SOARISTO工房 Logo
Car Archive
2006/06/17
[ Car, Movie ]

m6-01.jpg

2006/06/15

 皆さま、こんばんは、SOARISTOです。0xF995

qrio.jpg

 先ほど工房を開いてみると、累計アクセス数が140万アクセスを超えていました。0xF9A0

 いち、にの、さんすう好きの職人は、さっそく計算をしてみました。

   ・2001年7月17日の開房から、140万アクセスを超えた本日2006年6月15日までの日数は、1,794日。
   ・2001年7月17日の開房から、100万アクセスを超えた2005年9月4日までの日数は、1,510日。

 これらより、

   ・開房から100万アクセスを超えるまでは、平均662アクセス/日。
   ・100万アクセスから140万アクセスを超えるまで(284日間)は、平均1,408アクセス/日。

となりました。

 おそらく、開房まもないころには、もう少し平均アクセス数が少なかったと思われますので、50万アクセスから100万アクセスまでの追い込みは、平均1,100アクセス/日ぐらいかと思われます。

#ドメイン別に見ると、1/3ぐらいが、海外からのアクセスです。

 また、日々のアクセスログを確認すると、これまで2回以上アクセスされたことのある「リピーター」の方が、60%以上を占めています。

#中には、500回以上アクセスされている方も。0xF9CF

 開房以来、5年を待たずして、累計アクセス数が140万アクセスを超えましたことは、“クルマ”を題材とした、完全に私的なHPとしては、驚異的なことではないかと思います。

 これも、ひとえに、皆さま方のご愛顧の賜物でございます。工房管理人として、深く御礼申し上げます。

 ここしばらくは、多忙により、DIYレポートの更新や、レポートを書いても、「以下、編集中」のことが多く、お楽しみいただいている皆さまには、たいへんご迷惑をお掛けしておりますが、引き続き、末永くご愛顧いただけますよう、宜しくお願い申し上げます。

 重ねて、厚く御礼申し上げます。0xF9EB

2006/06/14

 Nicoleさんの新しいメンテナンス・ブースで、「Alpina B7 Supercharge」を見せていただいた後、ショールームでセールスさんと、「今期もBMWさん、好調のようですねぇ」なんて、雑談をしていたところ、

   「750iが来ているのですが、試乗なさいますか?」0xF9C6

   「え゛ぇ~っ! いいんですか!?」0xF9CF

ってことで、ひょんなことから、BMWのフラッグ・シップを試乗できることになりました。

 さっそく、Nicoleさんのモータープールに行くと、

750i-01.jpg

   (ドカ~ン!)

 いましたいました、デカいのが↑。(しかも、左ハンドルぢゃないかい)0xF9C7

 BMW 750i (車両本体価格:11,000,000円~)
   全長:5,040mm、全幅:1,900mm、ホイールベース:2,990mm
   車両重量:2,040kg、車両総重量:2,315kg
   エンジン種類:V型8気筒DOHC、総排気量:4,798cc
   最高出力:367ps/6,300rpm、最大トルク:50.0kgm/3,400rpm
   0-100km/h加速性能:5.9秒

 ちょっとその大きさと価格にビビりながらも、涼しい顔をして、さっそくエンジン・スターティング・スイッチを押して、8つのシリンダーに火を入れます。

   「ドゥグゥ~ン!」0xF9A3

(以下、まだ編集中)

 ところで、まったくのべつけんですが、職人さん、また何か良からぬことを考えてるみたいですよ↓。0xF9C7

eagle01.jpg

2006/06/13
[ ALPINA, Car ]

 今朝、出社のため、最寄りの駅まで歩いていると、、、

 ぬぁんとっ! 某国道で、仮ナンバーを付けた「Alpina B6 Supercharge」(車両本体価格:19,950,000円~)と遭遇しました。

 世界で、最も美しいクーペ。0xF9CB

 あまりの出来事にあっけに取られてしまい、SO902iのカメラに収めることができませんでした。残念。0xF997

 走り去って行った方向からすると、Nicoleさんの本社に向かったものと思われます。

 しかし、これだけの高級車が、トランスポンダーによる陸送ではなく、自走だったのが謎です。
(もしかすると、納車用のクルマではなく、ショールームか試乗用のクルマだったのかも知れません)

 しかし、幸いにも、自走だったことにより、ヴォヴォヴォヴォヴォ~という、Alpinaサウンドを聴くことができました。

 いや~、ほんとに「メカニカル・ノート」という感じの、いい音してました~。0xF9CF

 で、Nicoleさんついでですが、このほど、本社の隣に、新社屋が完成されたとのことで、さっそく遊びに行ってきました(先月の5月28日)。

 新しいメンテナンス・ブースを覗いてみると、、、

 ぬぁんとっ! 納車前点検を受ける「Alpina B7 Supercharge」(車両本体価格:20,580,000円~)が鎮座ましましていました。さすがはNicoleさん。0xF9CB

ALPINA B7 Supercharge

 Alpina B7 Superchargeについては、以前にも紹介しましたが、今回も、フェイスリフト後の7シリーズがベースとなっています↑。

ALPINA B7 Supercharge

 ボンネット・フードを開けて、新しいAlpinaの心臓部を見せていただきました↑。

 4.4リッターV8エンジンに、メカニカル・ラジアルコンプレッサーが組み込まれています。

ALPINA B7 Supercharge

 標準で、21インチ・ホイール(Alpina Classic)を履いてます↑。

 ほとんど反則です。0xF9CF
(フロント:245/35ZR21、リア:285/30ZR21)

#整備のため、センターキャップが外されています。
(Alpinaホイールは、アウターリムには、エアバルブがないのです。なぜかというと・・・)

ALPINA B7 Supercharge

 オフ・ホワイトのレザーと、チェリーブラウンのウッドのコントラストが、目に鮮やかです↑。

 さらに、このクルマは、右ハンドル仕様になっています。
(+541,000円のオプション)

ALPINA B7 Supercharge

 最上級のレザーを使った、後席です↑。

 Alpinaロゴが、誇らしげです(すべて手縫い)。 

ALPINA B7 Supercharge

 いや~、至れり尽くせり。

 後席は、まさに「走る応接室」という感じです↑。

ALPINA B7 Supercharge

 世界で最も美しいお尻↑。

 Alpinaらしい、控えめなリヤスポイラーですが、エアロダイナミクス的には、完璧なのでしょう。 #7シリーズですが、フェイスリフトを受けて、とても良いデザインになったと思います。0xF9CF

 いや~、ほんとうに良い目の保養になりました~。(表現が、じじむさい)0xF9C7

 juin兄さん、どですか、おひとつ?0xF9CE

〔関連情報〕
   ・Alpina B7 Supercharge (1)

2006/06/11
[ Car, Movie ]

 前回の続きです。

 1 Seriesをこよなく愛するKermitくん。今回は、CF撮影の舞台裏を紹介してくれます。

 思わず吹き出してしまいます。というか、ほんとうに命が通っているかのようです。0xF9CF

clip03.jpg

〔関連情報〕
 ・【映像】Kermit drives BMW 1 Series