5) - 回路作成

 前回の続きです。

Drive Recorder, Security LED

 4ケタ万円のクルマですので、信頼性を考えて、プリント基板を起こしました。

#このままパクっても動きませんので、悪しからず。0xF9D1

 以下、以前に作ったPSE制御回路の時とほぼ同じのため、早回しで。0xF8D8

Drive Recorder, Security LED

 プリント基板のアートワーク。

Drive Recorder, Security LED

 クイックポジ感光基板を直射日光に露光し感光させ、メタ珪酸塩で現像。

Drive Recorder, Security LED

 塩化第二鉄液でエッチングし、有機溶剤でフォトレジストを剥離し、防錆のためフラックスを塗布。

Drive Recorder, Security LED

 サーキュラーソウで正確に切り出し、ボール盤で0.8mmの穴を開けます。

Drive Recorder, Security LED

 電子部品を実装し、完成。

 基板の大きさは、43mm×36mmで、PSE制御回路と横幅(43mm)を揃えました。
(今後、この横幅のミニ基板がシリーズ化されるかも?)

Drive Recorder, Security LED

 基板の裏面。

 わざわざプリント基板までこしらえた割には、手配線が多いですが・・・、0xF9C7

 これは、基板表面の「部品の並びの美しさ」にこだわったためです。
(EAGLEで設計していては、こうはいきません)

(つづく)

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/1060

Post Comment