SOARISTO工房 Logo
Car Archive
2015/05/08

 つっ、遂に、この日を迎えることになりました。0xF9CF

Porsche 911, BBS Wheel RI-D

 実は、前回の記事を書いた時には、すでに発注済みだったりする訳ですが・・・、0xF9C7

 Porsche用のサイズは、「オー特注~ル」ということで、ちょうど2ヶ月ほど待ちました。

#ちなみに、こちらは、約9年前に「RE」を装着した時のもの。

Porsche 911, BBS Wheel RI-D

 しかし、待った甲斐はありました。

 超超ジュラルミン鍛造ホイールにしか許されていない、「DURA」のセンターエンブレム。0xF9CB
(現在のところ、「RI-D」と「RZ-D」の2モデルのみ)

 「DURA」とは、もちろんジュラルミン。ラテン語の「durus」(硬い)と「aluminium」との合成語。

#ちなみに、この「DURA」のセンターエンブレムのデザイン、日本BBSの“さる方”のご考案だとか。
(本当は、黒地に金文字の、オーソドックスなタイプにしようと思っていたのですが、○○常務(当時)がデザインされたとのことで、こちらにしました)

 その、マグネシウム合金を使ったモデル(RE-Mg)よりも軽く、航空機にも多用されている「超超ジュラルミン」を、BBS独自の国際特許技術、「DFW」(Double Forged Wheel)技術によって製品化したものが、「RI-D」(および「RZ-D」)です。

2015/05/06

 前回のフロント編に続き、リヤ編です。

 以下、超高速モードで。0xF8D8

Porsche 997, Wheel Spacer, Red Painting, DIY

 「ポルシェ専用シザーズジャッキ」でジャッキアップして、

Porsche 997, Wheel Spacer, Red Painting, DIY

 ケミカル類を総動員して洗浄して、シリコンリムーバーで脱脂して、

2015/05/03

 またも、ちびパーツが海外から届きました。

Porsche 911, LED Side Winker

 アンバーイエローの5050のSMD(表面実装部品)タイプのLEDが、9個搭載されています。ちゅーこく製です。

#ちゅーこく製は忌み嫌っており(燃えたりするので0xF9FC)、できるだけ使わないようにしていますが、最近ではそうもいかず、必要最低限にしています。
 (しかも、ちゅーこくから直接買わず、アメリカから購入しました)0xF9D1

Porsche 911, LED Side Winker

 画像上から、標準のT10のウェッジ球、5050が5個搭載されたLEDランプ、5050が9個搭載されたLEDランプ、CanBus対応の5050が9個搭載されたLEDランプ(いずれも白色)、CanBus対応の5050が9個搭載されたLEDランプ(橙色)です。

 5050が9個搭載されたLEDランプ(以下、9発モノ)は、カーテシランプルームランプをLED化した際に使用しましたが、全長が長いため、サイドウィンカーのレンズユニット内に収まり切りません。(後述)

 一方で、5050が5個搭載されたLEDランプ(以下、5発モノ)では、昼間時の視認性が低くなる(光量が少ない)ことが予想されます。

1 Related Entries
2015/04/29

 前回の続きです。

Porsche 997, Wheel Spacer, Red Painting, DIY

 ホイールスペーサーに続き、ブレーキローターのハブの部分も塗装します。

#基本的には、以前の記事(約7年半前)と同じです。(詳しくはこちら

Porsche 997, Wheel Spacer, Red Painting, DIY

 まずは、「ポルシェ専用シザーズジャッキ」を使って、ジャッキアップします。

2015/04/26

 前回の続きです。

Porsche Wheel Spacer, martel

 まずは、ホイールスペーサーです。

 前回の測定値を元に、(今後の構想を考慮に入れて)フロントは7mm、リヤは10mmにすることにしました。

 Porsche用のホイールスペーサーを製造しているメーカーとしては、皆さんご存知、ドイツのH&Rさんが最も有名で、「第一次ツラツラ計画」でも使用しました。

 しかし、製品ラインナップが、7mm(品番:14957161、定価:28,080円)の上は、14mm(品番:28957161、定価:33,480円)となってしまい、しかも、7mmのものは、センターハブが「無い」タイプとなってしまいます。

 センターハブ無しは、いかに加工精度が高かったとしても、高速走行時のハンドルの“ブレ”が気になるところです。

#加えて、ドイツ本国での販売価格を知ってしまうと、日本の販売代理店とやらが、いかにボッタクっているかが分かるため、どうも国内で買う気にはなれません。0xF9D1

 厚みが7mmで、センターハブ付きで、しかもType 997はセンターハブが「3本爪」のタイプなので、この条件に合うホイールスペーサーを探したのですが、これがなかなか見付かりません。

 イタリアのBimeccさんも、Porsche用のホイールスペーサーを出していますが、こちらも厚みが7mm(品番:SP7POR、定価:10,800円)のものは、センターハブ無しとなっています。
(しかも、7mmの上は、15mm(品番:SP15POR、定価:19,440円)となってしまいます)

 一方、日本のiiDさんからは、厚みが7mm(品番:WS-0030-07、定価:9,720円)と10mm(品番:HS-00301DS-10、定価:18,360円)のタイプが出ています。

 他のメーカーが「鋳造」であるのに対し、iiDさんは「鍛造」ということで、(今後の構想を考慮に入れると)良さそうなのですが、7mmのタイプは「鋳造」となってしまい、しかも、やはりセンターハブ無しとなっています。

#う~む、なかなか難しいです。(もっとも、選んでいる時が一番楽しいのですが)0xF9C6

Porsche Wheel Spacer, martel

 最終的に、martelさんのホイールスペーサー、「MARS Super Spacer SS-Type」にしました。

 画像手前から、フロント用の7mm(品番:SS07TH-P002、定価:23,760円、購入価格:13,068円)、奥がリヤ用の10mm(品番:SS10TH-P002、定価:24,840円、購入価格:13,663円)です。

#ちなみに、オリジナルパーツをいくつか出している文京区千駄木のショップSさんでは、7mmが21,600円、10mmが25,920円。横浜市都筑区のショップCさんでは、7mmが19,440円、10mmが23,760円となっています。

 画像一番奥は、ホイールを取り付ける際に便利なツール、「ホイールセッティングボルト」(M14-P1.5、購入価格:4,320円×2本)です。(使い方は後日)

 気になる重量ですが、フロント用の7mmが0.33kg、リヤ用の10mmが0.47kgでした。
(ディジタル体重計(表示精度0.1kg)での測定値を元に推定したもので、多少の誤差はあるかも知れません)

 せっかく超超軽量ホイールと組み合わせても、ホイールスペーサーで重たくなってしまっては本末転倒ですが、この重量を見る限り、思ったほど影響はなさそうです。