SOARISTO工房 Logo

Type 997(後期型)のワイパーブレード交換

2016/07/09
[ Car, Tips ]

 約1ヶ月ぶりのblog更新です。

 思うところあって、ワイパーブレードを交換することにしました。

PIAA Silicone Rubber Wiper Blades IWS55FB / IWS55C

 PIAA社の製品は、この一件以来、「ひとり不買運動」を展開中でしたが、致し方ない事情により、「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」、購入することにしました。0xF9D1

 同社の、「輸入車対応 超強力シリコート ワイパー」です。

 一般的には、Porsche純正採用のBOSCH社製にしておけば間違いないのですが、他メーカーでは、「カーブタイプ」(後述)のワイパーブレードが見付からなかったため、止むに止まれず、同社製品を選択しました。

 また、同社の“いい加減な”カタログでは、助手席側に適合する製品は「なし」となっていますが、後述のとおり、同じ長さのカーブタイプのものが、しっかりと適合します。

PIAA Silicone Rubber Wiper Blades IWS55FB / IWS55C

 画像上側が、運転席側の純正ワイパーブレード、下側が「IWS55FB」です。
(東雲の超自動車裏方では、3,682円でしたが、ネットで2,343円で購入)

 ブレードの長さは、550mmです。

 純正にも、スポイラー(というか、フィン)が付いていますが、IWS55FBは、より大型のスポイラーが付いています。(「ビッグスポイラー」と称するらしい)

 このビッグマウス、いやビッグスポイラーに、カーボン調のカラーリングを施したタイプ(「カーボンカラー」)も出ていますが、見たところ、明らかにイミテーションっぽいカーボン柄であるため、オーソドックスな「ブラックカラー」を選びました。

PIAA Silicone Rubber Wiper Blades IWS55FB / IWS55C

 画像上側が、助手席側の純正ワイパーブレード、下側が「IWS55C」です。
(同じく、東雲の超自動車裏方では、3,487円でしたが、ネットで2,034円で購入)

 助手席側も、ブレードの長さは、550mmですが、IWS55Cは、ご覧のとおり、緩やかにカーブしています。(品番末尾の「C」が、カーブタイプの意)

PIAA Silicone Rubber Wiper Blades IWS55FB / IWS55C

 ワイパーアームに取り付ける際に用いる「アタッチメント」です。

 上から、「C1」, 「C2」, 「C3」, 「C4」となっています。

 Porsche 911(Type 997)の場合は、「C3」が適合します。

PIAA Silicone Rubber Wiper Blades IWS55FB / IWS55C

 さっそく取り付けます。

 ワイパーアームの先端は、U字型になっており、この部分に、「アタッチメント」が挟まっています。

 アタッチメント後端にある「ノッチ」を押しながら、ワイパーアームの根元方向に引き下げることにより、ワイパーブレードを取り外すことができます。

PIAA Silicone Rubber Wiper Blades IWS55FB / IWS55C

 ワイパーアームに、「アタッチメント」を仮組みしたところです。

 「カチッ」と音がして、アタッチメントが固定されるまで、確実に押し込みます。

PIAA Silicone Rubber Wiper Blades IWS55FB / IWS55C

 ちなみに、ストレートタイプのワイパーブレードを、助手席側に取り付けると、このような感じになります。

 確認はしていませんが、おそらく、フロントウィンドウへの押圧の関係で、拭きムラが出るのではないかと。

PIAA Silicone Rubber Wiper Blades IWS55FB / IWS55C

 カーブタイプの「IWS55C」を取り付けたところです。

 純正とほぼ同じ位置に、ワイパーブレードが来ています。

PIAA Silicone Rubber Wiper Blades IWS55FB / IWS55C

 運転席側・助手席側とも、交換したところです。

#「PIAA」のロゴ(シール)が目障りなので、剥がしてしまおう。0xF9D1

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/1088

Post Comment