SOARISTO工房 Logo
Performance Strips Archive

 「BMW Performance Strips」が完成したところで、近所の撮影ポイントへ。

 ここは、トレンディードラマ(古)の撮影などで、よく使われるポイントです。

BMW Performance Strips

 BPSは、シルバー系の濃淡2色で構成されており、BMWのボディーカラーでいうと、「チタン・シルバー」と「スペース・グレー」に近い色です。

BMW Performance Strips

 一方、M3 Coupeは、Mモデルの専用色である、「シルバーストーンII」です。

 曇天の下で見ると、普通のシルバーのように見えますが、実際には、少し青み掛かったシルバーです。

BMW Performance Strips

 シルバー系の3色がうまくマッチした、トリコロールカラーとなっています。

 M3 Coupeのうねるようなボディラインが、うまく強調されています。0xF9C6

 前回の続きです。

BMW Performance Strips

 BMW Performance Strips(以下、BPS)の施工に使用する道具一式です。特殊なものは、特にありません。

 当然ながら、「マイペット」に入っているのはマイペットではなく、「水貼り」用の霧吹き器として使います。

 中に入っているのは、界面活性剤です。(という程の大げさなものではありませんが)

 界面活性剤の作り方も含め、カッティングシートの基本的な施工方法については、こちらに詳しくまとめてありますので、各自勉強してください。

BMW Performance Strips

 まずはじめに、カッティングシートが、アプリケーションシート(カッティングシートを保持する裏紙)の上に一体となって供給されているため、カッティングシートを各パート毎に切り出します。

 幼い時に作ったプラモデルのデカール貼りと同じ要領で、カッティングシートの縁ギリギリのところ(2mm程度)でカットします。

#大人になった現在は、1/1モデルでデカール貼り?0xF9C7

 ここで切り損じると、すべてが台無しになってしまうので、あくまで慎重に。

BMW Performance Strips

 入念に洗車します。

 カッティングシートを貼るのにベストな日は、曇りの日です。晴れた日だと、ボディー表面の温度が上がり、カッティングシートの粘着力が強くなり過ぎてしまい、作業性が悪くなります。

#職人の場合には、慣れているので、微妙に晴れた日に施工しましたが。

BMW Performance Strips

 カッティングシートを貼り込む前に、ボディー表面を脱脂しておきます。

 画像は、かなり以前にTOYOTAのディーラーさんからいただいた、業務用の脱脂剤、「プリップソル」(デュポン社製)です。

 ペイントシーラントの前処理用として使うもので、ボディー表面を痛めずに、ピッチやタールなどが、面白いほど綺麗に取れます。非常に重宝します。

 普通は持っていないと思いますので、タミヤさんの「エナメル溶剤特大」(X-20)で代用します。

 化粧用のコットンで、カッティングシートの貼付予定位置周辺を、入念に脱脂します。

BMW Performance Strips

 まずはじめに、フューエルリッド(給油口)のある右側から施工します。
(左側から施工すると、カッティングシートの位置が、左右非対称になる可能性が高くなります)

 サイドパネルのプレスラインを目印にして、マスキングテープで、カッティングシートを仮止めしていきます。

 プレスラインのエッジに対して、カッティングシートの縁のラインが、完全に平行になるように調整します。

BMW Performance Strips

 フューエルリッド周辺です。

 フューエルリッドの隙間に対して、カッティングシートのマージンが、左右それぞれ3mm程度になるように微調整し、この位置を基準とします。

BMW Performance Strips

 いよいよ貼り付け開始です。

 まずはじめに、ボディー表面に、散水器で、ジャカジャカと水を掛けます。

 さらに、カッティングシートの貼付予定位置に、霧吹き器で、シューシューと界面活性剤を吹き掛けます。

 これ以降、少しでもボディー表面が乾いてきたと思ったら、散水器でジャカジャカ、霧吹き器でシューシューします。
(良い仕事をするためには、手間を惜しんではいけません)

 カッティングシートを持ち上げて、カッティングシートのほぼ半分の長さのところで、ハサミで、アプリケーションシートを切り落とします。

#アプリケーションシートを、一気に剥いちゃうヒトもいますが、たいてい失敗します。

BMW Performance Strips

 アプリケーションシートを切り落としたカッティングシートの裏側にも、霧吹きしながら、カッティングシートをボディー表面に戻します。

 再度、カッティングシートを、プレスラインに合わせて、位置決めします。
(この段階では、ボディー表面とカッティングシートとの間に界面活性剤が入っているので、まだカッティングシートを動かすことができます)

