SOARISTO工房 Logo
Car Archive

 前回の続きです。

Performance Steering Wheel

Performance Steering Wheel

Performance Steering Wheel

Performance Steering Wheel

Performance Steering Wheel

Performance Steering Wheel

Performance Steering Wheel

Performance Steering Wheel

Performance Steering Wheel

Performance Steering Wheel

Performance Steering Wheel

2009/04/04

 前回の続きです。

HID Fog Lamp

 加工前と加工後との比較です。

HID Fog Lamp

 元の状態です。

HID Fog Lamp

 現在の状態です。

 HIDバラストの出力切換スイッチと、フロントフォグランプのスイッチとが、新設されました。

2009/04/01

 久しぶりのこのシリーズ。今年も出ました。0xF9F8

BMW Magnetic Tow Technology
(画像は、BMW UKさんから拝借)

 ミリ波レーダーによる自動追従システムかと思ったのですが、ぜんぜん違いました。

 BMWならでは価値観により、これまでとは全く異なる、革新的で創造的な省エネルギーシステムが開発されました。

 その名も、「Magnetic Tow Technology」(磁気牽引技術)。

BMW Magnetic Tow Technology

BMW's award-winning EfficientDynamics programme has been taken to the next level with the announcement of an innovative fuel and emissions saving system called Magnetic Tow Technology (MTT). In a bid to retain its World Green Car of the Year crown, BMW will launch MTT across its range today.

The unique system, developed in conjunction with NASA, works via a discreet unit located in the front valance that projects an enhanced magnetic beam 20 metres in front of the BMW. Once a suitable target car is located and the BMW is magnetically locked on behind it, the driver is then able to take his foot off the accelerator, turn off the engine and let the car in front do all the work. The towing car will not notice any change in manoeuvrability.

The BMW driver can unhook from the towing car at any time by depressing the clutch pedal to start the vehicle. This is the same method used to operate the existing Start Stop system. Drivers of automatic transmission BMWs need only move the lever into the ‘D’ position to continue on their way. Early research indicates that MTT could save as much as 30 per cent in fuel consumption and CO2 emissions. Gurus from BMW's in-house driving etiquette guide suggest flashing the car in front and giving a friendly hand gesture to thank them for the free ride.

BMW's Head of Innovation, Dr Noitt All, a specialist in Kinetic Ride And Propulsion, said: “BMW has always been a leader in the application of the very latest automotive technology. Up until now the EfficientDynamics programme has looked at ways of improving the performance of our own products, but we thought why burn your own fuel when you can burn someone else's?”

The 56-year-old boffin promised more to come from his innovation workshop but in the meantime recommended people email his colleague uve.vollenvorit@bmw.co.uk to be kept abreast of further developments.

 このユニークな省エネルギーシステムは、NASAとの共同開発によって誕生し、フロント部に設置した強力な電磁石からの磁力により、前車に引っ張ってもらい、低燃費を実現しようというものです。

 牽引されている間は、アクセルから足を離し、エンジンを切ることができます。また前車は、その操縦性に変化が起きないため、後車を引っ張っていることにまったく気付かないそうです。

 このシステムにより、燃料消費量とCO2排出量が、30%も削減できるとのこと。

 またBMW社内のドライビングガイドに依ると、“タダ乗り”させてもらう時には、前車にニコやかに手を差し出して道を譲り、後ろにサッと付けさせてもらうのがエチケットだとか。

 これさえあれば、前車のスリップストリームに付くのが、楽しくなりますね。0xF9CF

 さすがはBMW。単なる省エネルギーだけでなく、エコとエゴを両立しています。

 開発したのは、BMW技術陣最高の頭脳、Noitt All博士だとか。気になる方は、BMW UKに、直接問い合わせてみてください。

 ちなみに、本日は、4月1日です。

11 Related Entries
 Previous

What happens?
2009/03/29

 またも、だいぶ間が空いてしまいましたが、前回の続きです。

HID Fog Lamp

 HIDバラストの出力を変更する、「切換スイッチ」です。LEDの透過照明になっています。

 この切換スイッチをコンソール周辺にそのまま付けると、「いかにも後から付けました」という“後付け感”バリバリなので、頭と手を使って、少し工夫してみることにします。

HID Fog Lamp

 M3 Coupeのオリジナルの状態では、純正のスイッチユニット(正式名称:「ライトコントロールエレメント」)の青○の位置は、スイッチカバーで塞がれています。
(M3 Coupeでは、メーター等のイルミネーションの照度調節は、iDriveから電子的に行うため、3 Series用にはあったボリュームが、省略されています)

