SOARISTO工房 Logo

デュアルドライブレコーダー&バックカメラ(8) - 配線引込

 前回の続きです。

 またも、だいぶ間が空いてしまいましたが、以前にリヤバンパーに埋め込んだ「バックカメラ」の配線を、車内に引き込みます。

Drive Recorder, Security LED

 まずは、作業スペースを確保するため、エアクリーナーボックスを取り外します。

Drive Recorder, Security LED

 リヤバンパー中央から出てきているのは、Pioneerさんのバックカメラ、「ND-BC8」のケーブルです。

Drive Recorder, Security LED

 バックカメラ付属のグロメット、「SG-14A」(タカチ電機工業製)は、リヤバンパー中央の穴(φ20mm)には小さ過ぎるため、「SG-22A」を用意します。(秋葉原で54円ぐらい)

 グロメットを用いるのは、防水のためというよりは、ケーブルがフレームのエッジに接触し、エンジンの振動によりケーブルが損傷することを防ぐためです。

Drive Recorder, Security LED

 ケーブルをグロメットに通した後、エーモンさんの「配線クリップミニ」で、ケーブルを固定していきます。

Drive Recorder, Security LED

 「ND-BC8」付属のケーブルは、バックカメラ本体から中継点までが1m、中継点から分岐点までが6m、分岐点からアクセサリー電源までが3mと、トータルで10mもの長さがあります。

 ミニバンなどへの取り付けを考慮したものだと思われますが、さすがにPorscheには長過ぎるため、短縮加工することにします。

Drive Recorder, Security LED

 分岐点の少し手前で、ケーブルを切断します。

#当然ながら、保証は効かなくなります。

 中継点(3ピンコネクタ)の端点は、熱収縮チューブを二重に被せて、保護しておきます。
(赤色が電源線、黄色がビデオ信号線、黒色がグランド線)

(つづく)

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/1068

Post Comment