 残り半分のアプリケーションシートも、カッティングシートの裏側に霧吹きしながら剥がし、カッティングシートをボディー表面に戻します。

BMW Performance Strips

 ラインが決まったら、スキージを使って、ボディー表面とカッティングシートとの間の界面活性剤を追い出していきます。

 スキージは、カッティングシートの中央から、左右端点に向かって、水平方向に動かします。最初は優しく、徐々に力を入れていきます。
(あまり力を入れ過ぎると、カッティングシートの表面にキズが入ってしまうので注意)

BMW Performance Strips

 ドアパネルも同様に、カッティングシートを貼っていきます。

BMW Performance Strips

 パネルの継ぎ目のところは、ラインの延長線がぴったり重なるように、細心の注意を払って位置決めします。
(コンマ何mmでもラインがズレていると、非常にみっともなくなります)

 パネルの隙間に対するカッティングシートのマージンは、左右それぞれ2~3mm程度になります。

BMW Performance Strips

 フロントパネルまで終わったところです。

 フロントからリヤに掛けて、ピタ~ッとラインが出ているのが分かると思います。

BMW Performance Strips

 つづいて、エッジ部の処理です。

 カッティングシートは、熱を加えると、加工しやすくなり、また粘着力が増します。

 ヒートガンを使い、エッジ部を暖めながら、徐々に形状に合わせていきます。といっても、普通はヒートガンは持っていないと思いますので、ヘヤードライヤーで代用します。
(あまり暖め過ぎると、形状に合う前にクタ~ッとしてしまうので、注意)

 カッティングシートの先端の位置は、フロントパネル上端から、25mmの位置となりました。この位置を覚えておき、左側も左右でシンメトリーとなるよう、施工します。

#非常に細かくて、誰も気付かないと思いますが、イーグルアイの眼球(?)の側面に入っているラインと、ピッタリ合わせてあります。

BMW Performance Strips

 ドアのエッジ部も、慎重に折り曲げていきます。

BMW Performance Strips

 ドアの反対側のエッジ部です。

 折り曲げのマージンは、3mm程度です。この程度あれば、ワックス掛けをしても、引っ掛かることはありません。

BMW Performance Strips

 さて、最大の難関、フューエルリッド周辺部の処理です。

 まず、フューエルリッドのフタを開け、ヒートガンを使って、外側のエッジ部を折り曲げていきます。

BMW Performance Strips

 拡大すると、こんな感じです。

 焦らず、ゆっくりと、カッティングシートの中央から、左右端点に向かって曲げていきます。

BMW Performance Strips

 つづいて、フューエルリッドのフタの部分に、カッティングシートを貼り込みます。

 こちらも、ラインの延長線がぴったり重なるよう、細心の注意を払います。

BMW Performance Strips

 ヒートガンを使って、内側のエッジ部を、徐々に徐々に折り曲げていきます。

BMW Performance Strips

 フューエルリッド周辺部の処理、完了です。

BMW Performance Strips

 左側も、右側の位置関係を参照しながら、左右でシンメトリーとなるよう、施工します。

 こんな感じで、完成しました。

 前回の続きです。

BMW Performance Strips

 「BMW Performance Steering Wheel」と合わせて、「BMW Performance Strips」が届きました。
(その他にも、いろいろと小物が・・・)0xF9F8

 カッティングシートは、フロントパネル用・ドアパネル用・リアパネル用の、3つのパートに分かれています。長辺の長さは、1,600mmぐらいです。

 アプリケーションシートの裏地を見たら、住友3M製でした。「ALPINA風デコライン」と同じですね。0xF9CE

 ちなみに、以前にも書きましたが、Performance Stripsの購入価格は、71.65ユーロだったので、9,171円ぐらいでした。

 一方、例によって、某「ファッション系チューニングショップ」に問い合わせてみたところ、70,000円(取付工賃込み、納期数週間)とのこと。

#いや~。改めて、お見逸れいたしました~。0xF9D1

 BMW Performanceで、面白いパーツを発見しました。

 デコライン好きの職人としては、とても気になるところです。0xF9CF

BMW Performance Strips

   部品番号: 51 14 0 442 631
   部品名: PIN-STRIPE DECAL KIT

 ドイツ本国での標準価格は、82.35ユーロなので、10,541円ぐらいですね。(1ユーロ=128円換算)
(購入価格は、71.65ユーロだったので、9,171円ぐらい)

#そのうち、某「ファッション系チューニングショップ」などが、ボッタクリ価格で出すと思いますので、先に標準価格を書いておきます。0xF9D1

BMW Performance Strips

 E92 Coupeに装着すると、こんな感じ。エッジの効いた、シルバー系のボディーラインに、よく似合いそうです。

 説明文によると、

 This strip improves the aerodynamic performance, and it makes the top speed 5km/h faster than before.

だそうです。

 さっすが、BMW Performanceパーツ!!
(なんて、It's only a joke.)0xF9F8

BMW Performance Strips

 一見、ブラックのように見えますが、カーボン調かも知れません。

 ということで、0xF8C2。