 このスイッチカバーの部分に、切換スイッチを埋め込むことにします。

HID Fog Lamp

 切換スイッチの中身です。3つの状態があり、45W出力の時、赤く点灯、25W出力の時、黄色く点灯します。
(中立状態(35W出力)の時は、LEDは消灯)

 切換スイッチから延びているケーブルは、太くて扱いにくいため、単芯のコードに付け替えておきます。
(いつも使っているコードは、自動車用の、耐熱性のあるものを使っています)

HID Fog Lamp

 純正スイッチユニットのスイッチカバーをフライス盤に固定し、エンドミルで切削します。

 手作業(ヤスリ等による手加工)では、完璧な直線を出したり、四隅に均等にアールを出したりするのは困難です。このフライスマシンは、非常に重宝します。

HID Fog Lamp

 加工の終わったスイッチカバーです(画像左側)。

 純正スイッチユニットも、切換スイッチの中身の基板が載るよう、フレームを切削加工してから、基板を固定します(画像右側)。

HID Fog Lamp

 スイッチカバーを取り付けた状態です。

 M4のエンドミルを使ったので、四隅にはR2が付いています。

HID Fog Lamp

 シーソー部分を取り付け、純正スイッチユニットを、元に戻した状態です。

 シーソー部分とスイッチカバーとの間隔は、0.3mm程度です。

 いや~、我ながら、コワいくらい上手くできました。まるで、最初から組み込まれていたかのような、カンペキな完成度です。(と、自画自賛)0xF9F8

Performance Steering Wheel Retrofit

 ご存知、「BMW Performance Steering Wheel」です。

#右ハンドル車への装着時をイメージしやすいよう、画像を左右反転しています。

Performance Steering Wheel Retrofit
(動画は、本国BMW AGさんから拝借)

 動作イメージは、こんな感じ。

 エンジン回転数がシフトアップポイントに近づくと、LEDがピロピロピロっと点いて、シフトアップを促します。

Performance Steering Wheel Retrofit

 標準取付時間は、約1.5時間だそうです。

#いや~、わたくしのようなド素人には、半日以上掛かりそうです。0xF9C7

Performance Steering Wheel Retrofit

 構成部品は、ステアリングホイール本体、コイルスプリングカートリッジ、コントロールモジュール、ワイヤーハーネス、その他配線用小物類で、意外とあっさりしています。

Performance Steering Wheel Retrofit

 これだけ大掛かりなアフターパーツにもかかわらず、取付マニュアルは、わずか11ページしかありません。
(「あとはTIS見て勉強しろっ!!」、ということらしいです)

 ワイヤーハーネスは、純正のコネクタに差さっているピンを引っこ抜いて、新たに差し替えたりするので、それなりに高度な技術が必要となるかと。
(慣れれば簡単ですが)

Performance Steering Wheel Retrofit

 OBD2ポートからも、電源とグランドを拾います。

Performance Steering Wheel Retrofit

 初回のセッティング方法が書かれています。

 ディーラーでしかできないのかと思っていたのですが、大きな間違いでした。

Performance Steering Wheel Retrofit

 結線図(配線図)です。まぁ、カラーコード見ながらチェックすれば、間違いはないでしょう。

#ドイツ語で「黒」って、なんていうかご存知ですか?

 ふむふむ。なんとなく、できるような気がしてきた。0xF9F8

#まぁ、M5 Paddle Shiftの時は、まったくの未開の荒野で、WDS見ながら四苦八苦した訳で、それに比べれば遙かに楽チンかと。

 Retrofit Kit一式の、ドイツ本国での標準価格は、789.92ユーロなので、101,900円ぐらいです。

 ちなみに、某「ファッション系チューニングショップ」で、「価格はお問い合わせください」とあったので、ためしに問い合わせてみたところ、280,000円(取付工賃込み、納期3週間)とのことでした。

#いや~、さすがです。お見逸れいたしました~。0xF9D1