SOARISTO工房 Logo

ワイヤレスマイク用ミキシングコンソールの製作

2017/02/18

 前回の続きです。

 ヴィオラ用コンデンサー型マイクロフォン、DPA社の「VO4099V」に合わせ、audio-technicaの「ATW-1301」とYAMAHAの「MG10XU」とを購入しましたが、

audio-technica ATW-1301 and YAMAHA MG10XU

 このままでは、コンサートホールなどへの持ち運びに不便なため、ワイヤレスシステム(ATW-1301)と、ミクサー(MG10XU)とを、ひとまとめにすることにしました。

audio-technica ATW-1301 and YAMAHA MG10XU

 それぞれの機器の寸法を元に、

audio-technica ATW-1301 and YAMAHA MG10XU

 サクッと図面を起こし、

audio-technica ATW-1301 and YAMAHA MG10XU

 いつもの金属加工屋さんに、レーザー加工してもらいました。

 1.5mm厚のステンレス板(SUS304)が、寸分の狂いなく加工されていいます。

 最終的には、マットブラックに塗装しようかと思いますが、まずはこのまま組み立ててみることにします。

audio-technica ATW-1301 and YAMAHA MG10XU

 ワイヤレスシステムのレシーバー本体(ATW-RC13J)は、「取付ステーA」により、コンソールの前面に固定されます。

audio-technica ATW-1301 and YAMAHA MG10XU

 レシーバーユニット(ATW-RU13J)は、「取付ステーB」により、コンソールの側面後方に固定されます。

audio-technica ATW-1301 and YAMAHA MG10XU

 レシーバーユニットは、レシーバー本体に対し、最大2台まで増設できるようになっています。

audio-technica ATW-1301 and YAMAHA MG10XU

 組み立て、完成。

audio-technica ATW-1301 and YAMAHA MG10XU

 シールドケーブル等を接続したところです。

 コンソールの左脇から出ているのは、ワイヤレスシステムのダイポールアンテナです。

 ミクサー(ミキサー)の直下に、無線機器(2.4GHz帯)がくるのが、ちょっとなんですが、まぁ、現地のデスクやテーブル上に気軽に置けるよう、コンパクトにまとめることができたので、良しとします。0xF9C6

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/1124

Post Comment