SOARISTO工房 Logo
Car Archive
2014/03/30

 前回の続きです。

M3 Coupe vs 911 Carrera S

 助手席側です。

M3 Coupe vs 911 Carrera S

 両車のスカッフプレート。

 「///M3」の文字が、このクルマがただ者ではないことを物語っていますが、奥さんには、そんなことは分かりません。乗り降りの際に、平気で“蹴り”が入ります。0xF9FC

#まぁ、ドイツ車の場合は、サイドシルの高さが異様にあるので(日本車の“ふにゃふにゃ”ボディーとは違います)、ヒールの先を引っかけてしまうのも分からなくはありませんが、別名、「キッキングプレート」というからといって、蹴ってもいい訳ではありません。

 997には、「Carrera S」と入っています。「Carrera S」があるということは、「Carrera」があるということで、「Carrera」と「Carrera S」があるということは、「Carrera 4」と「Carrera 4S」があるということで、「Carrera 4」と「Carrera 4S」があるということは、「Targa 4」と「Targa 4S」があるということで・・・。(しつこい?)0xF9C7

#要は、こんなところにも、しっかりコストを掛けているということです。

2014/03/23

 ドイツ車の雄、2台を乗り継いだところで、両車を比較してみることにします。

M3 Coupe vs 911 Carrera S

 BMW M3 Coupe(E92)のV型8気筒4.0Lエンジン(S65B40A)。最高出力:420ps(309kW)/8,300rpm、最大トルク:40.8kg・m(400N・m)/3,900rpm。

 Porsche 911 Carrera S(997 Phase 2)の水平対向6気筒3.8Lエンジン(MA101)。最高出力:385ps(283kW)/6,500rpm、最大トルク:42.8kg・m(420N・m)/4,400rpm。

M3 Coupe vs 911 Carrera S

 M3 Coupeは、アイドリング時はV8特有のドロドロとしたエンジン音を響かせますが、ひとたびアクセルを踏み込むと、レッドゾーンの8,200rpmまでよどみなく一気に吹け上がります。V8エンジンであっても、「さすがはBMW」と思わせる精巧さ、スムースさがあります。0xF9CF

 997は、Phase 2(後期型)からエンジンが直噴化されています。Phase 1(前期型)の発表(2004年)から、4年を経ての更新となりますが、単なるマイナーチェンジではなく、まったく別物のエンジンに生まれ変わっています。

 例えば、Carrera S用のエンジンでは、Phase 1(3,824cc)の99.0×82.8mmに対し、Phase 2(3,800cc)は102.0×77.5mmと、ボアアップ&ショートストローク化され、最高出力は、355psから385psへと、一気に30psも向上しています。
(最大トルクは、400N・m(40.79kgm)から420N・m(42.83kgm)へと、20N・m(2.04kgm)拡大)

 アイドリング時は、バタバタとした不等長な音がしますが(しかも直噴エンジンのため、カラカラというトラック(ディーゼルエンジン)のような音も加わっています)、回転が上がるにつれ、Porscheならではの、得も言われぬ機械音を響かせます。0xF9CB

2014/03/21

 早いもので、昨年Carrera Sを購入してから、1年が経ちました。

Porsche 911 Carrera S

 定期点検から帰ってきたところで、もはや恒例となりました(?)、燃費をチェックしてみることにします。

#Porscheに乗っていて、燃費を気にしているヒトなんかいないと思いますが・・・。0xF9C7

Porsche 911 Carrera S Fuel Consumption

 これまでと同様、走行距離と給油量による「満タン法」による推定です。

 4,000kmちょっと走ったところでの累積燃費は、「6.0km/L後半」といったところでしょうか。

回数給油日ODD
(km)
TRIP
(km)
給油量
(L)
平均燃費
(km/L)
累積燃費
(km/L)
12013/3/94,732----
22013/3/94,75321.041.70.50.5
32013/4/135,221468.557.88.14.9
42013/4/285,696474.663.67.55.9
52013/6/86,104408.057.87.16.2
62013/7/146,556451.964.27.06.4
72013/9/146,969413.662.46.66.4
82013/11/37,359390.665.06.06.4
92013/12/17,807449.163.07.16.5
102014/1/18,276468.760.87.76.6
112014/2/98,773496.262.48.06.7
122014/3/219,131358.063.05.76.6

 いまのところ、これといった不具合は出ていません。

 6,000kmを超えた辺りでオイルレベル警告灯が出て、オイルを1L補充したぐらいです。

2014/03/15

 昨日はホワイトデーだったのですが、

REGAL Driving Shoes

 妻が、これまでのお返しにということで、靴をプレゼントしてくれました。

 ブルーのスエードで、ドライビングシューズっぽい感じ。レーシングシューズにも見えます。

REGAL Driving Shoes

 サイドのジッパーを締めると、足にぴったりフィットします。

#これでコーナーの脱出速度が、コンマ1秒速くなったかな。0xF9C7

 オーストラリアから、電子部品が届きました。

uLCD-43PT-AR

 4D Systemsさんの「uLCD-43PT-AR」です。(画像左側)

(画像右側は、開発時にPCと接続するための「4D Programming Cable」です)

uLCD-43PT-AR

 uLCD-43PT-ARは、4.3インチのフルカラーTFT液晶ディスプレイユニットに、Arduino用のシールドがセットになっています。

 ディスプレイの解像度はQVGA(480×272ドット)で、色数は16bit(65,536色)。これに、抵抗膜方式(Resistive)のタッチパネルが組み合わされています。

 ユニットの大きさは、105.5×67.0×14.7mmで、一般的なスマートフォンより、少し小ぶりな感じです。