SOARISTO工房 Logo
Car Archive
2006/06/21

 PIAAのWhat's Newを見ていたら、このようなニュースが↓。

   「最新!!H.I.Dコントローラー近日発売!!

 キャプションは、

   ~世界初!!運転席から照射光の色温度をコントロールできる!!~

だそうです。

 相変わらず、「世界初!!」とか「最新!!」とかのワードがお好きなようで・・・。

#まぁ、四十過ぎてイイ歳こいて、茶パツで、オレンジ色のスーツにオレンジ色のネクタイをなさっているような方が率いているような会社が(以下、280ps自主規制)。0xF9D1

 個人的には、この一件以来、「ひとり不買運動」を展開中であり、この手のキャプションは「まったく信用していない」ので、どーでもいい訳ですが。

 「HIDバラストのハイワッテージ化」の発表から、ちょうど3年が経ちましたが、生意気な言い方をさせていただければ、

   「やっと追いついたか」

という感じです。

 その昔、「ソニー・モルモット説」というのがありましたが、「LEDポジションランプ」といい、「ホワイト・エンジェルアイ」といい、今回の「ハイワッテージ・バラスト」といい、SO社に対するP社のように、需要が顕在化してくると、アイデアをパチって出してくるみたいな感じです。

#まさかこのサイトはご覧になっていないとは思いますが。0xF9D1

 一部の方には、たいへんお待たせいたしました。「M5用パドルシフト移植」ですが、遂に完成いたしましたっ!!0xF9CF

 パーツ一式は、すでに昨年の7月(しかも納車の1週間前)に手に入っていたのですが、忙しさにかまけて、いままで放ったらかしにしていました。0xF9C7

 このほど、WDSにより制御信号の解析が終わりましたので、遅ればせながら、取り掛かることにしました。

〔M5用パドルシフトの移植〕

M5_paddle10.jpg

 バッテリーのマイナス側端子を、M10のレンチを使ってサクッと取り外します。

M5_paddle11.jpg

 オリジナルの「M-Sport レザー・ステアリング・ホイール」です。

M5_paddle12.jpg

 「エアバッグ・ユニット」を、サクッと取り外します。

M5_paddle13.jpg

 「マルチ・ファンクション・ユニット」を、2本のT20トルクスボルトを外して、サクッと取り外します。

M5_paddle14.jpg

 エアバッグを押さえているプレートを、4本のT25トルクスボルトを外して、サクッと取り外します。

M5_paddle15.jpg

 「ステアリング・ホイール」を固定しているM15のセンターボルトを、サクッと外します。

M5_paddle16.jpg

 「ステアリング・ホイール」を、サクッと取り外します。

M5_paddle17.jpg

 逆順に、サクッと戻します。

M5_paddle18.jpg

 「M5用パドルシフトの移植」、サクッと完成です。

 手順さえ分かっていれば、小一時間でできてしまうと思います。基本的には、カプラー・オンでできるので、とても簡単です。0xF9C6

〔インプレッション〕

 いや~、いままで何で放ったらかしにしていたのか、メチャメチャ後悔です。もっと早く取り付けておけば良かった~。

 い~です、これ。0xF9CF

M5_paddle04.jpg

 レザーの縫合部には、M社の証である「トリコロールステッチ」が入っています。泣かせます。0xF9D3

M5_paddle19.jpg

 夜間、イルミネーションを点灯させると、パドルの「+」「-」マークが、白く浮かび上がります。感動です。0xF9D3

 530iに搭載されている新世代ストレート6エンジン「N52B30A」ですが、1500rpmから6700rpmという幅広い回転域で、最大トルクの90%以上を発生します。さらに、2,500rpmから4,000rpmの回転域で、ほぼフラットに最大トルク30.6kgm(300Nm)を発生します。

 「N52B30A」エンジンの美味しいところを味わい尽くすには、やはりATを「スポーツ・モード」にして、能動的にシフトアップ・シフトダウンした方が良い訳ですが、さらにそこに「パドルシフト」が加わることにより、まさに手綱を引いているような、「人馬一体」の感覚を味わうことができます。

