SOARISTO工房 Logo
Car Archive
2005/12/18

 "聴覚的に分からないなら視覚的に"ということで、スペクトル分析をしてみました。

〔エンジン音1のスペクトル分布〕

Analyze Air Intake Sound

〔エンジン音2のスペクトル分布〕

Analyze Air Intake Sound

 さて、1と2の違いは?

2005/12/18

 で、何がしたかったかというと、これです。

〔エンジン音1〕

(クリックでスタート)
Compare Air Intake Sound

〔エンジン音2〕

(クリックでスタート)
Compare Air Intake Sound

 皆さん、1と2の違いが分かりますでしょうか?

2005/12/18

 まずはじめに、TOYOTA 2JZ-GTEのエンジン音です。

 いまとなっては、国内最後の「ストレート6+ツインターボエンジン」となってしまいました。

(クリックでスタート)
TOYOTA 2JZ-GTE

 シーケンシャルツインターボの過給音が、い~い音してます。0xF9CE

 吹け上がりが若干鈍いようにみえるのは、踏み込み量を加減したためであり、実際にはもっとビュンビュン回ります。
(ECUの変更によりレブリミットがカットされているため、気を遣ってます)

 つづいて、BMW N52B30Aのエンジン音です。

 2005年春から国内に投入された、BMWの誇る「新世代ストレート6エンジン」です。
(世界初マグネシウム合金エンジンブロック、第二世代バルブトロニック)

(クリックでスタート)
BMW N52B30A

 「これってバイクのエンジン?」と思うくらい、鋭い吹け上がりです。0xF9CF

 BMW独特の「ビ~ン」という音が特徴的です。この特徴は、高回転になるほど強くなります。まるでエンジンが「回せ、回せ!」といっているかのようです。

 このエンジン音だけで、「Bimmerになって良かった~」と思えるくらいです。

#この歓びは、LEXUSでは味わえなかったでしょう、きっと。

 2つのエンジンをざっくりと対照すると、2JZ-GTEが「弦楽器のような艶やかなエンジン音」、N52B30Aが「管楽器のような乾いたエンジン音」、となるでしょうか。

3 Related Entries
Next 

吸気音比較 (1)
2005/12/11

 2005年8月27日~28日の2日間、「富山巡礼の旅」に行って参りました。

bbs-toyama01.jpg

 SOARISTO号の隣りは、前日に納車となったばかりのtom_ari号。

 この時点では、日本にまだ10数台しかデリバリーされていない、正真正銘の「M5」(車両価格:1,330万円~)です。0xF9CB

 富山と言えば、行き先はもちろん、F1をはじめ、数々のレースシーンに世界最高水準のホイールを供給し続ける、「日本BBS」さんです。
(正確には、その製造元である「ワシマイヤー」さん)

bbs-toyama02.jpg

 今回は、juinさんとtom_ariさんのお取り計らいで、日本BBSさんの常務取締役じきじきにご案内いただけることになりました。

 技術屋の端くれとしては、これまで履いてきた「Super-RS」や「LM」が、どのような環境で作られているのか、とても興味があるところです。

 また、日本BBSさんのプレスリリースでは、このほど国内最大級の「9,000トンプレス機」が完成したとのこと。これは見逃すわけにはいきません!0xF8F2

bbs-toyama03.jpg

 残念ながら、機密保持の関係で工場内の設備を撮影することはできませんでした。

 ということで、展示されていた「芸術品たち」をパチリ。0xF8E2

bbs-toyama04.jpg

 皆さん、これが何だか分かりますでしょうか?

 これぞ、世界に冠たるBBSホイールの原点なのです。0xF99F

 正解は、「糸巻き」です。

 糸巻きといっても、工業用の繊維を巻き取っておくためのものです。

 糸は常に一定のテンションで引っ張っておくため、糸巻き本体には相当な負荷が掛かります。しかし、20数年前の当時には、この高負荷に長時間耐えうる糸巻きがありませんでした。

 そこで、鉄器などの金属加工の盛んな富山にある「とある工場」(こうば)が、自ら培ってきた「鍛造」(たんぞう)という技術を応用して、非常に耐久性の高い糸巻きを開発、完成させました。

 一気に市場を寡占するに至りましたが、その耐久性ゆえ(軽く10~20年は保ってしまう)、しだいに取り引き数が少なくなってしまうという結果となりました。その工場では、この鍛造技術を何とか他の製品に活用できないものかと、頭を悩ませていました。

 一方、彼の地、ドイツでは、二人の技術者が、軽量かつ強靱で、耐久性に優れた自動車用ホイールの開発を進めていました。しかし、当時のドイツ国内には、二人の条件を満たせる金属加工技術が無かったため、その技術を求めて世界中を探し回ってていました。

