SOARISTO工房 Logo
Car Archive

PICkit 3 In-Circuit Debugger

 アメリカ合衆国はアリゾナ州、テンペから、ピザが届きました。

PICkit 3 In-Circuit Debugger

 というのはもちろん冗談で、Microchip Technology社の「PICkit 3 In-Circuit Debugger」です。

 PICkit 3のラインナップには、開発用のボードが付いた「PICkit 3 Debug Express」と、PICkit 3本体のみの「PICkit 3 In-Circuit Debugger」があります。

 前者の「PICkit 3 Debug Express」は、秋月電子通商で7,000円、千石電商で7,800円、後者の「PICkit 3 In-Circuit Debugger」は、秋月電子通商で「取り扱い無し」、千石電商で5,800円で販売されています。

 円高のこの時代、直販で買った方が安い場合もあるので、今回はmicrochipDIRECTから、直接買いました。

 価格は、44.95ドル(1ドル91円換算で4,090円ぐらい、送料除く)でした。

 なにやら、また設計してます。0xF9C7

PIC24F Family

 以前に、今回の「CAN Scanner」のコントローラモジュールにしようとして、「PIC18Fファミリ」をご紹介しました。

 「PIC18Fファミリ」は、10MHzのクロックを4逓倍して、内部40MHzで動作させることができますが、4クロック/1命令のため、実効的な処理能力としては、10MIPSとなります。

 一方、「PIC24Fファミリ」では、8MHzのクロックを4逓倍して、内部32MHzでの動作となりますが、2クロック/1命令のため、処理能力は、16MIPSとなります。

 しかも、「PIC18Fファミリ」は8bitコアですが、「PIC24Fファミリ」は16bitコアであり、さらには16bitのハードウェア乗算器を内蔵しているため、今回の画像回転のような乗除算の多い処理を実行させるには、持ってこいです。

 実際の自動車においても、ローカルな部分の制御には、8bitコアのモジュールが使われていますが、モジュール間の制御や自動車全体に関わる複雑な処理には、16bitコアや32bitコアのモジュールが使われています。

 ということで、今回の「CAN Scanner」のコントローラモジュールには、16bitコアの「PIC24Fファミリ」を使うことにします。

2010/02/24
[ ALPINA, Car ]

BMW Award 2009

 Nicole BMWさんが、「BMW Award 2009」において、栄えある2009年度全国BMW優秀ディーラーに選出され、15年連続 全国BMW最優秀・優秀ディーラー賞獲得という栄誉を与えられました。

 いや~、素晴らしい。おめでとうございます。0xF9CF

〔関連情報〕
   ・15年連続 全国BMW最優秀・優秀ディーラー賞獲得
   (2010年2月24日:Nicole BMW)

4D Serial Commander

 Tiny VGA Graphics Controllerを、シリアルポートからコントロールするためのツール、「4D Serial Commander」です。

〔関連情報〕
   ・4D Serial Commander

 南半球から、赤道を越えて、

Tiny VGA Graphics Controller

 はるばるオーストラリアから、航空郵便が届きました。0xF8E6

Tiny VGA Graphics Controller

 RGB出力をするための3点セットです。

Tiny VGA Graphics Controller

 画像で見ると大きく見えますが、笑っちゃうぐらい小さいです。ほんとにTinyです。

 こんなんで、ちゃんと動くんでしょうか。0xF9C7

Tiny VGA Graphics Controller

 とりあえず、デモプログラムは動きました。

 なお、表示解像度はVGA(640×480)ですが、VRAMサイズ(512kbyte)の関係で、有効描画サイズは620×420となります。(なので、画面が若干左上に寄ってます)

#表示開始位置をいじれればいいのですが、ファームウェアを変えないとダメそう。