SOARISTO工房 Logo
Car Archive

 またも、だいぶ間が開いてしまいましたが、前回の続きです。

 リヤウィンドウへの取り付けも完了し、いよいよ動作を確認します。

Drive Recorder, Security LED

 自作した、「セキュリティLED制御回路」です。

 《駐車中》 警戒モード時

 左右のLEDが交互に点灯し、カメラが動作中であることを示します。

 キーをロックしてから警戒モードに入るまでの時間は、回路上のディップスイッチを切り替えることにより、0秒/30秒/1分/3分の4種類から選ぶことができます。

2016/07/09
[ Car, Tips ]

 約1ヶ月ぶりのblog更新です。

 思うところあって、ワイパーブレードを交換することにしました。

PIAA Silicone Rubber Wiper Blades IWS55FB / IWS55C

 PIAA社の製品は、この一件以来、「ひとり不買運動」を展開中でしたが、致し方ない事情により、「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」、購入することにしました。0xF9D1

 同社の、「輸入車対応 超強力シリコート ワイパー」です。

 一般的には、Porsche純正採用のBOSCH社製にしておけば間違いないのですが、他メーカーでは、「カーブタイプ」(後述)のワイパーブレードが見付からなかったため、止むに止まれず、同社製品を選択しました。

 また、同社の“いい加減な”カタログでは、助手席側に適合する製品は「なし」となっていますが、後述のとおり、同じ長さのカーブタイプのものが、しっかりと適合します。

PIAA Silicone Rubber Wiper Blades IWS55FB / IWS55C

 画像上側が、運転席側の純正ワイパーブレード、下側が「IWS55FB」です。
(東雲の超自動車裏方では、3,682円でしたが、ネットで2,343円で購入)

 ブレードの長さは、550mmです。

 純正にも、スポイラー(というか、フィン)が付いていますが、IWS55FBは、より大型のスポイラーが付いています。(「ビッグスポイラー」と称するらしい)

 このビッグマウス、いやビッグスポイラーに、カーボン調のカラーリングを施したタイプ(「カーボンカラー」)も出ていますが、見たところ、明らかにイミテーションっぽいカーボン柄であるため、オーソドックスな「ブラックカラー」を選びました。

 前回の続きです。

 リヤと順番が逆になりましたが、フロントのカメラ(Yupiteru Z800DRのドライブレコーダー部)を取り付けます。

Yupiteru Radar Detector & Drive Recorder Z800DR

 リヤの時と同様、フロントウィンドウ中央のラインを目印に、センターを出します。

 この位置から、カメラのレンズの中心がちょうどセンターに来るよう、ブラケットの固定位置を割り出し、マスキングテープでマーキングしておきます。

Yupiteru Radar Detector & Drive Recorder Z800DR

 仮設置したところ。

2016/05/08
[ Car, Event ]

 ゴールデンウィークの最終日、「袖ヶ浦フォレストレースウェイ」(以下、袖ヶ浦FRW)に来てみました。

BBS Japan Neko Automobile Festival 2016

 天候にも恵まれ、絶好の走行会日和です。0xF89F

BBS Japan Neko Automobile Festival 2016

 本日は、ここ袖ヶ浦FRWにて、「BBSジャパン ネコ・オートモービル・フェスティバル 2016」が開催されます。

 その名のとおり、主催・運営が「ネコパブ」さんで、冠スポンサーが「BBS Japan」さんになっています。

 ネコパブさんが出版される各種自動車雑誌の取材を兼ねたイベントで、カテゴリー分けした走行会や、サーキットタクシーなどが行われます。

 前回の続きです。

Yupiteru Drive Recorder DRY-WiFiV5d

 フロント用の「Z800DR」と同様、リヤ用の「DRY-WiFiV5d」も、φ3mmの砲弾型超高輝度赤色LED「OS5RAA3131A」に替えて、φ4.8mmの帽子型高輝度赤色LED「OS5RKE56C1A」を組み込みます。

Yupiteru Drive Recorder DRY-WiFiV5d

 分解した逆順に組み立て直して、完成。

 改造はこの辺りにして、いよいよドライブレコーダー本体を取り付けます。