SOARISTO工房 Logo

キャリパーの塗装(1) - 下準備

 「お洒落は足下から」ということで、0xF8D5

Gold Caliper Paint
(クリックで詳細)

 古くは、TOYOTA ARISTO V300 Vertex Edition(JZS161)や、

Gold Caliper Paint
(クリックで詳細)

 BMW 530i M-Sport Package(E60)では、ゴールドに塗装していましたが、

Red Caliper Paint, Porsche 911 Carrera S
(クリックで詳細)

 Audi R8 V10 5.2 FSI quattroでは、前回のPorsche 911 Carrera S(Type 997 Phase 2)につづき、レッドに塗装します。

#正確には、Porsche 911では、レッドキャリパーはCarrera Sの標準装備で、ローターハブ(およびベンチレーションフィン)をDIYで塗装しました。

Red Caliper Paint, Audi R8 V10 5.2 FSI quattro

 イメージとしては、こんな感じです。

Red Caliper Paint, Audi R8 V10 5.2 FSI quattro

 さっそく、Audi Sportのデザイン規則に則って、

Red Caliper Paint, Audi R8 V10 5.2 FSI quattro

 Adobe Illusratorを使って、ロゴを起こします。

 前後キャリパーのロゴの大きさは、純正キャリパーの「/ /R8」のロゴを実測し、これに準じました。

Red Caliper Paint, Audi R8 V10 5.2 FSI quattro

 Roland CutStudio用に、データを起こします。

 なお、貼り付ける際にセンターが出しやすいよう、ガイドラインとなるデザインを入れてあります。

Red Caliper Paint, Audi R8 V10 5.2 FSI quattro

 いったん、紙に打ち出し、キャリパーに当ててみて、具合を確認します。

Red Caliper Paint, Audi R8 V10 5.2 FSI quattro

 フロントキャリパー。

Red Caliper Paint, Audi R8 V10 5.2 FSI quattro

 リヤキャリパー。

 想定どおり、イイ感じになりそうです。0xF9C6

Red Caliper Paint, Audi R8 V10 5.2 FSI quattro

 さっそく、カッティングシートを切り出します。

 通常のロゴは、1色ですが、今回は、2色にチャレンジしてみます。まずは、菱形(「/ /」)の部分のみ、赤のカッティングシートで切り出します。

 カッティングシートは、3M Japanさんのスコッチカルフィルム、Jシリーズの「ブリリアントレッド」(SC289)を使っています。

Red Caliper Paint, Audi R8 V10 5.2 FSI quattro

 途中を飛ばしてしまいましたが、白のカッティングシートを切り出し、その上に、先ほど切り出した赤のカッティングシートを、精確に重ね合わせます。

 その上から、アプリケーションシートを貼り付け、完成です。

 白のカッティングシートは、同じくJシリーズの「ホワイト」(SC001)で、アプリケーションシートは、「HA-1L」(弱粘着タイプ)を使っています。

 ということで、とりあえず準備完了。0xF9C6

(つづく)

1 Related Entries

Trackback(0)

Trackback URL: http://www.soaristo.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/1161

Post Comment