 2速全開で、5,000rpmぐらいまで引っ張っちゃったりすると、それはもう、得も言われぬ、もの凄い加速感を味わうことができます。0xF9CB

 市街地でも、無意味にパコパコやっちゃったりして。0xF9C7

   「フォン、フォオ~~~ン」0xF9A4

 く~っ、BMWにして良かった~。0xF9CF

   「駆けぬける歓び」

〔その他〕

 気になる費用ですが、ドイツ本国からパーツを直輸入すると、842.6ユーロ(当時の為替レートで約113,000円)でできてしまいます。

 個人レベルで「M5用パドルシフト」を移植したのは、おそらく日本では初めてかなと。0xF9C6

#なお、素人が不用意に手を出すと、エアバックが誤作動する(暴発、または必要な時に作動しない)危険性がありますので、ご注意を。
#また、バッテリーを外すと、「アクティブ・ステアリング異常」のワーニングが出ますので、リセットのための“呪文”が必要となります。

2006/06/17
[ Car, Movie ]

m6-01.jpg

2006/06/15

 皆さま、こんばんは、SOARISTOです。0xF995

qrio.jpg

 先ほど工房を開いてみると、累計アクセス数が140万アクセスを超えていました。0xF9A0

 いち、にの、さんすう好きの職人は、さっそく計算をしてみました。

   ・2001年7月17日の開房から、140万アクセスを超えた本日2006年6月15日までの日数は、1,794日。
   ・2001年7月17日の開房から、100万アクセスを超えた2005年9月4日までの日数は、1,510日。

 これらより、

   ・開房から100万アクセスを超えるまでは、平均662アクセス/日。
   ・100万アクセスから140万アクセスを超えるまで(284日間)は、平均1,408アクセス/日。

となりました。

 おそらく、開房まもないころには、もう少し平均アクセス数が少なかったと思われますので、50万アクセスから100万アクセスまでの追い込みは、平均1,100アクセス/日ぐらいかと思われます。

#ドメイン別に見ると、1/3ぐらいが、海外からのアクセスです。

 また、日々のアクセスログを確認すると、これまで2回以上アクセスされたことのある「リピーター」の方が、60%以上を占めています。

#中には、500回以上アクセスされている方も。0xF9CF

 開房以来、5年を待たずして、累計アクセス数が140万アクセスを超えましたことは、“クルマ”を題材とした、完全に私的なHPとしては、驚異的なことではないかと思います。

 これも、ひとえに、皆さま方のご愛顧の賜物でございます。工房管理人として、深く御礼申し上げます。

 ここしばらくは、多忙により、DIYレポートの更新や、レポートを書いても、「以下、編集中」のことが多く、お楽しみいただいている皆さまには、たいへんご迷惑をお掛けしておりますが、引き続き、末永くご愛顧いただけますよう、宜しくお願い申し上げます。

 重ねて、厚く御礼申し上げます。0xF9EB

2006/06/14

 Nicoleさんの新しいメンテナンス・ブースで、「Alpina B7 Supercharge」を見せていただいた後、ショールームでセールスさんと、「今期もBMWさん、好調のようですねぇ」なんて、雑談をしていたところ、

   「750iが来ているのですが、試乗なさいますか?」0xF9C6

   「え゛ぇ~っ! いいんですか!?」0xF9CF

ってことで、ひょんなことから、BMWのフラッグ・シップを試乗できることになりました。

 さっそく、Nicoleさんのモータープールに行くと、

750i-01.jpg

   (ドカ~ン!)

 いましたいました、デカいのが↑。(しかも、左ハンドルぢゃないかい)0xF9C7

 BMW 750i (車両本体価格:11,000,000円~)
   全長:5,040mm、全幅:1,900mm、ホイールベース:2,990mm
   車両重量:2,040kg、車両総重量:2,315kg
   エンジン種類:V型8気筒DOHC、総排気量:4,798cc
   最高出力:367ps/6,300rpm、最大トルク:50.0kgm/3,400rpm
   0-100km/h加速性能:5.9秒

 ちょっとその大きさと価格にビビりながらも、涼しい顔をして、さっそくエンジン・スターティング・スイッチを押して、8つのシリンダーに火を入れます。

   「ドゥグゥ~ン!」0xF9A3

(以下、まだ編集中)

 ところで、まったくのべつけんですが、職人さん、また何か良からぬことを考えてるみたいですよ↓。0xF9C7

eagle01.jpg