 やがて、二人の技術者の熱き思いと、日本の優秀な金属加工技術が強く結びつき、世界最高峰の軽量ホイールが完成することになるのです。0xF9A0

 この辺りについては、「日本BBS物語」という書籍に詳しく紹介されています。

#記憶を頼りに書いているので、ちょっと違うところがあるかも知れません。

 ということで、「BBS」というとドイツのメーカーっぽいですが、ホイールは日本で作っているのです。
(一部のホイールはドイツでも作っていますが)

bbs-toyama05.jpg

 もひとつ、パシャっと。0xF8E2

 何やら、どこかで見掛けたようなホイールがいくつか。

#歴代GT-R、NSX、impressa、etc.

bbs-toyama06.jpg

 右手前は、BMW純正ホイール(オプション)。

 中央は、Ferrariのテンパータイヤ用ホイール。

#Ferrariは、スペアタイアも鍛造なのです!0xF999

 左手奥は、TOYOTA F1用ホイールです。

bbs-toyama07.jpg

 TOYOTA F1に供給している「マグネシウム鍛造ホイール」(通称:マグ鍛)です。

 実際に手に触れることができました。

 片手ではちょっと怖い(お値段不明)ので、両手でおそるおそる持ち上げてみると、これが拍子抜けするくらい軽いのです!0xF9CF
(女性でも、手の平に載せたまま持ち上げられるくらい)

bbs-toyama08.jpg

 注目はその内部。0xF8F2

 単なるラフメッシュスポークではなく、メッシュの間が、さらなる軽量化のために「肉抜き」されているのです。

 強靱で力学的なバランスの取れたBBSホイールだからこそできる技ですね。

bbs-toyama09.jpg

 ここで、ホイール当てクイズ!

 世界の超弩級スーパーカー&スーパーサルーンの足です。
(すべて20~21インチクラス)

#これだけで小型車が買えそう。0xF9C7

bbs-toyama10.jpg

 暮れゆく日本海、海岸べりに佇むE60ブラザーズ。

〔おまけ〕

  • BBS ... 二人の創業者、Heinrich Baumgartner(ハインリヒ・バウムゲルトナー;現社長)とKlaus Brand(クラウス・ブラント;現副社長)、そして創業の地、Schiltach(シュルタッハ;ドイツ南西部の町)の頭文字に由来。
  • BMW ... ドイツ語読みは「ベーエムヴェー」。Bayerische Motoren Werke(バイエリシュ・モトーレン・ヴェルケ)の略。日本語に訳すと「バイエルンエンジン製造会社」。
  • KKK ... ドイツのターボチャージャーメーカー。Kuehnle(クーンレ)、Kopp(コプ)、Kausch(カウシュ)の頭文字に由来。
2005/12/10
[ Car, Tips ]

carbon01.jpg

 あれっ? M-Sportって、リヤスポイラーがブラックアウトされてましたっけ?0xF8F2

carbon02.jpg

 違う角度から、パシャッ。0xF8E2

 ぬぉっ、ルーフもブラックアウトされているぞ!

carbon03.jpg

 しかもカーボン?0xF9CF

carbon04.jpg

 ってことで、M3 CSL風(M6風?)に、ルーフ全面、B・Cピラー、リヤスポイラーにカーボン調シートを貼ってみました。

dark17.gif

 使用したカーボン調シートは業務用のもので、一般に市販されているシートより伸縮性があり、かつ屋外耐候性3年のものです。

 この「3年」というのは、“3年しか保たない”という意味ではなく、“直射日光(紫外線)に連続3年間さらされたとしても、ある一定以上の性能を保てる”という意味です。

 ということで、いつもは屋根付きのガレージに保管しているので、実効上はなんら問題はありません。0xF9C5

 単なるブラックアウトではなく、カーボン調の微妙な風合いがいい感じです。一見、次期Sクラスのオプションにあるグラスルーフ風にも見えます。

 賛否両論あるとは思いますが、飽きたら剥がせばまた元通りにできるのもポイントです。0xF9CE

 今回は、難易度が非常に高いため、施工は、「GTSマーキング」さんというところにお願いしました。

 この業者さん、数々のレース車両やオートサロンなどの展示車のカラーリングを手掛けているプロ中のプロです。工房でも、かなり以前から、「ALPINA風デコラインの製作」や「Supuraブレーキシステムの移植」(キャリパーのロゴ)などでお世話になっています。

 特にすごいのは、ルーフが、継ぎ目のまったくない「一本貼り」になっていることです。天頂部から、ヒートガンで暖めながら、手で四方八方に少しずつ伸ばし、緩やかなアールに完全に密着させていきます。

 ドルフィンアンテナの部分も、小さく穴を空けて、少しずつ実物に合わせながらカットし、隙間なく完全にフィットさせてしまいました。ほとんど、神業を見ているようでした。

 気になるお値段ですが、ルーフ全面が**,***円、B・Cピラーが**,***円、リヤスポイラーが**,***円でした。
(過去のメールが吹っ飛んでしまったので、現在サルベージ中)

〔参考情報〕
   ・GTSマーキング
   ・完全オリジナルカーボン柄シート